cTraderのMT4にないメリット

cTraderのMT4にないメリット

cTraderは、海外FXで採用されるECN専用のトレードプラットフォームです。ロンドンに拠点を置くSpotware Systems社が開発しています。

MT4でも、ECN取引は可能ですが、cTraderにはMT4にはない様々なメリットがあるのです。ここではcTraderのMT4にないメリットについてFxProのプラットフォームを例にして解説していきます。

cTrader1

1.約定拒否がない

ECN取引は、電子取引所取引を採用しています。つまり、日本での株式投資のトレードと同じ方式なのです。

買い手と売り手が希望の買取価格・売却価格を提示して、それが折り合ったところで売買が成立するオークション形式のトレード方法なのです。

取引にはFX業者が介在しないので、約定拒否という概念そのものがないのです。指標発表時であっても、約定拒否がないのです。

2.約定スピードが早い

cTraderは基本的にクラウドサービスの一種です。インターネットにログインして利用することができるトレードプラットフォームなのです。

約定のスピードというのは、サーバーとLP(リクイディティプロバイダー)のサーバーの情報速度・地理的速度によって決まってくるのですが、ECN環境ではサーバーがマーケット参加者と同じ場所に置かれているため、よりスピーディーな決済が可能になるのです。

とくに差が出るのは指標発表時などの取引が集中するタイミングです。指標時でも十分な流動性で最良価格での約定ができるのです。

3.板情報が見れる。大口注文も約定が可能

電子取引所取引(オークション形式)なので、誰がどのくらいの買い注文・売り注文をしているのかがリアルタイムで表示されます。

MT4の場合は仕様上、板情報(Depth of Market)が表示されません。MT5では板情報(Depth of Market)も利用できます。

板情報があるメリットというのは、トレードの一助になることもあるのですが、実際には高速の取引すぎて目で追えるものでもありません。

それよりも大きいのは、大口注文をするときなのです。VWAP価格(出来高加重平均価格)が発注前からリアルタイムで確認できるのです。

MT4であれば、いくらの注文をしたらどのくらいの価格で約定するのか?がわかりません。成行注文で売り手の注文数以上の買い注文をした場合には、約定拒否になるケースも増えてくるのです。

cTraderの場合は、下記のように25万通貨と2500万通貨の買い注文では約0.7pips約定価格が違うということが一目でわかるのです。大口注文時のスプレッドコストが見えていることが大口取引をする場合には重要なのです。

cTrader2 1

4.複数注文の同時処理

MT4の場合は、同時に複数の注文をした場合には、一つの注文が処理されてから次の注文を処理することになります。これをシングルタスクと呼ぶのですが同時の複数注文の数が増えれば増えるほど、すべてが決済されるまでの時間が長くなってしまうのです。

cTraderでは、同時に複数の注文を処理するマルチタスクが採用されています。複数注文の数が増えても処理のスピードは変わらず同時並行で注文が処理されるのです。

5.インターバンクのレートがそのまま表示される

cTraderでは、インターバンクのスプレッドがそのまま表示されます。インターバンクというのは金融機関や証券会社等の限定された市場参加者が取引を行う市場のことで、為替レートの大元の基準となる市場と言えます。インターンバンクのスプレッドはトレーダーとしては発生が不可避のスプレッドと言えます。

MT4でのSTP取引の場合は、取引手数料が無料である分、このインターンバンク市場のスプレッドにFX業者の利益分のスプレッドが加算されて表示されているので、どのくらいのスプレッドが上乗せ(マークアップ)されているか?わからないのです。これが不透明と言われるゆえんなのです。

cTraderのECN取引では、FX業者の利益は取引手数料として外付けで支払うことになります。そのため、スプレッドはインターンバンクのスプレッドのままなのです。非常に透明性の高いトレードができるのです。

まとめ

cTraderはECN取引専用に作られたトレードプラットフォームであるため、同じECN取引でもMT4と比較すると

  • 指標発表時の約定力
  • 大口注文の執行力
  • 透明性

で優位になると言えるのです。

cTraderは

  • スキャルピングやデイトレードなどで指標発表時などのスリッページが起こりやすい時にトレードをする方
  • 大口取引をする投資家

の方におすすめのトレードプラットフォームなのです。

cTraderが使えるおすすめの海外FX業者は「FxPro」です。試してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です