海外FXのゼロカットとは?ゼロカット(追証ゼロ)の仕組みとメリット

海外FXのメリットの1つがゼロカットです。ゼロカットとは、国内FXにはないロスカットのシステムで、トレーダーは万が一の時でも負債を抱える心配がありません。

「えっ?国内でもロスカットはあるから負債は出ないよね。」と思われる方もいると思いますが、国内FXのロスカットシステムでは最悪の場合に残高がマイナスになる可能性があるのです。

ゼロカットとは、ロスカットの際に残高がマイナスになるのを回避するためのシステムです。海外FXの方が、ロスカットに関しては安心して利用できる仕組みになっているのです。
teacher
どういうことなのか、今回は海外FXのゼロカットについて詳しく解説していきます。ぜひ、参考にして下さい。

海外FXのゼロカットとは

海外FXのゼロカットとは

ゼロカットとは

海外FX特有のロスカットシステムのことで、万が一ロスカットが間に合わずに残高がマイナスになったとしても、ゼロで相殺してくれるシステムのことです。
正確には、「Negative Balance Protection/マイナス残高保護」と呼ばれているシステムのことです。トレーダーは、どんなに残高がマイナスでロスカットされたとしても、負債を抱える心配がないのです。

このゼロカットは、海外FX特有のシステムで国内では採用されていません。

ここで、そもそもロスカットはどのような仕組みになっているか、ロスカットが間に合わないとはどういうことなのか疑問に思う方もいるでしょう。

teacher
最初に一般的なロスカットと追証の仕組みについて解説しておきたいと思います。

ロスカットとは?

まずは、ロスカットについて詳しく見ていきましょう。

ロスカットとは

損失額が一定以上の水準に達すると、自動的にすべてのポジションが決済されるシステムのことをいいます。強制決済とも呼ばれているシステムで、トレーダーは含み損をいつまでも保有できない仕組みになっています。

ロスカットはなぜある?

ロスカットはなぜある?

FXは証拠金取引と呼ばれる金融商品で、レバレッジをかけて資金以上の取引きができることが大きな特徴です。国内・海外を問わず、FXでは一般的にロスカットが採用されています。

国内FXでは、金融庁によってロスカットの導入が義務づけられています。
man
なぜ、FXではロスカットがあるの?

資金以上の取引きをするということは、損失が出始めた時には資金以上のマイナス額を出してしまう可能性があるのです。残高がマイナスだということは、FX業者に借金をしていることを意味しているのです。

運よくトレンドが転換してプラスに戻れば問題はないのですが、マイナスのまま決済した場合、それはFX業者への借金として返済しなければなりません。

もし、マイナス額がどんどん大きくなって収拾がつかないくらいの金額になってしまうと、トレーダーは簡単に返済することができません。中には全財産を失い借金して返すトレーダーもいるわけです。マイナス額が回収できなければ、それはFX業者の損失にもつながります。

teacher
そこで、トレーダーを破産から守るとともに、FX業者のリスクを低減することもかねて、FXではロスカットというシステムが導入されることになったのです。
過去には、国内ではレバレッジやロスカットの規制がなかったため、多額の借金で破産したトレーダーは少なくなかったのですね。

2010年になって、初めて国内ではFX業者に「レバレッジ最大25倍」「ロスカット義務づけ」の規制が導入されました。海外でもFXのようなレバレッジ取引にはロスカットが採用されているのが一般的です。

ちなみに以下の記事ではレバレッジ規制について詳しく解説しています。関心がある方はこちらもご覧になってみて下さい。

ロスカット水準とは?

ロスカット水準とは?

通常、海外FXでも国内FXでも、損失がどれくらいまで拡大したらロスカットされるのかを示す「ロスカット水準」が表記されています。

ロスカット水準は、基本的に「証拠金維持率が〇〇%」というように規定されていて、業者ごとにパーセンテージは異なります。

  • 海外FXのロスカット水準 → 20%~30%
  • 国内FXのロスカット水準 → 50%~100%

が平均的な水準です。

大抵の場合、証拠金維持率は口座情報・取引状況で確認できるようになっています。

海外FXでは、「証拠金維持率 = Margin level」と記載される場合もあります。

証拠金維持率とは?

証拠金維持率とは

必要証拠金に対して、有効証拠金がどれくらいの比率なのかを表したものです。

証拠金維持率(Margin level)

= 有効証拠金(Margin) ÷ 必要証拠金(Free Margin)

で計算されています。

証拠金維持率は、各自の資産状況・運用状況を計る目安となります。、証拠金維持率が高いほど資金に余裕がある取引をしていて安全な状態と見ることができます。

証拠金維持率が低くなるほど、ロスカットへのリスクが高くなり、危険な運用をしていると見なすことができます。
teacher
証拠金維持率は最低でも300%以上の状態を維持するのが理想的です。1000%以上の運用を徹底しているトレーダーもいます。

追証とは?

追証とは?

