HotForexをプロが評価。HotForexのスプレッド・レバレッジ・入出金方法・取引ツール・口座開設方法・投資家からの評判を徹底分析

HotForexとは?

HotForexは最低入金金額が5ドル、最大レバレッジは1,000倍まで可能な海外FX業者です。100%入金ボーナスやトレードコンテストなどのキャンペーンが充実しており、取り扱う商品も多く多様なツールが利用できます。

初心者から上級者まで、様々なタイプの投資家の要望に応えることができる海外FX会社です。

HotForexの会社概要

HotForexはHF Market Ltdが運営してる海外FXサービスで設立は2010年、200万口座数を突破、27か国言語に対応とグローバルに展開しています。規模が大きい大手の海外FX業者として、国内でも知名度が高い海外FX業者の1つです。

もともとHot Forexのグループ全体では、英国やキプロスなど複数の金融ライセンスを保有していますが、近年では日本人向けのFXサービスは法人登録のみで営業しています。他の多くの海外FX業者の例にもれず、日本の金融庁への対策として金融ライセンスを保持していくことが難しい状況にあったことが理由となっているようです。

海外FXサービス名: HotForex
運営会社: HF Market (SV)Ltd
拠点: セントヴィンセント・グレナディーン
金融ライセンス: セントビンセント・グレナディーン国際事業者登録(法人登録)
口座の種類マイクロ口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.70
最大レバレッジ1000倍
約定力
最低入金額500円相当

HotForexの口座の種類

HotForexは実に豊富な口座の種類を用意しており、6つの口座から選択することができます。

  1. マイクロ口座
  2. プレミアム口座
  3. ゼロスプレッド口座
  4. AUTO口座
  5. PAMM(プレミアム)口座
  6. HFCOPY口座

通常のFX口座は1~3の3種類の口座。4~6の3口座は自動売買向けの口座となります。ここでは代表的なFXの3つの口座を詳しく解説していきます。

マイクロ口座

マイクロ口座 詳細
基本通貨 USD、EUR、NGN
取引単位 1,000通貨
レバレッジ 最大1,000倍
取引手数料 無料
最低入金金額 5ドル(500円)
最低取引ロット 0.01ロット=1,000通貨
ボーナス 100%入金ボーナス
ゼロカット保証 あり
マイクロ口座は、最低入金金額がわずか500円で口座開設が可能です。取引の上限が最大7ロットまでと定められているので、少額取引にてまずは試してみたい初心者の方におすすめです。

プレミアム口座

プレミアム口座 詳細
基本通貨 USD、EUR、NGN
取引単位 1,000通貨
レバレッジ 最大500倍
取引手数料 無料
最低入金金額 100ドル(1万円)
最低取引ロット 0.01ロット=1,000通貨
ボーナス 100%入金ボーナス
ゼロカット保証 あり
プレミアム口座は、最低入金金額が1万円程度でレバレッジが最大500倍とスタンダードな海外FX口座です。海外FXの最も一般的な条件で始めることができます。

ゼロスプレッド口座

ゼロスプレッド口座 詳細
基本通貨 USD、EUR、NGN
取引単位 1,000通貨
レバレッジ 最大500倍
取引手数料 片道3ドル/1ロット
最低入金金額 200ドル(2万円)
最低取引ロット 0.01ロット=1,000通貨
ボーナス なし
ゼロカット保証 あり
ECN口座のゼロスプレッド口座は、最低入金金額2万円程度、1,000通貨からの取引が可能で、手数料も片道3ドルと好条件がそろっています。

HotForexのメリット

  • 運営歴や会社の規模などから十分に信頼できる海外FX業者
  • グループ全体では複数の金融ライセンスを取得している
  • 最大1,000倍のレバレッジ
  • 5ドル(500円)で始めることができる
  • ゼロスプレッド口座は圧倒的に狭いスプレッド
  • 6種類の口座から選択できる
  • 自動売買口座が3種類から選べる
  • ボーナスやキャンペーンが充実
  • 分析ツールが豊富
  • 仮想通貨、株式指標など多彩な商品が取引できる
teacher
HotForexは、非常にバラエティに富んだ商品やサービスを用意しているのが大きな特徴です。口座開設数ではトップクラスの海外FX業者で、幅広い投資家層に愛用されています。

