TRADEVIEWをプロが評価。TRADEVIEWのスプレッド・レバレッジ・入出金方法・取引ツール・口座開設方法・投資家からの評判を徹底分析

TRADEVIEWとは?

Tradeviewは10年以上の運営実績を持ち、業界トップクラスのスプレッドの狭さや格安のECN口座で徐々に人気を集めている海外FX業者です。日本語のサポートやコンテンツが充実してないこともあり、国内ではそこまで知名度があるわけではありませんが、一定の投資家から高い評価を得ています。

TRADEVIEWの会社概要

Tradeviewの運営会社はTradeview Ltd社で、英国領ケイマン諸島の金融ライセンスにて営業しています。金融ライセンス自体の信頼度は低いイメージがあると思いますが、実はケイマン諸島は世界で5番目に大金が動く金融大国であり、各国の大手金融機関が集積する国でもあるのです。

ケイマン諸島の金融庁はFATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)でアメリカの次に基準をクリアするなど、信頼性が高いといえるのです。さらにTradeviewは世界8か国に拠点を持ちグローバルに展開しています。安心して使える海外FX業者の1つだといわれています。

海外FXサービス名: Tradeview(トレードビュー)
運営会社: Tradeview Ltd
拠点: 英国領ケイマン諸島
金融ライセンス: 英国領ケイマン諸島金融庁/CIMA
[tradeview_sum_mini]

TRADEVIEWの口座の種類

Tradeviewの口座は取引ツールや注文方式、最大レバレッジなどが異なる5種類の口座から選択できます。

  1. xLeverage(スタンダード)口座/MT4
  2. ILC口座/MT4
  3. MT5口座/MT5
  4. cTrader口座/cTrader
  5. Currenex(カレネックス)口座/Currenex

xLeverage(スタンダード)口座

xLeverage口座詳細
基本通貨USD、EUR、JPY、GBP、AUD
CAD、CHF、MXN、ZAR
注文方式STP方式
レバレッジ最大500倍
取引手数料無料
最低入金金額100ドル(10,000円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス・特典なし
ゼロカット保証あり
1万円、1,000通貨の取引から始められるスタンダードなSTP口座です。最小スプレッドは1.8pipsで、海外FXの平均的な口座です。

ILC口座

ICL口座詳細
基本通貨USD、EUR、JPY、GBP、AUD
CAD、CHF、MXN、ZAR
注文方式ECN方式
レバレッジ最大200倍
取引手数料5ドル/1ロット
最低入金金額1,000ドル(100,000円)
最低取引ロット0.1ロット=10,000通貨
ボーナス・特典なし
ゼロカット保証あり
最小スプレッド0.0pipsのECN口座です。最低入金金額は10万円、1万通貨からの取引となり若干ハードルは高いのですが、往復5ドルと格安の手数料が魅力です。

MT5口座

MT5口座詳細
基本通貨USD、EUR、JPY、GBP、AUD
CAD、CHF、MXN、ZAR
注文方式ECN方式
レバレッジ最大100倍
取引手数料5ドル/1ロット
最低入金金額1,000ドル(100,000円)
最低取引ロット0.1ロット=10,000通貨
ボーナス・特典なし
ゼロカット保証あり
こちらも最小スプレッド0.0pips~のECN口座です。1,000通貨からの取引が可能で格安5ドルの手数料、ただし最大レバレッジ100倍となります。

cTrader口座

cTrader口座詳細
基本通貨USD、EUR、JPY、GBP、AUD
CAD、CHF、MXN、ZAR
注文方式ECN方式
レバレッジ最大200~400倍
取引手数料5ドル/1,000通貨
最低入金金額1,000ドル(100,000円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス・特典なし
ゼロカット保証あり
最小スプレッド0.0pipsのcTraderのECN口座です。手数料は往復5ドル、1,000通貨からの取引が可能です。最大レバレッジが資金額に応じて200~400倍となります。

Currenex(カレネックス)口座

Currenex口座詳細
基本通貨USD、EUR、JPY、GBP、AUD
CAD、CHF、MXN、ZAR
注文方式STP方式
レバレッジ最大200~400倍
取引手数料往復6ドル/1ロット
最低入金金額1,000ドル(100,000円)
最低取引ロット0.1ロット=10,000通貨
ボーナス・特典なし
ゼロカット保証あり
投資機関向けのプラットフォームCurrenexで利用できるSTP口座です。最小スプレッド0.1pips~、最大レバレッジは200~400倍、手数料が往復6ドルです。

TRADEVIEWのメリット

  • 10年以上の運営実績がある
  • 35,000ドルまでの信託保全がある
  • スプレッドは業界最狭クラス
  • 約定力が高い
  • ECN口座が3種類から選べる
  • ECN口座の手数料は5ドルと業界最安値
  • cTraderやCurrenexなど取引ツールが豊富
  • 50以上のトップLPと提携している
  • スキャルピングと両建てOK
  • 資金管理体制がしっかりしている