追証とは

「追加の証拠金」を略したもので、証拠金維持率をキープするために追加で入金することをいいます。

有効証拠金が少なくなってくると、ロスカットへの注意喚起として国内FX業者は「追証の必要性」をメールや取引画面で知らせてきます。業者によっては、ロスカット以外でも追証基準が決められて、追加の入金が義務付けられる場合もあります。

海外FXでは「追証」は「Margin Call /マージンコール」といって、追加の入金は自己判断となっています。

「マージンコール」を受けてから入金すれば、有効証拠金が増えるため証拠金維持率も高くなります。ロスカットまでの猶予を延長するために本人が判断して入金する仕組みになっています。

追証をしなくても、ぎりぎりでトレンドが反転することもありますが、急激な変動がある時は通知を受けてから入金しても間に合わないことも度々ありますので注意する必要があります。
teacher
ロスカット・追証の仕組みが分かったところで、次に、海外FXのゼロカットについて詳しく見ていきましょう。

海外FXゼロカットの仕組み

海外FXゼロカットの仕組み

海外FXでは「ゼロカット・追証なし」が定番となっていて、ネットで海外FXの情報を検索していると、よく目にするかと思います。

ほとんどの海外FX業者が「ゼロカット・追証なし」のシステムを導入しています。

teacher
「ゼロカット・追証なし」だから、海外FXの方が安心だというトレーダーも多いのです。

「ゼロカット・追証なし」とは

「ゼロカット・追証なし」とは

万が一ロスカットが間に合わなくて、残高がマイナスになったとしてもゼロカットがあるから、追証の必要はない、という意味です。

ゼロカットは、残高がマイナスになったとしてもゼロで相殺されるシステムですが、単に取引ツールの数字をゼロに戻してくれるわけではないのですね。

現実には、マイナスの資金が生じているわけで、このマイナス額は海外FX業者が補填してくれているのです。つまり、取引で生じた損失分を海外FX業者が自腹で払ってくれているということです。

ロスカットが間に合わない → 残高がマイナス → 海外FX業者が代わりに支払う → 残高が0 → 追証なし

というのが海外FXの「ゼロカット・追証なし」の仕組みです。

teacher
海外FXではロスカット時のマイナス額に関しては完全に追証なしですが、通常のロスカットへの対応は各自の判断となります。

ロスカット・マージンコールでは放置しておくとロスカットになりますので、注意して下さい。

国内FXの場合

国内FXでは、ゼロカットを導入する業者は今のところありません。

もし、ロスカットが間に合わずに残高がマイナスになった場合は、追証でFX業者に返済しなければなりません。

FXトレードで損しただけでなく、FX業者に借金を負うことになるのです。

なぜ海外FXはゼロカットなのか

海外FXでは、業者が損する可能性があるのに、なぜゼロカットを導入しているのでしょうか。これにはいくつかの理由が考えられます。

理由1.金融商取引法で規定されているから

理由の1つは、海外FX業者が取得している金融ライセンスにて義務づけられているケースあるからです。キプロスのラインセンスを取得する海外FX業者は多いのですが、キプロス(欧州ESMA)では「ゼロカット・追証なし」が義務付けられています。

理由2.トレーダーに取引してほしいから

もう1つの理由は、トレーダーに積極的に取引してほしいからです。海外FXではNDD方式が主流で、業者はスプレッドや手数料で収益を得ています。ゼロカットを提供することで、トレーダーは安心してトレードしてくれます。トレーダーの取引き量が増えると海外FX業者も儲かるのです。

理由3.集客につながるから

そして、日本のようにゼロカットがない国から集客できることも理由として考えられます。ロスカットで借金を負う恐れがあるよりは、当然ゼロカットの方が魅力的です。国内でも、ハイレバレッジだけでなくゼロカットがあることで海外FXを選ぶトレーダーは多いのです。

理由4.実は相対取引だからとの声も

業者が取引に介入しないNDD方式が海外FXでは主流になっているものの、実は相対取引(OTC取引)だからゼロカットでも損しないのだ、という声も一部聞かれています。実際には、100%すべての業者がNDD方式だというわけではなく、国内のように相対取引で対応している業者もあるようです。

teacher
ちなみに、海外FXのNDD方式、国内FXのOTC方式について詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい。

なぜ国内FXはゼロカットがないのか

では、なぜ国内FXではゼロカットがないのでしょうか。

理由.金融商取引法で禁止されているから

国内でゼロカットが採用されていない理由は単純明快。日本では業者の損失補填が金融商品取引法で禁止されているのです。

金融商品取引法 第二節 第三十九条(損失補填の禁止)

なぜ、禁止されているかというと、損失補填は法律では金融業者の行き過ぎた勧誘・宣伝の1つと見なされているからです。

今となっては、がちがちに規制されている国内FXですが、規制される以前は、国内でも悪質なFX詐欺業者が普通に営業していました。損失はカバーするなどと口から出まかせで大金をだまし取るなど、被害に合った消費者が多かったようです。