HotForexのデメリット

  • 日本円口座の取り扱いがない
  • コンテンツやサービスは一部英語表記となる
  • 日本語サーポートは時間帯が限られている
  • サービスが多岐に渡りすべてを理解しづらい
  • ゼロスプレッド口座以外のスプレッドは広め
  • 日本人向けのFXサービスは法人登録のみ
  • 信託保全がない
teacher
HotForexで気になることがあるとすれば、日本人向けのFXサービスは法人登録のみで提供されていることです。万が一、倒産した場合の資金の保証が完全ではありません。ただ、英国やキプロスなど信頼度が高い金融ライセンスをグループ全体では取得しています。

規模が大きい大手海外FX業者であり、実績も約10年と長いことから、倒産の可能性は極めて低く信頼性は高いと判断できるでしょう。

口座の種類マイクロ口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.70
最大レバレッジ1000倍
約定力
最低入金額500円相当

HotForexの金融ライセンス

HotForexの日本人向けのFXサービスは法人登録のみで、金融ライセンスは取得していません。以前はキプロスの金融ラインセンスにて提供されていましたが、日本の金融庁との兼ね合いが厳しくなったため、法人登録のみの営業へと切り替わりました。

日本人向けの金融ライセンス(法人登録)
登録会社名: HF Maket (SV)Ltd
金融ライセンス: セントビンセント・グレナディーン国際事業者登録
ラインセンスナンバー: 22747 IBC 2015
国際事業会社登録ライセンス
国際事業会社登録ライセンス

https://static.hotforex.com/

グループ会社の金融ライセンス

HotForexグループは以下のような運営会社にて、それぞれ金融ライセンスを取得しグローバルに展開しています。

法人名 金融ライセンス ライセンスナンバー
HF Market UK Ltd FCA (英国) 801707
HF Market DIFC Ltd DFSA(ドバイ) F004885
HF Market SA Ltd FSCA(南アフリカ) 46632
HF Market Seychelles Ltd FSA (セーシェル) SD015
グループ会社の金融ライセンス

https://www.hotforex.com/

欧州向けのFXサービスは審査基準が厳しい英国の金融ライセンス/FCAにて提供されています。FCAの登録状況はFCAの公式サイトにて確認できます。

FCAの登録状況
FCAの登録状況

https://register.fca.org.uk/

HotForexの金融ライセンスの評価と評判

teacher
日本向けのFXサービスはセントビンセント・グレナディーンの事業者登録のみとなり、若干の不安が残ります。しかし、グローバルに展開している会社の規模や長い実績、英国ライセンスの存在がHotForexの信用度を支えています。

あくまでもグループ会社だとはいえ、審査基準が高度で厳しい英国ライセンスが取得できたこと自体がHotForexを高く評価する材料となっています。安全性は高いと判断する投資家は多いようです。比較的に安心して使える海外FX会社だと言えます。

HotForexのボーナス

HotForexで大きな魅力の1つになっているのが、豊富なボーナス制度とキャンペーンです。

HotForexのボーナスには3つのタイプがあります。

  • 100%スーパーチャージボーナス
  • 100%クレジットボーナス
  • 30%レスキューボーナス

この3つのボーナスは併用して使うことができず、どれか1つが選べる仕組みになっています。

HotForexのボーナス
100%スーパーチャージボーナス

100%スーパーチャージボーナスとは100%入金ボーナスのことです。250ドル以上の入金で5,000ドルを上限にもらえるボーナスです。

100%クレジットボーナス

100%クレジットボーナスも100%入金ボーナスのことです。100ドル以上の入金、上限3,000ドルまでボーナスが付与されます。

30%レスキューボーナス

30%レスキューボーナスは、ロスカット(ゼロカット)への救済処置として付与されるボーナスです。損失額の30%がボーナスでもらえます。

キャンペーン
キャンペーン

HotForexでは。、トレードコンテストやプロモーションで賞金・キャッシュバック、ボーナスや豪華な景品がもらえるキャンペーンが定期的に開催されています。

直近のキャンペーンは、10周年記念プロモーションです。このキャンペーンでは条件を満たすと毎日余剰証拠金の2%がキャッシュバックされます。

その他お得情報
  • ロイヤルティプログラム(取引回数に応じてポイントが貯まる)
  • キプロスへの無料旅行招待アワード
  • ガジェット景品コンテスト

など多彩なキャンペーンやお得なシステムを活用していけます。

HotForexのボーナスの評価と評判

teacher
HotForexのボーナスやキャンペーンは、他社に比べると多彩で豪華なことが多くの投資家から注目されています。最低入金金額のハードルも低く、最大で50万円までは100%入金ボーナスがもらえるため、証拠金維持率を向上させてリスクを抑えた取引が実現できます。

