海外FX業者は安全に資産管理してくれているの?

海外FX業者は安全に資産管理してくれているの?

海外FX業者に預け入れした資産は安全に管理されるのでしょうか?ここも海外法人を利用するときに大きく気になるポイントです。

分別管理と信託保全の違い

意外に混同されがちなのが、分別管理と信託保全です。

分別管理とは

事業の経営資金と海外FXトレーダーから預入されている証拠金を別々の口座で管理することを言います。FX業者の従業員の給料に証拠金が使われてはたまったものではありません。これでは倒産した場合に返金しようにも証拠金は残っていないということになりかねないのです。そのため、別々の銀行の口座に分けて管理する分別管理が行われてきているのです。しかし、これで十分ということはありません。なぜなら、資金管理は海外FX業者が行うので、本当に分別管理がきちんと行われているかのチェック機能がないのです。さらに、倒産時に証拠金を返金することを約束してくれる資産管理方法ではないため、倒産時に返還されないリスクがある証拠金の管理方法なのです。

信託保全とは

信託保全は、預入してもらった証拠金を別の管理者(信託銀行など)が別の口座で管理することを指します。管理自体が別の法人が行っているものであり、海外FX業者が倒産したとしても、証拠金は戻ってくるのです。

海外FX業者の信託保全

日本ではこの信託保全がFX業者全体に義務付けられているのですが、海外FX業者の場合は、すべて自主的に信託保全や分別管理を行っているのです。

つまり、「信託保全」を行っているFX業者が安心できるという方は、信託保全を行っている海外FX業者を探す必要があります。

当サイトで紹介している中では、下記の2つの海外FX業者が「2万EUR(ユーロ)まで信託保全」をしています。2万EURは、約250万円なので、レバレッジが高い海外FXでの証拠金としては十分な金額だと思われます。

信託保全があるおすすめの海外FX業者

XEMarkets(TradingPoint)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です