海外CFD口座のスプレッドでおすすめの海外FX業者は?CFD商品のスプレッド比較

海外FXではCFD取引ができることも大きなメリット。CFDはFXに比べるとスプレッドが広くなるのが一般的です。できるだけ狭いスプレッドで取引したいですよね。

CFDのスプレッドは利用する海外FX業者や口座の種類によって大きく異なります。また、どのCFD商品を取引したいのかによっても選ぶ海外FX業者が変わってきます。スプレッドが狭い海外FX業者、海外FX口座はどこがおすすめなのでしょうか。

teacher
今回はスプレッドが狭い海外CFD口座、海外FX業者をご紹介いたします。海外FXのCFD取引の特徴やCFD商品ごとに異なるスプレッド比較なども合わせてご紹介していきます。ぜひ、それぞれにとって有利なCFD取引ができる海外FX業者を選ぶ参考にして下さい。

海外FXのCFD取引とは?

海外FXのCFD取引とは?

ほとんどの海外FXでは、FXだけでなくCFD商品も取り扱っています。国内FXでは、ごく限られたFX業者でしかCFD取引ができないことに加えて、取り扱う商品数も少ないのが特徴です。

海外FXならCFD商品の数も多いため、CFD取引の幅が拡がります。海外FXを始めてみてから、CFD商品に興味を持つ投資家も多いのではないでしょうか。

teacher
CFDに馴染みがない方もいると思いますので、最初に海外FXのCFD取引の特徴口座の開設方法などご紹介しておきたいと思います。

CFDとは

CFDとは

Contract For Difference を略したもので、「差金決済取引」とも呼ばれている金融商品のことです。差金決済取引とは売買差益によって、利益を狙う投資方法のことでFXもCFD取引に含まれています。

売買差益を狙う取引といえば、ほとんどの金融商品がこれに該当しますが、CFDの大きな特徴は、対象となる商品がデリバティブ商品・商品先物、世界の株価指数など、現物で取引する商品とは異なることです。

さらに、預け入れた入金額を担保にレバッレジがかけれることがCFDの大きな特徴です。

CFD商品の銘柄名やLot数は海外FX業者によって異なります。いずれの場合でもリアル市場におけるデリバティブ商品の価格が反映される仕組みになっています。スポットと期限付きのFutureとありますので注意しましょう。

CFD商品の種類

海外FXでも取り扱うCFD商品の数は業者によって差があります。まず、最も取り扱いが多い代表的なCFD商品を見ておきましょう。

貴金属(その他金属)

おそらく最も取り扱いが多いと思われるのが金です。次にシルバー、そしてプラチナやパラジウムなどを扱う業者もあります。

  • シルバー
  • プラチナ
  • パラジウム
商品数が多い海外FX業者だと、銅やアルミなどニッチな金属の取引も可能です。

エネルギー

原油やガスなどのエネルギー商品を扱う海外FX業者も結構多いです。

  • WTI(アメリカ原油、USオイル)
  • ブレント(イギリス原油、UKオイル)
  • 原油インデックス
  • LNG(天然ガス)
ごく稀にですが、CO₂排出権(CO₂ Emission)が取引できることもあります。

コモデティ商品

代表的なコモデティ商品はコーヒー、ココア、砂糖などです。

  • コーヒー
  • ココア
  • 砂糖
  • 小麦
  • 大豆
他にもコットンやコーンなどを扱う海外FX業者もあります。

株価指数・外国株

主要株価指数や特定の米国株なども取引きできます。

  • NYダウ株価指数
  • S&P株価指数
  • ナスダック株価指数
  • FTSE株価指数
  • 日経225株価指数
  • 米国株銘柄
  • 中国株銘柄
  • 欧州株銘柄
米国株では、Microsoft、Apple、Alphabet、Facebook、Amazon、Tesla、Bank of America、VISAなどがあります。

仮想通貨

仮想通貨ではビットコイン、イーサリアムを扱う海外FX業者が多いです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • リップル
一部の海外FX業者では、ネオ、イオスなどちょっとマイナーな仮想通貨も取引できます。