Tradeviewは10年以上の運営実績を持ち信託保全にも対応しているなど、ある程度信頼できる海外FX業者だといえます。業界最安値水準のECN口座があり、スプレッドの狭さや約定力の高さでも定評があります。ECN口座に力を入れているのが特徴で、中級者以上の投資家におすすめです。

TRADEVIEWのデメリット

  • 日本語の対応が完全ではない
  • ECN口座の最低入金金額は10万円以上
  • 初心者にはやや使いづらいサイト
  • STP口座のスプレッドはそこまで狭くない
  • 少額取引には向いていない
  • 国内で得られる情報が少ない
  • ボーナスやキャンペーンがない
teacher
日本語サポートは利用可能で、基本的には問題ないと思えるのですが、Tradeviewは日本語サイト内でも英語表記の箇所が比較的に多い海外FX業者です。英語が全く苦手な方だと苦労する面があるかもしれません。

ネット検索でも入手できる情報が限られているなど、海外FXに慣れた方でないと使いづらいのがデメリットだといえるでしょう。

[tradeview_sum_mini]

TRADEVIEWの金融ライセンス

Tradeviewの運営会社はTradeview Ltd社、英国領ケイマン諸島の金融ライセンスにてFXサービスを提供しています。

運営会社: Tradeview Ltd
金融ライセンス: 英国領ケイマン諸島金融庁/CIMA
ライセンスナンバー:585163
ケイマン諸島の金融ライセンス
ケイマン諸島の金融ライセンス

TRADEVIEWの金融ライセンスの評価と評判

teacher
ケイマン諸島の金融ライセンスは一般的なオフショア系のライセンスとは信頼度において区別されています。ケイマン諸島は世界中の銀行300社、保険会社800社、ファンド10,000社が集結する金融大国で、世界でも信頼度では上位にランクインしているのです。

Tradeviewでは、今後の展開として英国や欧州の金融ライセンスを所得する予定だとの噂があります。会社の規模から見てもTradeviewは十分に信頼できる海外FX業者だといえます。

TRADEVIEWのボーナス

Tradeviewではボーナスやキャンペンなどは今のところ行っていません。

Tradeviewのボーナスの評価と評判

teacher
Tradeviewはボーナスやキャンペーンよりも、スプレッドや約定力などトレード環境を整えることに力を入れている海外FX業者で、特典をつけない代わりにECN口座も格安の手数料で提供しています。特典はなくても構わないので、最良のトレード環境が欲しいという投資家に人気があります。

TRADEVIEWのスプレッド

Tradeviewはスプレッドでは業界でトップクラスの狭さを実現しています。リアルタイプスプレッドが公式サイトにて

  • xLeverage口座 → 最小スプレッド1.8pips~
  • ILC口座 → 最小スプレッド0.0pips~
  • MT5口座 → 最小スプレッド0.0pips~
  • cTrader口座 → 最小スプレッド0.0pips~
  • Currenex口座 → 最小スプレッド0.1pips~

なお、リアルタイムスプレッドがTradeviewの公式サイトから確認して頂けます。

ECN口座のリアルタイムスプレッド
通貨ペアリアルタイムスプレッド
USDJPY(米ドル/円)  0.1pips
EURUSD(ユーロ/米ドル)  0.4pips
GBPUSD(英ポンド/米ドル)  0.6pips
EURJPY(ユーロ/円)  0.6pips
AUDUSD(豪ドル/米ドル)  0.3pips
USDCAD(米ドル/カナダドル)  0.7pips
EURGBP(ユーロ/英ポンド)  0.5pips

TRADEVIEWのスプレッドの評価と評判

teacher
Tradeviewの最大のメリットはスプレッド狭さです。業界でも上位にランクインする最狭スプレッドが投資家の間で好評です。

投稿サイトやSNSでもTradeviewのECN口座のスプレッドを評価する記事は多いようです。スプレッド重視の投資家に満足できる海外FX口座だといえます。

TRADEVIEWのレバレッジ

Tradeviewのレバレッジは最大500倍で、利用する口座によって適用される最大レバレッジが異なります。

  • xLeverage口座 → 最大500倍
  • ILC口座 → 最大200倍
  • MT5口座 → 最大100倍
  • cTrader口座 → 最大200~400倍
  • Currenex口座 → 最大200~400倍

TRADEVIEWのレバレッジの評価と評判

teacher
Tradeviewのレバレッジは、xLeverageでは海外FXの平均水準である500倍で取引が可能です。その他の口座は200倍~400倍とやや低めの設定になっています。MT5口座ではレバレッジが100倍となり、海外FXでは最小レベルだといえます。

しかしながら、仮に100倍程度のレバレッジであったとしても、国内FXより遥かに高いレバレッジであることに変わりはありません。国内FXと比べるならば、ほぼ満足できるレバレッジ水準です。

