海外FX業者の日本語対応力とは?英語なしでトレードできるの?

おそらく、海外FXを始めたいと思った時にまず気になるのが、日本語で使えるのか?英語ができなくても大丈夫なのか?ではないでしょうか。

大丈夫です。海外FXは日本語版のサイトがあり、MT4・MT5も日本語で表示できます。さらに、問い合わせなどの対応も日本語でサポートしてくれます。国内FXを使うのとほぼ変わらない状況でFXトレードができます。

ただし、すべての海外FX業者にて万全な日本語サポートがあるわけではないので、英語が本当に苦手な方は日本語サポートが充実した海外FX業者を選ぶのがおすすめです。各海外FX業者の日本語対応には差があります。
teacher
今回は海外FX業者の日本語対応のレベルや日本語サポートで海外FX業者を選ぶ方法などをわかりやすく解説していきます。

海外FXは日本語で使える?

海外FXは日本語で使える?
man
海外FXに興味があるけど日本語が使えるのかな?
man
海外FXは英語ができなくても大丈夫かな?
man
海外FXの日本語対応はどの程度のレベルなの?
teacher
などと不安ですよね。全く心配いりません

メジャーな海外FX業者のほとんどが日本語版を用意しています。日本語のサイトにて業者の情報を見たりサービスの内容を確認したりできます。

会員用のサイトも日本語ですので、国内FXを使うような感覚で海外FXも使っていけます。

100%日本語なのか

完全に100%すべてが日本表示かというと、そうではありません。サイト内の細部の情報や一部のドキュメントなどは英語で表示されることもあります。

部分的に英語表示となる場合があるものの、何となく察しがつくケースが多いですので、あまり気にする必要はないでしょう。

最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、手続きや操作方法など一連の流れを覚えてしまえば、重要なことは大抵は日本語なので、基本的な口座管理やFX取引は問題なくこなしていけます。

海外FX業者によって日本語表記のレベルが異なる

ほとんどの海外FX業者が日本語版を用意していますが、業者によって日本語で表記されている範囲や項目などが異なります。

海外FX業者の日本語対応レベルで見ると大きく4つのタイプがあって、

  • ほぼ100%に近く日本語で利用できる海外FX業者
  • 重要なこと、基本的なことは日本語で利用できる海外FX業者
  • 日本語で利用できるサービスが少ない
  • 日本語版がない

日本市場に力を入れている海外FX業者の場合は、ほぼ100%の日本語版が使えます。そうでない場合は、日本語で表示されているサイトの範囲がごく限られている海外FX業者もあります。

中には、日本人が口座開設できる場合でも、一部の海外FX業者は日本語版がないケースもあります。

国内である程度の知名度があるメジャーな海外FX業者だと、ほとんどが日本語版サイトや日本語サポートを完備しています。

日本語がわかりづらい海外FX業者もある

日本語で使えるサイト・サービスが多い海外FX業者でも、自動翻訳っぽい日本語が使われている場合もあります。

自動翻訳の日本語だと、意味はわかるのですが、何だか不自然な文章で日本人は絶対に使わないような表現が使われたりもします。

慣れると気にならないのですが、最初はちょっとわかりづらいかもしれません。

teacher
利用する海外FX業者によって日本語対応の充実度が変わってきます。英語が心配な方は、日本語対応が充実した海外FX業者を選ぶようにしましょう。

MT4・MT5は日本語設定が可能

海外FXのサイトには日本語版があることがわかりました。では、海外FXのトレードプラットフォームはどうなのでしょうか。

これも全く問題ありません。海外FXではMT4・MT5が主流となっていますが、日本語設定が可能です。ダウンロードやインストールする際も日本語で表示できますので、英語が苦手な方でも大丈夫です。

一部の海外FX業者では、cTraderや自社ツールなどMT4・MT5以外のトレードプラットフォームが選択できる場合があります。この場合でも、日本語に設定して使えるので安心です。

teacher
MT4・MT5のソフト自体に日本語設定機能が搭載されていますので、どの海外FX業者を使ったとしても日本語の設定が可能です。

海外FXのカスタマーサポートは日本語?

海外FXのカスタマーサポートは日本語?

次に、海外FXで日本語が使えるかどうか一番気になるのが、カスタマーサポートです。

  • マイページにログインできない
  • 入金がエラーになる
  • 出金がエラーになる
  • MT4にログインできない
  • CFDの手数料がわからない
  • スワップポイントを確認したい
  • ID・パスワードを忘れてしまった
  • 口座が凍結されている
  • ツールの使い方がわからない

など、サイト検索しても解決できないことも起こりうることです。

何か不明点があった時、トラブルがあった時には、カスタマーサービスに連絡しなければなりません。海外FXのカスタマーサポートは日本語で使えるのか不安ですよね。

ご安心下さい。日本語版を提供している海外FXのほとんどがカスタマーサポートは日本語で対応しています。

問い合わせ方法

問い合わせる方法は、

  • リアルタイムチャット
  • メールサポート
  • 電話サポート

海外FXのカスタマーサポートは電話を使うことは稀です。基本的にメールやチャットを使い、日本語でやり取りできます。

リアルタイムチャット

海外FX業者の公式サイトや会員用サイトからリアルタイムチャットで問い合わせることができます。ログインできない、手数料はかかるのか、など説明が簡単な問い合わせに便利です。

