IronFX担当者インタビュー

IronFX担当者インタビュー

海外FX業者の担当者に自社のサービスを中心に簡単なインタビューを実施しました。日本に進出する海外FX業者が増えてきている中で、サービスも均質化し、何がその海外FX業者の「売り」なのか?よくわからないという声も聞こえてきているので、実際に担当者自身に自社のサービスの「売り」について回答してもらったのです。

海外FX業者比較の参考にしてください。

  • インタビュー:IronFX T氏
  • インタビュー日時:2016年7月12日

mike128 128IronFX logo

質問その1.IronFXの最大の「売り」はどこですか?

回答.

お客様の利益率の高さです。2015年にマーケットを再開以降、お客様の損失金額に対して利益金額が上回っております。

質問その2.IronFXで他社にはない独自のサービスはありますか?

回答.

プロが運用する資産運用口座・IronFXカード・なじみのお客様に提供する裏メニューです。
現在、お客様の利益率改善につながっている資産運用口座を筆頭に資産の運用法まで状況に応じてご相談にのっております。

質問その3.IronFXで一番おすすめの口座はどれになりますか?また、その理由をお答えください。

回答.

STP/ECN ゼロスプレッド口座もしくは資産運用口座がおすすめです。すべてのお客様は、利益をあげるためにFXブローカーに口座を開設されるかと思います。STP/ECN ゼロスプレッド口座はスプレッドの狭さとサーバーの強度が他社に比べて強固なものとなっております。資産運用口座は、弊社の専用トレーダーがお客様にかわり取引するものとなります。どちらの口座も取引手数料の安さと期待利益率の高さを持ち合わせているためお客様の利益に直結します。

質問その4.IronFXを利用している投資家の方はどのような方が多いでしょうか?(投資スタイルや資金、職種など)また、その理由をお答えください。

回答.

大変ありがたいことに、弊社を応援している投資家の人やご贔屓にしていただける投資家の方が多いです。また、投資家として熟練されている方も多いのも特徴です。実際、多くのお客様のご理解とご指導によって、日本市場再開後もここまで営業をすることができております。理由といたしましては、海外ブローカーとしては営業暦が長く良い時代も悪い時代も経験しており非常に経験値が豊富なブローカーとなります。そのうえで、多くの投資家の方からのご意見をもとにサービスを常に改善している結果、長いお付き合いの投資家の方がお客様に多いのかと考えております。

質問その5.今後、力を入れていく予定のサービスなどはありますか?

回答.

お客様と利益相反をしない商品に力をいれていきます。将来的には、世界中の取引戦略を集めてそれを無償でお客様に提供して本物の投資を提供していくことを目標としております。グループ全体としては、投資に求められるすべてのサービスをそれぞれのブランドで提供予定です。

質問その6.アクティブな顧客の平均継続期間はどのくらいでしょうか?

回答.

1年以上となります。以上としているのは、日本マーケットが閉まっている時期があったため以上という言葉を使用しております。

質問その7.IronFXの中国出金トラブル・デモの発生経緯と原因についてご説明お願いします。

回答.

中国の出金トラブルは、大量の偽造証明書類によるボーナスやプロモーションの乱用によるものです。中国人のお客様だけでも何百万口座という口座がありましたので取引規約違反の調査に時間がかかりその際出金はできませんので通常のお客様にもご迷惑がかかりデモが発生いたしました。弊社としても過剰なプロモーションを行なっていたのが中国での出金問題を引き起こした原因でもありますので、現在はよりオーストラリアもしくはイギリス許認可の規制が厳しい許認可にて中国ビジネスをおこなっております。

まとめ

man2128 128

IronFXの「売り」は、「顧客全体が利益を上げている実績」と「プロの投資家も満足するサービスの種類とレベル」が挙げられています。

とくに「顧客全体が利益を上げている実績」というのは投資家の勝率にこだわっている海外FX業者の会社としての姿勢の結果と言えます。アナリストレポートや資産運用口座等、英国FCAライセンス、プロレベルのサービスのラインナップと体制があるのは、世界的な金融グループであることが大きな要因と言えます。単純なスプレッドの狭さではないところにコストをかける余力があることを示しています。2016年にはFXDDも買収しています。

一方で、IronFXは2014年に一度日本の金融庁登録を目指して、日本市場を閉鎖しました。また、金融庁登録をあきらめて日本市場を再開したタイミングで、中国デモ事件が起こるなど、一時的に海外FXを利用する投資家にもネガティブなイメージがついていったのも事実です。中国の出金トラブルも経緯と理由を知ると、中国人違法トレーダー側の問題ということが分かりますし、ライセンス取得が厳しい英国FCAを取得していることやFCバルセロナの公式スポンサーであること等、徐々に海外FXを利用する投資家の信頼を回復している状態です。

投資余力がある方は、プロが運用する資産運用口座などを試してみるのも良いでしょう。

IronFX詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です