TRADEVIEWの約定力・約定スピード

Tradeviewは約定力・約定スピードの高さでも定評がある海外FX業者です。

最高のトレード環境を整えるために、Tradeviewでは「INNOVATIVE LIQUIDITY CONNECTOR」と呼ばれる独自のシステムと、世界最大のEQUINIX社のサーバーを採用しています。

50社以上の大手リクイデディプロバイダーと提携することで、より有利な約定条件と約定スピードが実現されています。

Tradeviewの約定力・約定スピードの評価と評判

teacher
Tradeviewでは約定力・約定スピードの公開データがないため、投稿サイトやSNSでの評判・口コミを参考にしてみました。Tradeviewのサーバーがロンドンにあるため、日本の投資家の場合はある程度のレイテンシーは避けられないとのことですが、それでも十分に高い約定力だと判断する投資家が多いようです。

例えば、VPSサーバーを使った際の実測データは1.5msを記録していると報告されています。約定力を重視するならTradeviewは手堅い選択肢の1つとなるでしょう。

TRADEVIEWの資産保全(分別管理・信託保全)

Tradeviewの資産保全は分別管理と信託保全です。資金管理を行うファイナンス会社が別で設けてある点が大きな特徴です。

Top Tier Bank
Top Tier Bank

https://www.tradeviewforex.com/about/funds-safety

Tradeviewに預け入れた資金は、安全性が高い資産管理体制を有するトップティア銀行にて保管されています。最高で3万6,000ドルの信託保全が用意されています。

GC Partner Fund
GC Partner Fund

https://www.tradeviewforex.com/about/funds-safety

顧客の資金は、GC Partner fund(Mainstream Group Holdings Limited)によって完全に運営資金と分離して保護されています。定期的に監査を行い安全な体制を整えています。

TRADEVIEWの資産保全の評価と評判

teacher
海外FXでは分別管理のみの海外FX業者も少なくありません。そんな中、Tradeviewでは、透明性が高い資産保全を行っているため安心できると評価する投資家が多いです。加えて、Tradeviewは運営実績も長く、規模が大きい会社ですから、十分な信頼度があると判断できるでしょう。

TRADEVIEWの入金出金方法

Tradeviewの入出金方法は以下の方法が利用できます。

  • VISA、Mastercard
  • bitwallet
  • STICPAY
  • Bitcoin
  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金

入出金ともにTradeviewへの手数料は無料です。各自で利用する金融機関や決済サービス会社への手数料が別途でかかります。

国内銀行送金は、Tradeviewが提携している決済業者に登録することで銀行口座間の送金が可能となる方法です。

TRADEVIEWの入金出金方法の評価と評判

teacher
Tradeviewでは国内銀行送金が利用できるので一見便利に思えますが、入金した分しか出金できないため、手間を考えれば結局はクレジットカードの方が便利だとの声が聞かれています。

利益分の出金を考慮するならば、手数料が安く済むbitwalletが便利だと好評です。bitwalletを導入する海外FX業者は増えてきていますので、bitwalletに登録しておけば資金移動にも使うことができます。

TRADEVIEWの取引ツール・教育コンテンツ

TRADEVIEWの取引ツール・教育コンテンツ

https://www.tradeviewforex.com/ja/

Tradeviewでは4種類の取引ツールが選択できることがメリットです。ただ、教育コンテンツや情報配信などは日本語に対応していないため期待できません。

MT4
MT4

MT4は世界中で最もよく使われている取引ツールです。50種類以上のインジケーター、100種類以上のEA、カスタマイズ機能に優れた逸品です。

MT5
MT5

MT5はMT4の最新バージョンで、まだ採用する海外FX業者もそんなに多くありません。拡張機能に優れ、21種類の時間足が表示可能です。自作プログラムが簡単に作成できるツールが人気です。

cTrader
cTrader

cTraderは株式のように板情報が表示される取引ツールで、ワンクリック注文、同時決済、一部決済などの注文機能に優れています。MT4よりも操作しやすいのが特徴です。

Currenex
Currenex

Currenexはもともと機関投資家向けに開発された取引ツールで、インターバンク市場の取引レートが表示されています。約80種類のテクニカル分析に対応し、最大9つのチャートが表示できます。

教育コンテンツ

今のところ、Tradeviewでは日本語で利用できる教育コンテンツは用意されていません。英語版であれば、英語サイトにて各種コンテンツが利用できます。

TRADEVIEWの取引ツール・教育コンテンツの評価と評判

teacher
取引ツールの選択肢が多いことがTradeviewの魅力の1つになっています。cTraderやCurrenexが使いたくてTradeviewを利用する投資家もいます。

cTraderやCurrenexはMT4に比べると操作方法も容易なので使いやすいツールではあるのですが、日本語で入手できる情報が少ないのがデメリットだといえます。

[tradeview_sum_mini]
teacher
海外FXを本格的に展開していくなら、入出金方法を押さえておくことが肝心です。以下の記事では、海外FXの入出金方法について詳しく解説しています。ぜひ、参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です