チャット画面から言語が選べるようになっています。日本語で問い合わせると日本語で対応してくれます。

メールサポート

ちょっと複雑な内容で、説明が長くなる場合や、画像や資料を送付したい場合は、メールで問い合わせる方法があります。カスタマーサポートのぺージからそのままメールが送ることが可能です。

日本語で問い合わせると日本語で返信がきます。

電話サポート

電話サポートが利用できる海外FX業者は少ないです。緊急を要する場合や、口座利用に不信な点があるなど、深刻なトラブルには電話の方が安心できるという方は多いでしょう。電話サポートを希望する方はあらかじめ利用可能かどうかチェックしておきましょう。

海外FX業者によっては、折り返しの電話で対応するコールバックシステムを導入しているところもあります。日本語で対応可能です。

カスタマーサポートは日本人が対応?

基本的に海外FXのカスタマーサポートは日本語で対応してくれますが、日本人が対応する場合と、日本語がわかる外国人が対応する場合とあります。

  • 日本人が対応するカスタマーサポート
  • 日本語がわかる外国人が対応するカスタマーサポート

どのように違うかというと・・・

日本人スタッフの日本語サポート

日本市場を開拓するために、日本人スタッフが在籍している海外FX業者も増えてきているようです。日本人スタッフが在籍する海外FX業者なら、通常の国内FXのように、普段通りの日本語でのやり取りが可能です。

日本語での微妙な言い回しや表現も難なく使えることがメリット。日本の習慣や日本人の気質なども理解しているため、何が不安なのか、何が問題なのか、意思疎通がしやすいといえます。当然ながら、日本人スタッフに対応してもらった方がクオリティの高いサポートが期待できます。

日本人スタッフが多いことが安心要素になる

日本人スタッフが多い海外FXなら、いつ問い合わせても対応してくれる可能性が高くなります。

日本人スタッフが少ない場合は、「今は時間外」「限られた時間帯のみ」「以前は日本人がいたけど今はいない」などと不便な状況に陥ることもありません。日本人スタッフが対応してくれることにこだわるなら、日本人スタッフが多い海外FX業者を選ぶのがよいです。

teacher
ただし、日本人だから必ず期待どおりの対応をしてくれるとは限りません。日本人が多く、かつ、日本語サポートで評判のよい海外FX業者を選ぶことが大切です。

外国人スタッフの日本語サポート

海外FX業者によっては、日本語サポートがOKでも日本人ではなく日本語ができる外国人が対応する場合もあります。

外国人の日本語サポートだと、ネイティブ日本人のように流暢な日本語というわけにはいかず、話がうまく通じないこともあるかもしれません。問題のポイントがズレてしまったり、説明したい状況が伝わらないなどの可能性があります。また、時間帯が制限されがちなのもデメリットとなるでしょう。

十分なサポートで満足できるケースもある

日本人同士の会話のようにはいかないものの、外国人スタッフの日本語サポートでも優秀なスタッフであれば、十分なサポートが得られることもあります。

teacher
外国人だと上手く伝わるか心配な方は、日本人スタッフがいる海外FX業者の方が安心できます。

日本語対応レベルを確認する方法

日本語対応レベルを確認する方法

では、実際に海外FX業者を日本語対応のレベルを確認する方法を解説していきます。

1.公式サイトをチェック

まず一番簡単な方法は、公式サイトを見てみることです。日本語版サイトがある海外FX業者は多いですが、その文面や日本語で表示される範囲が異なります。全体的に簡単にサイトをチェックしてみましょう。

不自然な日本語が使われていないか

サイトをチェックしてみれば、ネイティブな日本語表現かどうかがわかります。

例えば・・・

FBSの例

上記はFBSのサイトで見られる文面です。日本語として決して間違ってはいないのですが、このような表現は日本人なら使わないですよね。何だかちょっとおかしいですよね。

FBSは3000倍レバレッジなど魅力あるサービスを提供していますので、日本語サポートの質を気にしない方は全く問題ないのですが、慣れないと使いづらと感じるでしょう。おそらく、カスタマーサポートもこんな感じでちょっと不自然な表現が使われるだろうと想定できます。

XMの例

一方こちらは、日本語サポートが充実しているXMのサイトの文面で、一般的な日本語サイトと遜色がない自然な表現が使われています。これは、ある意味内部のスタッフに日本人がいることを裏付けていると判断できます。

