海外FXを出金方法で比較

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 Rating 3.33

海外FXを出金方法で比較

海外FXでは、入金方法はよりも、出金方法の方が気になるところ。出金方法が少ないと銀行送金で1週間ほど時間がかかったり、銀行送金の場合は海外送金手数料も必要になってしまうからです。

海外FXを出金方法で比較

海外FX業者銀行送金クレジットカードLiberty ReserveMoneyBookersNetellerWebMoneyMoneyGramWESTERN UNIONドットコイン
XM(XEMarkets)--
IFCMarkets------
IronFX-------
FXDD-------
FxPro------
InfinitySpace--------
LAND-FX------
FxNet-------
AXIORY-------
TitanFX-------
Traderstrust------
TRADEVIEW------
MiltonMarkets-------
FBS-----
FXGLOBE--------
iFOREX-------
GEMFOREX--------

 

出金方法反映までの時間出金手数料その他手数料制限
銀行送金(海外送金)2~5営業日なし※一部業者あり為替手数料、受け取り銀行手数料なし
クレジットカード出金即反映なし※一部業者ありなし入金額までの返金対応、出金できる期限あり
オンライン決済サービス即反映なし※一部業者あり為替手数料、オンライン決済サービス利用手数用なし

海外FXでおすすめの出金方法はネッテラーなどの国際決済サービス

海外FXを利用するときに出金方法を比較するのであれば、銀行送金やクレジットカードによる出金で比較しても意味がありません。

というのも、銀行送金による出金はほとんどの海外FX業者でできますし、クレジットカードによる出金というのはクレジットカードで入金したもののキャンセル処理でしかないため、クレジットカードによる入金額までしか出金できないからです。

結果的に海外FXの出金で選ぶべきなのは国際決済サービスなのです。

国際決済サービスとは

国際決済サービスというのは、世界的に利用できるオンラインのバーチャル銀行口座と言えます。

ネットバンキングができる世界版の銀行口座です。

通常、海外送金で出金する場合には、1回の出金で3,000円~5,000円ほどのコストがかかってしまいますが、

国際決済サービスの場合、海外FX業者間の資金移動は無料のものが多いのです。ただし、国際決済サービスの口座から日本の銀行口座等に送金する場合には、1,000円程度のコストがかかります。しかし、これを含めて考えても、海外送金よりは格安で出金できるのです。

当サイトおすすめの国際決済サービス「ネッテラー」の場合

  • ネッテラー → 海外FX業者 : 無料
  • 海外FX業者 → ネッテラー : 無料
  • ネッテラー → 日本の銀行口座への出金 : 11ユーロ
  • ネッテラー → ネッテラーのデビットカードを使ってセブン銀行のコンビニATMから出金 : 4ユーロ

です。断然海外送金よりもコストが安くなりますし、ネッテラーの口座を資金の管理口座として、複数の海外FX業者を使い分けて、資金のマネージメントをしている間は無料で資金移動ができるのです。必要な時だけ、まとまった額を日本にネッテラーから送金すればいいだけなのです。

ネッテラー口座開設はこちら

海外FX業者で出金する際には、ネッテラーなどの国際決済サービスを使うことをおすすめします。海外FX業者がどの国際決済サービスを使えるのかは事前に確認しておきましょう。

この記事が役に立ったと思う方は「いいね」をしていただけると嬉しいです

当サイト利用者実績数

当サイト利用者実績数
24万7011人

※2017年6月時点 自社調べ。

海外FXコンテストプラットフォーム

トップ 海外FX比較 海外FXを出金方法で比較