以来、金融業者の勧誘・宣伝は厳しく取り締まられているのです。

海外FXゼロカットのメリット

海外FXゼロカットのメリット

ゼロカットは海外FXならではのメリットの1つです。トレーダーにとって、ゼロカットが有利となる局面をいくつかまとめてみました。

メリット1.安心してレバレッジがかけれる

効率よく稼げる一方、レバレッジの恐ろしい点は、資金以上の損失額が出てしまうことです。通常はロスカットによって、マイナスになる前に決済されますが、万が一ロスカットが間に合わなかった場合、残高がマイナスになってしまいます。

残高のマイナス額はFX業者への借金です。

しかし、海外FXではゼロカットがあるので、仮に資金を失うことはあったとしても、少なくとも借金をつくる心配はありません。仮に、ハイレバレッジや大きめのロットで、マイナス額が数百万円以上だったとしても、残高はゼロで相殺されます。

安心してレバレッジがかけれることが、ゼロカットの最大のメリットです。

メリット2.強気のトレードができる

もともとロスカット水準が低めの海外FXでは、ロスカットに合ってしまえば、確かに口座残高はほとんどなくなってしまいます。

しかし失う資金は口座に入金している金額のみです。ゼロカットがあれば、それ以上の損失が出る心配がありません。

あえて数万円しか入金しないなど、リスク管理さえしっかり行っておけば、ハイレバレッジで強気のトレードに挑むことも可能です。

思い切って勝負で出れることが、もう1つのゼロカットのメリットです。

国内FXでロスカットが間に合わなかった事例

ロスカットが間に合わないことはあるのか、と疑問に思う方もいるでしょう。

ゼロカットがいかにトレーダーにとって有利となるのか、国内FXでロスカットが間に合わなかった事例をいくつかご紹介します。

2021年3月22日 トルコリラ暴落

2021年3月22日 トルコリラ暴落

2021年3月22日に、トルコリラ円は15.122円から12.580円まで暴落しました。約15%以上の下落で、この日にロスカットが間に合わずに借金を負った投資家が続出しています。

金融先物取引業協会の調査によると、ロスカットの未収金発生口座数(ロスカットで残高がマイナスとなった口座)は、店頭FXで3280件、うち個人が3266件、総額で12億8700万円の損失額が発生しています。

1人あたりの平均は約37万2,000円となりますが、かなり高額な借金をつくってしまったトレーダーもいるでしょう。

他にも、ロスカットでマイナス残高が集中したのは、

などがあります。

teacher
いつどんな要因から相場が暴落するかは、誰にも予測することはできないのです。だからこそ、海外FXのゼロカットはありがたいシステムなのです。

ゼロカットのデメリット・注意点

トレーダーの味方に思えるゼロカットもメリットだけではありません。デメリットや注意点を最後に確認しておきましょう。

損失補填で海外FX業者の倒産リスクが強まる!

ゼロカットは、海外FX業者がマイナス額を補填する仕組みになっています。世界的な暴落にて、マイナス残高でのゼロカットが増えすぎてしまうと、海外FX業者の倒産リスクが強まります。損失補填で財政が厳しくなるからです。

運営実績が長い大手系の海外FX業者は、おそらく急の事態に備えていると思いますが、新規の業者や中小規模の業者だと持ちこたえられない可能性があります。

万が一の時を思えば、グローバルに展開している大手系の海外FX業者が安心です。リーマンショックを切り抜けているかどうかも目安となるでしょう。

ゼロカット保証を撤回した海外FX業者もある!

過去に1度だけ、海外FX業者FXDDがゼロカット保証を撤回した事件がありました。2015年1月のスイスフランショックの時です。

スイスフランショックが起きる以前は「ゼロカット・追証なし」とアピールしていました、暴落後に突如「ゼロカット廃止」を発表したのです。当時利用していたトレーダーはマイナス額がFXDDから請求されることになりました。

他の海外FX業者は打撃を受けながらも、ゼロカットで対応しています。

ゼロカットへの対応を口コミや評判で調べておくことも大切です。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。何かと不安も多い海外FXですが、いざという時には逆に国内FXの方が危険であることがわかりました。

「ゼロカット・追証なし」で取引できる海外FXなら、突然訪れる暴落にも安心して使うことができるのです。

ただし、ゼロカットだからと安心しすぎて普段のリスク管理を怠らないように注意しましょう。ゼロカットは万が一の時には非常に頼もしいシステムですが、ロスカットは通常どおりにスパっと行われます。

ある日、残高を確認したら「ゼロ円」になっていた・・・
teacher
なんてことがないように、こまめに証拠金維持率をチェックするようにして下さい。危ない状態に近づいてきたら、入金するなり、早めに決済するなり、ポジションを減らしたりと、できるかぎりの対策を考えていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

個人投資家、ライター、アナリスト。海外メディアを駆使した市場リサーチが強み。副業トレーダーを経て、フリーランスとして独立。 株式投資、FX、金プラチナ、債券、外貨預金、ETF・投資信託、不動産などの分散投資を得意とする。