海外FXを最低取引量で比較

海外FXを最低取引量で比較

海外FXを選ぶ際には「最低取引量」というものも重要になってきます。円口座の場合100,000通貨単位でしか取引できなければ、相応の軍資金がないとすぐに強制ロスカットにあってしまうことになります。ここでは、最低取引量で比較します。

海外FX比較 「最低取引量」

海外FX業者取引通貨単位
XM(XEMarkets){snippet xemarkets_lot}
IFCMarkets{snippet IFCMarkets_lot}
FXDD{snippet FXDD_lot}
FxPro{snippet FxPro_lot}
InfinitySpace{snippet InfinitySpace_lot}
LAND-FX{snippet land-fx_lot}
FxNet{snippet fxnet_lot}
AXIORY{snippet axiory_lot}
TitanFX{snippet titan_lot}
Traderstrust{snippet Traderstrust_lot}
TRADEVIEW{snippet TRADEVIEW_lot}
MiltonMarkets{snippet MiltonMarkets_lot}
FBS{snippet FBS_lot}
IronFX{snippet IronFX_lot}
FXGLOBE{snippet FXGLOBE_lot}
iFOREX{snippet iFOREX_lot}
GEMFOREX{snippet GEMFOREX_lot}

海外FXの最低取引量の見方

例えば、米ドル/円の場合

1,000通貨がミニマムロットの場合 1000ドルが最低取引単位です。

1ドル100円とした場合 10万円分の取引が最低取引単位ということです。

レバレッジが100倍としたら、軍資金=証拠金が1000円あれば取引が可能ということです。

スプレッドを無視して、
100円でロング(buy)でエントリーして
100円50銭で決済注文した場合は
50pips(50銭)の利益がでるため

1000ドル × 0.005 = 5ドル(約500円)の勝ちです。

1000通貨がミニマムロットというのは1000円~1万円の軍資金で1トレードで数百円の勝ちや負けを楽しむレベルと言えるでしょう。

1万通貨であれば、1万円~10万円程度の軍資金で1トレードで数千円の勝ちや負けを楽しむレベルと言えるでしょう。

10万通貨であれば、10万円~100万円程度の軍資金で1トレードで数万円の勝ちや負けを楽しむレベルと言えるでしょう。

このように軍資金とトレードあたりの予算によって、どのくらいの最低取引数量の海外FX業者を選ぶべきかが決まってくるのです。

国内FX業者と海外FX業者の「ロット」の単位が違うことに注意

  • 日本では「1万通貨取引=1枚」
  • 海外では「10万通貨取引=1ロット」

という単位になっています。国内FX業者の場合、1枚(10000通貨)がそのまま最低取引量になるケースが多いのですが、海外FX業者の場合はMt4を使っているので0.01ロット(1000通貨)が最低取引量になるケースが多いです。海外FX業者の方が取引のハードルは低いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です