もともとキャンペーンなどのイベントが好きな投資家は、定期的に開催されるHotForexのキャンペーンなどで楽しみながら取引を継続することができるでしょう。

HotForexのスプレッド

HotForexのスプレッドは口座の種類によってばらつきがあります。ゼロスプレッド口座以外では、スプレッドはやや広めの設定になっています。

マイクロ・プレミアム口座
通貨ペア 平均スプレッド
USDJPY(米ドル/円) 1.7pips
EURUSD(ユーロ/米ドル) 1.2pips
GBPJPY(英ポンド/円) 1.6pips
EURJPY(ユーロ/円) 1.7pips
GBPUSD(英ポンド/米ドル) 1.8pips
USDCAD(米ドル/カナダドル) 1.9pips
EURGBP(ユーロ/英ポンド) 1.8pips

https://www.hotforex.com/

ゼロスプレッド口座
通貨ペア 平均スプレッド
USDJPY(米ドル/円) 0.3pips
EURUSD(ユーロ/米ドル) 0.3pips
USDCHF(米ドル/スイスフラン) 0.5pips
EURJPY(ユーロ/円) 1.3pips
GBPUSD(英ポンド/米ドル) 0.5pips
AUDUSD(豪ドル/米ドル) 0.5pips
XAUUSD(金/米ドル) 3.9pips

https://www.hotforex.com/

HotForexのスプレッドの評価と評判

teacher
ボーナスの評価が高い一方では、マイクロ口座、プレミアム口座でのスプレッドはあまり評判はよくないようです。ただ、もともとスプレッド目当てにHotForexのマイクロ口座やプレミアム口座を使う投資家は少ないのも事実です。

ゼロスプレッド口座に関しては、狭スプレッドで上位の海外FX業者とは実測でも遜色がなかったとの投稿や口コミは多いです。HotForexでは目的に応じた口座の使い分けが肝心なポイントになります。

HotForexのレバレッジ

HotForexのレバレッジは

  • マイクロ口座 → 最大1,000倍
  • プレミアム口座 → 最大500倍
  • ゼロスプレッド口座 →最大500倍

となっています。

HotForexのレバレッジの評価と評判

teacher
マイクロ口座は取引ロット数が累計で6ロットまでと上限があるものの、最大レバレッジは1,000倍と海外FX業者の中でもトップクラスのレバレッジです。海外FXの水準が500倍であることを考えれば十分に満足できるレバレッジでしょう。

短期で集中的に稼ぐ方法として、HotForexのマイクロ口座が活用されたりもしています。

HotForexの約定力・約定スピード

HotForexの公式サイトを見るとわかるように、HotForexは約定力を売りにしている海外FX業者ではなく、公式サイトでも約定力に関する情報がありません。

HotForexの約定スピードは平均水準並みか、若干遅くなる可能性があります。

HotForexの約定力・約定スピードの評価と評判

teacher
個人で実測しているデータを調べてみると、HotForexの約定率は99.35~99.45%あたりで報告されています。著しく遅いわけではないのですが、本格的なスキャルピングなど、短時間取引ではコストが高めになります。約定力を重視したい方にはあまりおすすめできません。

ただ、約定力の弱さをカバーしているのが、HotForexは利用規約があまり厳しくない点です。同一口座での両建てやスキャルピングは全面的にOKで、経済指標発表時の取引などの規制もありません。自由に取引できる点は考慮しておきたいところです。

HotForexの資産保全(分別管理・信託保全)

HotForexグループでは、信頼度が高い金融ライセンスを取得している運営会社もあるものの、日本向けのFXサービスでは信託保全はありません。

そのかわり、信託保全なしの代替え策として、最大500万ユーロまでは保険にて顧客の資金を保護しています。加えて大手金融機関にて顧客の資金は分別管理されることが約束されています。

