海外FXを信託保全で比較

海外FXを信託保全で比較

海外FX業者は、日本のFX業者と違って法律で信託保全が義務付けられているわけではありません。そのため、高額の証拠金を利用してトレードをする方にとっては、信託保全の状況も重要な比較検討材料になるのです。

海外FX業者を信託保全で比較

海外FX業者信託保全
XM(XEMarkets){snippet xemarkets_shintaku}
IFCMarkets{snippet IFCMarkets_shintaku}
FXDD{snippet FXDD_shintaku}
FxPro{snippet FxPro_shintaku}
InfinitySpace{snippet InfinitySpace_shintaku}
LAND-FX{snippet land-fx_shintaku}
FxNet{snippet fxnet_shintaku}
AXIORY{snippet axiory_shintaku}
TitanFX{snippet titan_shintaku}
Traderstrust{snippet Traderstrust_shintaku}
TRADEVIEW{snippet TRADEVIEW_shintaku}
MiltonMarkets{snippet MiltonMarkets_shintaku}
FBS{snippet FBS_shintaku}
IronFX{snippet IronFX_shintaku}
FXGLOBE{snippet FXGLOBE_shintaku}
iFOREX{snippet iFOREX_shintaku}
GEMFOREX{snippet GEMFOREX_shintaku}

海外FXの信託保全の見方

海外FXの信託保全は大きく分けて2種類にわかれます。

分別管理のみの海外FX業者

分別管理とは、経営に関する資金とトレーダーから預かっている資金を別に管理し、経営資金などに証拠金が利用されないことを示した資産保全方法です。以前は日本のFXでも分別管理のみが記載されていました。ただし、分別管理しかない場合には海外FX業者が倒産した場合には証拠金は戻ってきません。

2万ユーロ(約250万円)までの信託保全

海外FX業者がICF (投資家補償基金) に加盟していると、海外FX業者が万が一倒産したり、支払い義務を怠った場合でも、2万ユーロ(約250万円)は資産が保全されることになります。トレーダーの保全のために作られた基金と考えて構いません。レバレッジが高い海外FXでは、なかなか2万ユーロ(約250万円)を超えた資金を持つことはあまりないため、十分な信託保全と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です