海外FXスプレッド比較ランキング

海外FXスプレッド比較ランキング

海外FXは、100倍~1000倍のレバレッジで取引することが可能です。そのため、スキャルピング、デイトレード、スウィングトレードといった、短期取引をするFXトレーダーに向いているのですが、短期取引は、取引回数がかなりの数になってくるため、スプレッドが狭いか、どうかは重要な比較検討ポイントなのです。

スプレッドが狭い海外FX業者を選ぶ注意点

スプレッドは「固定」か「変動」かをチェックする必要がある。

比較情報のところに「1銭」と書いてあれば固定で、「1銭~」と”~”がついている場合は、変動する可能性のある海外FX業者です。もちろん、固定でスプレッドが狭い海外FX業者が良いのですが、固定の分のリスクを加味して少しスプレッドが広くなっていることが多いので、それも含めて検討する必要があります。

スプレッドは、米ドル/円で安くても、他の通貨ペアは?

当サイトでは、スプレッドは「米ドル/円」の通貨ペアで記載しています。一般的には、「米ドル/円」のスプレッドが狭ければ、ほかの通貨ペアでも同様に狭い水準であることが多いのですが、すべてがそうではありません。主要に使っている通貨ペアがあれば、その通貨ペアのスプレッド幅を調べて見ることも必要です。

スプレッドが低い場合、取引手数料が有料の場合がある。

海外FX業者は、一般的に取引手数料は無料のものがほとんどなのですが、取引手数料を有料にすることで「米ドル/円」のスプレッドが0.1銭など破格の狭さになっていることがあります。もちろん、取引額と取引回数が多くなれば、こちらの方がお得なのですが、初心者の方は間違えないようにしましょう。

ランキング1位 {article 472}{text}{/article}
ランキング2位 {article 431}{text}{/article}
ランキング3位 {article 425}{text}{/article}
ランキング4位 {article 140}{text}{/article}
ランキング5位 {article 473}{text}{/article}
ランキング6位 {article 433}{text}{/article}
ランキング7位 {article 143}{text}{/article}
ランキング8位 {article 147}{text}{/article}
ランキング9位 {article 142}{text}{/article}
ランキング9位 {article 144}{text}{/article}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です