CFD口座の開設方法

海外FXのCFD取引は基本的にFX口座を開設することで取引ができるようになります。まずは、利用したい海外FX業者の口座を開設します。

CFD口座の開設手順は以下の流れで行います。

  1. 取引したいCFD商品を扱う海外FX業者を調べる
  2. 利用したい口座で取引できるCFD商品をチェックする
  3. FX口座を開設する
  4. 取引ツールにCFD銘柄の登録をする
  5. CFD取引スタート!
口座の種類によって、取引できるCFD商品が制限されることもあります。事前に、取引可能なCFDをチェックしておくようにしましょう。マイナススワップが大きい銘柄もありますので、ポジションを持ち越す時には注意しましょう。

海外CFDのスプレッド

海外CFDのスプレッド

国内FXに比べると、海外FXでは豊富なCFD商品が取引できます。海外FXを契機にCFD取引を始める投資家も少なくありません。この機会にCFD取引へと投資の幅を拡げてみるのもいいですよね。

そこで気になるのがスプレッドです。国内でもCFDのスプレッドは広めの設定になる場合が多いです。もともとFXでもスプレッドが広くなりがちな海外FXです。CFDのスプレッドは海外FXではどれくらいが平均的なのでしょうか。

CFDのスプレッドは

  • 利用する海外FX業者
  • 海外FX口座の種類
  • CFD商品の種類

上記3つの要素から、大きな差が出てきます。

CFD商品ごとにスプレッドを比較

teacher
では、代表的なCFD商品10種類のスプレッドがどうなっているのか、STP口座とECN口座で概ねの平均値を出していきます。

実際には、海外FX業者や口座の種類によって格差があります。概ねのところでも平均値がわかれば、気になる海外FX業者のスプレッドが広めなのか狭めなのか判断するのに役に立ちます。

CFD商品別のスプレッド比較
CFD商品海外FX スプレッド平均国内FX スプレッド平均
2.0~4.0pips0.3~1.0pips
シルバー2.5~3.5pips0.05~0.20pips
USオイル0.03~0.06pips0.03~0.10pips
UKオイル0.06~0.10pips0.06~0.10pips
天然ガス0.1~0.3pips0.06~0.15pips
コーヒー0.7~1.7pips5.0~10.0pips
ココア1.0~2.0pips10.0~20.0pips
NYダウ株価指数0.2~0.4pips2.0~6.0pips
S&P株価指数0.5~0.7pips3.0~7.0pips
日経225株価指数0.7~1.0pips2.0~5.0pips
ビットコイン20~35pips200円~500円
イーサリアム200~300pips20円~140円

海外CFDのスプレッドの特徴は、国内でも取り扱いが多い銘柄や取引量が多い銘柄は国内スプレッドとはあまり変わらないことです。

ただし、海外FX口座でも手数料無料のSTP口座はスプレッドが広くなります。スプレッドを重視するならば手数料有料のECN口座を使った方が効率よく稼げるでしょう。

コーヒーやココアなど、国内では取り扱いが少ない銘柄は、海外FXの方が圧倒的にスプレッドは狭くなります。

海外FXの場合は基本的に変動スプレッドです。時期や時間帯によってはかなりスプレッドが拡がることもあるので注意しましょう。

CFDは手数料が無料のものも多いですが、株価紙数や株式など手数料がかかる銘柄もあり、銘柄ごとに最大レバレッジも異なりますので確認するようにして下さい。

CFDスプレッドでおすすめの海外FX業者

CFDスプレッドでおすすめの海外FX業者
teacher
それでは、スプレッドおすすめの海外FX業者・口座をご紹介します!スプレッドが狭い海外FX口座でも、CFD銘柄によって最適な口座が変わってきます。

どんな銘柄を取引したいのかある程度決めておけば、自分に合った海外FX口座が選びやすいと思います。

Titan FX

Titan FX

CFDの種類:エネルギー、貴金属、株価指数

CFD銘柄数:20種類

TitanFXのおすすめポイント

TitanFXはスプレッドの狭さで圧倒的な人気を誇る海外FX業者です。設立は2014年と実績はまだ浅い海外FX業者にはなるのですが、本社はニュージーランド、東京にもサーバーを構え、高度なトレード環境を提供していることが魅力になっています。