Renaissance insurance
Renaissance insurance

https://static.hotforex.com/

Renaissance insurance

https://www.hotforex.com/

HotForexの資産保全の評価と評判

teacher
完全な信託保全と比較すれば、保険でカバーしているHotForexの資産保全は弱いといえます。具体的に保険が活用されるのは、詐欺やシステムエラー、民事訴訟などによる不測の事故による損失額です。しかし、保険会社が損失額を補填することによって、HotForexが倒産する可能性は極めて低くなります。

分別管理のみを保証している海外FX会社に比べれば、信頼性は高いといえるでしょう。

HotForexの入金出金方法

HotForexは入出金に関する規定が、海外FXの割には比較的自由な点が魅力になっています。

海外送金はクレジットカードの入金額が、上限を超えた場合の出金時にしか利用できないので注意する必要があります。以下の方法にて入出金方法の選択ができます。

  • VISA、Mastercard、JCB
  • bitwallet
  • 仮想通貨(Bitcoinなど4種類)

Bitcoinでは手数料が入出金額の1%がかかることを除くと、あとは手数料は無料です。(国際決済サービスやカード会社、利用する金融機関への手数料はかかります。)

カードの入金額を超えた利益分は、bitwalletから出金できます。bitwalletから国内の銀行口座に振り込む際の手数料が800円かかります。海外送金に比べれば手数料を大幅に抑えることが可能です。

HotForexの入出金方法の評価と評判

teacher
投稿・口コミサイトで調べてみても、HotForexの入出金に関するトラブルは全く見かけません。入出金にかかる時間も早くて確実だとの評価を得ています。

bitwalletが入金方法に関わらず利用できる点が他の海外FX業者と大きく異なるメリットです。ただし、HotForexでは円口座が使えないため、出金の際には為替手数料が必然的にかかってしまうのがデメリットとなるでしょう。

HotForexの取引ツール・教育コンテンツ

HotForexで利用できる取引ルーツはMT4/MT5、マルチターミナルの3種類から選べます。他にも多様なツール・教育コンテンツが非常に充実していることが大きな特徴です。

MT4/MT5
MT4/MT5

MT4、MT5はWindows、Mac、モバイル、Linuxに対応しています。HotForexの公式サイトからダウンロードできます。

マルチターミナル

複数の海外FX口座を1つにまとめたい方には、HotForexではMT4のマルチターミナルを提供しています。

VPSサーバー

入金金額が5,000ドル以上になるとレイテンシーを低減し、高い約定力が実現できるVPSサーバーが無料で利用できます。

上級トレーダーツール
上級トレーダーツール

30日以内の入金金額200ドル以上を条件に、情報管理やアラーム機能、分析ツールなど12種類の上級トレーダーツールが利用できます。(一部英語表記です。)

オートチャーティスト
オートチャーティスト

リアルタイムでチャートパターン、フィボナッチパターンが検出できる分析ツール、オートチャーティストをMT4に挿入することが可能で、日本語版が使えます。YouTubeで使い方を動画でみれます。(英語の解説ですが動画なので日本人でもある程度わかります。)

その他・教育ツール
  • ビデオチュートリアル(FXの基礎知識/一部英語)
  • 情報配信・分析アナリスト(一部または全部英語)
  • トレーディング計算器(リスク率・Pips値など8種類/一部英語)
  • トレーダーボード(ボリューム、値動きなどの統計情報/一部英語)

HotForexの取引ツール・教育コンテンツの評価と評判

teacher
一部英語のツールが多いのが難点ですが、HotForexはMT4/MT5に加えて、マルチターミナルや多様な分析ツールが活用できるのが最大のメリットだといえます。とくにおすすめの分析ツールはオートチャーティストです。

16種類のチャートパターン、4種類のライン、6種類のフィボナッチパターンをリアルタイムで検出・表示してくれます。初心者から上級者まで幅広い投資家の役に立つ高性能な分析ツールで、採用している海外FX業者はまだ少ないです。オートチャーティストが使えるだけでも、HotForexで口座開設する価値があるという投資家もいるようです。

口座の種類マイクロ口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.70
最大レバレッジ1000倍
約定力
最低入金額500円相当
teacher
以下の記事では、海外FXで最も戸惑いがちな入金方法、出金方法について詳しく解説しています。ぜひ、参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

個人投資家、ライター、アナリスト。海外メディアを駆使した市場リサーチが強み。副業トレーダーを経て、フリーランスとして独立。 株式投資、FX、金プラチナ、債券、外貨預金、ETF・投資信託、不動産などの分散投資を得意とする。