2.日本語で利用できるサービス内容を確認

次にチェックするのは、日本語で利用できるサービス内容です。サイトやサービスがどの程度の範囲まで日本語対応しているのかを確認しておきます。

一般的に日本語で表示される内容は、

  • ホーム画面(サービスの概要)
  • 口座の種類
  • 取り扱いの商品(銘柄は英語表記)
  • 取引条件
  • 入出金方法
  • トレードプラットフォームの詳細
  • 会社情報
  • プロモーション・キャンペーン情報
  • パートナーシップ
  • カスタマーサポート
  • MT4・MT5(各自で日本語設定)

などです。

さらにチェックしたい内容

さらに、日本語に対応しているかどうか確認が必要なのが、

  • ニュース配信・マーケット情報
  • 分析レポート
  • 教育コンテンツ
  • ウェビナー
  • 各種分析ツール
  • 各種支援ツール

などです。

これらの情報が日本語で利用できる海外FX業者は実は少ないのです。情報コンテンツ・教育コンテンツ、各種ツールなどを日本語で利用したい方は、選べる海外FX業者が限られてきます。

3.カスタマーサポートのぺージを確認

次に、カスタマーサポートのページに日本語でチャットやメールができるか、電話対応はあるか、なども調べておきましょう。

また、「よくある質問」の回答欄を見ることで、その業者のサポートの質がある程度判断できます。試しに問い合わせてみるのも1つの方法です。

4.口コミ・評判を調べる

そして、海外FXの情報を調べる際に欠かせないのが口コミや評判をネット検索でチェックしておくことです。

  • 口コミ・投稿などの情報が多い
  • ポジティブな評判が多い

ほど、安心して使える海外FX業者だといえます。

ただ投資家それぞれとの相性もあり、人によって意見や評価も変わってきますので、色々な情報を見て参考にするようにして下さい。

日本語対応レベルで選ぶ場合の注意点

日本語対応を重視して海外FX業者を選ぶ際には、日本語対応以外の項目をチェックすることも忘れないようにしましょう。
teacher
日本語対応ばかりを重視して、サービス内容を確認しそびれてしまうと、ボーナスやキャンペーン、スプレッドや約定力、口座の種類などが条件に合わなかった、となる可能性もあります。

日本語対応でおすすめの海外FX業者

teacher
それでは、最後に日本語対応でおすすめの海外FX業者をご紹介しておきたいと思います。

海外FX業者選びの参考にして下さい。

XM Trading

XM Trading

海外FXの日本語対応で一番おすすめなのは有無をいわさず「XM」です。正確な日本人スタッフの数は非公開ですが、日本向けFXサービスの実績が長く、日本語版サイトも最も充実しています。カスタマーサポートもつねに日本語対応できる体制が整っています。

レバレッジ:888倍
最低入金額:5ドル~
ボーナス・特典:入金不要の口座開設ボーナス、100%入金ボーナス

おすすめポイント

経済ニュースや分析レポート、教育コンテンツ・ウェビナーも日本語対応です。日本人講師によるウェビナーが開催されることもあります。マーケット情報や教育コンテンツが日本語で使えるところはほとんどありません。

XMのすべてのサービスが日本語で使えて、MT4の使い方まで日本語で解説してくれます。ここまで日本語対応が徹底している海外FX業者は他にはありません。
日本語対応のコンテンツ
  • デイリーマーケット分析ビデオ
  • MT4チュートリアル
  • FXウェビナー
  • FXシグナル
  • 経済指標カレンダー
  • FX計算ツール
カスタマーサポート

問い合わせは、日本語ライブチャットがXMのサイトから簡単にアクセスできます。基本的に週5日24時間対応となるのが嬉しいですね。

XMの詳しい情報はこちらから

teacher
XMは日本人投資家が一番多い海外FX業者でもあります。口座開設ボーナスがもらえたり、シンプルでわかりやすい充実した日本語版サイトが使えるなど、初心者にもおすすめです。

ちなみに以下の記事では、XMで口座開設する方法、ボーナスをもらう方法などをわかりやすく解説しています。入金しなくても3000円分のボーナスでFXトレードが始められますので、ぜひ、お気軽に試してみて下さい。

まとめ

英語がそこまで使いこなせないから心配・・・と海外FXの利用を見送っていた投資家も結構多いのではないでしょうか。今回ご紹介したように、多くの海外FX業者は日本語のみで英語なしでも問題なくFXトレードできるのです。

ただし、日本語で使えるサービスの範囲が各業者ごとに差があるため、どの程度の日本語対応のレベルを求めるのかで使いやすい海外FX業者も変わってきます。
日本語のみでも十分に使っていける海外FXですが、やはり海外の会社・サービスなので、時々どうしても部分的に英語表記となり戸惑う場面もあるでしょう。もし、分からない時は、今は海外FXの情報が国内でもあふれていますのでネット検索で簡単に調べることができます。
teacher
最初のうちは、いきなり英語表記が出てくると不安に思う方もいるかもしれませんが、心配いりません。慣れてくると手順や流れから何となく理解できるようになります。

どうしても分からなかった時は日本語でサポートに問い合わせできますので、安心して海外FXに取り組んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します! これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。 職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。