STP口座でもスプレッドは業界トップクラスです。とくにECN口座の最小スプレッドは0.0pips、かつミリ秒単位の高速約定スピードにてコストを最小限に抑えることが可能です。CFDの銘柄数は少なめですが、銘柄を絞った取引であれば全く問題ないでしょう。

TitanFX CFDスプレッド

CFD商品Zeroスタンダード口座Zeroブレード口座
2.23pips2.11pips
シルバー2.13pips2.01pips
USオイル0.69pips0.57pips
UKオイル0.71pips0.59pips
天然ガス
コーヒー
ココア
NYダウ株価指数0.30pips0.20pips
S&P株価指数0.16pips0.04pips
日経225株価指数0.82pips0.70pips
ビットコイン
イーサリアム

ECN口座、Zeroブレード口座は片道3.5ドル/1Lotで格安手数料となるのが魅力です。CFD商品数が少ないので取引したい銘柄があるか確認しておきましょう。

ちなみに東京のサーバーが使えるのはECN口座のみで手数料を考慮したとしてもトータルのコストはSTPよりは安くできます。

AXIORY

AXIORY

CFDの種類:貴金属、エネルギー、株価指数

CFD銘柄数:19種類

AXIORYのおすすめポイント

CFDスプレッドで選ぶならAXIORYも見逃せない海外FX業者です。AXIORYは運営実績も10年以上と長く、信託保全を採用する数少ない海外FXの1つです。安全性の高さとスプレッドの狭さに定評があります。

CFD銘柄数は少ないものの、パラジウムやプラチナ、天然ガス、DAXにハンセン指数など要所を抑えてある点が魅力です。取引できる数にはこだわらないながらも、ちょっとマイナーな銘柄にも興味がある投資家におすすめです。

AXIORY CFDスプレッド

CFD商品Zeroスタンダード口座Zeroブレード口座
3.3pips1.2pips
シルバー3.0pips1.1pips
USオイル0.4pips0.4pips
UKオイル0.4pips0.4pips
天然ガス1.0pips1.0pips
コーヒー
ココア
NYダウ株価指数3.0pips2.0pips
S&P株価指数0.8pips0.7pips
日経225株価指数15.0pips13.0pips
ビットコイン
イーサリアム
AXIORYのスプレッドは株価指数はやや広めになるのが特徴です。エネルギー系CFDならSTPでもECNでもスプレッドがほとんど変わらないことが魅力です。エネルギー銘柄のみに興味がある投資家はSTPでも十分に低コストの取引が可能です。

HotForex

HotForex

CFDの種類:貴金属、エネルギー、コモデティ、株価指数、株式、仮想通貨、債券

CFD銘柄数:120種類

HotForexのおすすめポイント

HotForexは取り扱い商品の多さやバラエティに富んだ口座・サービスで人気を集めています。日本向けのFXサービスは法人登録のみとなりますが、会社の規模も大きく運営実績も長いため信頼できる海外FXです。

FX自体のスプレッドは広めで、スキャルピングやデイトレードにはあまりおすすめではないのですが、CFDのスプレッドは銘柄によっては他社よりもかなり狭い設定になっています。約定力にやや問題があるため、スリッページを多少考慮して時間に余裕を持った取引がおすすめです。

HotForex CFDスプレッド

CFD商品スプレッド平均
0.20pips
シルバー0.03pips
USオイル0.09pips
UKオイル0.06pips
天然ガス0.09pips
コーヒー0.98pips
ココア9.0pips
NYダウ株価指数3.4pips
S&P株価指数0.41pips
日経225株価指数9.3pips
ビットコイン26pips
イーサリアム3.7pips

貴金属やエネルギー系のCFDスプレッドが狭めなのがHotForexの特徴です。株価紙数や仮想通貨は平均的なスプレッドでも、取り扱う銘柄数が非常に多いことが魅力となっています。

