海外バイナリーオプションの払い戻し率(ペイアウト倍率)

海外バイナリーオプションの払い戻し率(ペイアウト倍率)

バイナリーオプション、とくに海外バイナリーオプションのメリットはどこにあるのでしょうか?バイナリーオプションのメリットについて解説します。

バイナリーオプションは払い戻しの割合(ペイアウト倍率)が高い

ペイアウト倍率というのは、投資した金額に対して、戻ってくる金額の割合のことを意味します。

宝くじであれば、みんなが買ったお金の50%が賞金に充てられる仕組みになっています。残りの50%は?というと文部科学省の収益であり、宝くじ売り場の賃料やCMなどの広告宣伝費に利用されるのです。

この場合、ペイアウト倍率は50%ということになります。仮に一人の大富豪がサマージャンボを一人で買い占めたとしても、戻ってくるのはその半分だけなのです。

これでは効率のいい投資とは到底言えません。

競馬の場合も、馬券の総額に対して、75%が払い戻しに充てられます。75%になるようにオッズが決まってくるのです。残りの25%は競馬場の運営費用や農林水産省の収益になるのです。

宝くじと比較すると75%は高い払い戻し率なので、平均よりも当てることができれば儲けることも可能になるでしょう。

このペイアウト倍率が海外バイナリーオプションの場合は、90%前後に設定されているのです。

これは海外バイナリーオプション業者によって設定はことなりますが、おおむね90%ほどのペイアウト倍率に設定されているのです。

つまり、1万円をかけて、上がるか?下がるか?を決めて、良そう通りになった場合には1万9000円が払い戻されるという計算です。

なぜ、宝くじや競馬よりもペイアウト倍率が高く設定されているの?

運営コストが大きくかからないからです。

海外バイナリーオプションの場合は、世界中の投資家に対してインターネットを中心としてサービス提供をしています。

そのため、海外バイナリーオプション業者の人員も少数精鋭で運営することができ、コストがあまりかからないというメリットがあるのです。

宝くじの場合
  • CMの広告宣伝費
  • 宝くじの印刷費
  • 全国の宝くじ売り場の賃料
  • 宝くじ売り場で働く人の人件費
  • 宝くじの輸送費
  • ・・・
競馬の場合
  • CMの広告宣伝費
  • 競馬場の建設コスト、運営コスト
  • レースに対する賞金
  • 競馬場に関連するスタッフの人件費
  • インターネットを利用した馬券購入システム
  • ・・・

と何十億、何百億という運営費がかかってしまいます。結果として当選金や払戻金の中の半分ほどが運営コストに回されてしまい、お金を出した人にたいして戻ってくるお金が少なくなってしまうのです。

国内バイナリーオプションはペイアウト倍率という概念がなくなった

日本ではバイナリーオプション規制というものが導入され、ペイアウト倍率という概念自体がなくなってしまいました。

FXと同様に購入するレートによって、判定タイミングまでに動いた分儲かるというような変動性になってしまったのです。

以前は2倍というような完全に払い戻しがされる国内バイナリーオプションも存在していたのですが、射幸性をあおるということが問題になりなくなってしまったのです。2013年のバイナリーオプション規制でこれが完全になくなり、利用者にとっても国内バイナリーオプション業者にとってもメリットがなくなってしまったため、多くの国内FX業者はバイナリーオプションから撤退したのです。

1.9倍と言うような高い払い戻し倍率で依然と変わらずシンプルな取引ができるのは海外バイナリーオプションの最大のメリットと言っていいでしょう。

バイナリーオプション海外業者比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です