TRADEVIEW

TRADEVIEW

TRADEVIEWは2004年にサービス提供を開始したニューヨークの証券会社です。FXを中心に株式やCFDにも力を入れています。ニューヨークの証券会社ですが、本社があるのはケイマン諸島で、アメリカ国内の居住者に向けたサービスは提供していません。

金融ライセンスもケイマン諸島金融庁(CIMA)で取得しています。ケイマン諸島は世界で2番目にお金が動く、世界の金融ハブになっている信頼性の高い国です。FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)でアメリカの次に点数が高いのです。安心してトレードができる海外FX業者と言っていいでしょう。

大きな特徴は「ECN口座の手数料が2.5ドルという格安設定で、かつスプレッドも米ドル/円0.0pips~という狭いスプレッドでサービス提供していること」です。ECN口座の平均スプレッドも米ドル/円で0.2pipsですから、十分に手数料が安く利用できる海外FX業者と言えます。

また、米系最大手の銀行「ウェルズ・ファーゴ銀行」で分別管理、外部の監査法人を通しての信託保全が最大35000ドルまで有効で、M4以外にもcTrader、Currenexなどのプラットフォームが利用できるなどのメリットもあります。

一方で、ウェブサイトがわかりにくい、教育コンテンツはほぼない、キャンペーンやボーナスなどもない、スプレッドの公開もリアルタイムスプレッドのみ・・・とデメリットも多い海外FX業者です。

初心者には難しい反面、トレード条件やトレード環境が整っているため中級者以上の海外FXの経験もある方であれば有利にトレードをすることができる海外FX業者と言えるでしょう。

TRADEVIEWFXのポイント

  • 世界8か国にオフィスがあり、2万以上の取引口座を保有
  • ケイマン諸島金融庁(CIMA)の金融ライセンスを取得
  • ECN口座の手数料が2.5ドルという格安設定
  • ECN口座のスプレッドも米ドル/円0.0pips~
  • 外部の監査法人を通しての信託保全が最大35000ドルまで有効
  • M4以外にもcTrader、Currenexのプラットフォームが利用可能
  • ウェブサイトがわかりにくい
  • 教育コンテンツはほぼない
  • キャンペーンやボーナスなどもない
  • サイト上ではスプレッドの公開もリアルタイムスプレッドのみ

TRADEVIEW口座概要

口座の種類xLeverage口座(MT4)/STPILC口座(MT4)/ECNcTrader口座/ECNCurrenex口座/STP
取引手数料
(片道)
無料2.5ドル2.5ドル3.0ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.250.250.30
スプレッド種類変動変動変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.800.000.000.30
平均スプレッド
米ドル/円
2.000.20
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.800.500.500.90
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
2.000.70
最大レバレッジ500倍200倍400倍400倍
約定力
最低取引通貨1,000通貨10,000通貨10,000通貨10,000通貨
最低入金額1万円相当1万円相当1万円相当1万円相当
信託保全
分別管理
35,000ドルまでの信託保全35,000ドルまでの信託保全35,000ドルまでの信託保全35,000ドルまでの信託保全

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です