幅広く取引していきたい投資家におすすめです。

XM Trading

XM Trading

CFDの種類:貴金属、エネルギー、コモデティ、株価指数

CFD銘柄数:47種類

XMのおすすめポイント

XMは国内では最も知名度が高いFX会社で、サイトやサービスもシンプルでわかりやすく初心者でも安心して使えることが大きなメリットです。取り扱うCFDの数も比較的多めで、コモデティや株価指数の種類も揃っているのが魅力です。

スプレッドは銘柄によってかなりばらつきがあるのが特徴で、STP口座はスプレッドが拡がりやすい傾向にあり約定力も若干気になる点がデメリットです。ECN口座の方が狭いスプレッドで安定して稼げるでしょう。

XM CFDスプレッド

CFD商品最低スプレッド
0.20pips
シルバー0.03pips
USオイル0.04pips
UKオイル0.05pips
天然ガス0.04pips
コーヒー0.008pips
ココア15.0pips
NYダウ株価指数5.0pips
S&P株価指数1.2pips
日経225株価指数24.0pips
ビットコイン
イーサリアム
XMの公式サイトにて公開されているスプレッドは最低スプレッドになります。実際の取引ではこの数値よりもやや広めになると思っておいた方がよいです。ココアなどコモデティの一部や日経株価指数はかなり広めです。銘柄によるといえるでしょう。

Tradeview

Tradeview

CFDの種類:貴金属、エネルギー、コモデティ、株価指数、株式

CFD銘柄数:58種類(株式以外)

Tradeviewのおすすめポイント

Tradeviewは通貨ペアやCFDの銘柄数が多いだけでなく、世界24か国の株式市場にもアクセス可能なことが大きな魅力になっています。10年以上の運営実績をもち、信託保全も採用。信頼性が高い海外FX会社です。

Tradeviewはスプレッドの狭さでは1、2位を争うレベルです。一部の投資家から定評がある海外FXですが、日本での知名度はそう高くないのが特徴です。日本語サービスが不十分なことや、口座の種類、サービスの仕組みが若干複雑であるため中級者以上におすすめできる海外FXだといえます。

Tradeview CFDスプレッド

CFD商品スプレッド
0.16pips
シルバー0.13pips
USオイル0.30pips
UKオイル0.30pips
天然ガス0.07pips
コーヒー
ココア
NYダウ株価指数2.80pips
S&P株価指数1.00pips
日経225株価指数2.08pips
ビットコイン0.35pips
イーサリアム0.22pips

TradeviewのCFDはコーヒーやココアなど商品系のコモデティの取り扱いがありません。全体的にスプレッドは狭い設定になっていて、とくに仮想通貨は取り扱う種類も多く最狭スプレッドで取引できることが魅力です。

TradeviewのECN口座は手数料が片道2.5ドルと格安ですが、最低入金額が10万円以上とハードルが高め。最初は1万円から取引できるSTP口座で試してみるのがおすすめです。

teacher
以下の記事では海外FXのECN口座について解説しています。スプレッドを重視したい投資家の方はぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ

まとめ

今回は海外FXのCFDの特徴やスプレッドの平均、狭いスプレッドでおすすめの海外FX業者をご紹介いたしました。

海外FX業者によって、狭めになるCFD商品に違いがあります。商品数や銘柄にこだわらない方はTaitanFXやAXIORYがおすすめです。幅広い商品を狭めのスプレッドで取引したい方はHotForex。

ある程度の商品数にこだわるけれども、初心者でも安心して使える口座を利用したい方はXMが最適です。そして、株式も含めた幅広い商品をまとまった資金で取引していきたい方はTradeviewがよいでしょう。

teacher
ボーナスの有り無しや、通貨ペア数、通貨ペアのスプレッドなど、その他のサービス内容が決め手となる場合もあります。重視したい項目や取引したいCFDなど最初に明確にしておくと探しやすいと思います。ぜひ今回の記事を参考に、自分に合った海外FX業者にてCFDで稼いでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します! これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。 職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。