海外FXと国内FXを徹底比較

海外FXと国内FXを徹底比較

menber128 128

海外FXと国内FXは何が違うのでしょうか?なかなか体系的にまとめているサイトはありません。そこで、今回は海外FX業者のサービスと国内FX業者のサービスを徹底比較しました。

どちらが自分にあっているのか?悩んでいる方は参考にしてください。

海外FXと国内FX比較

比較項目海外FX国内FX
レバレッジ最大2000倍
平均400倍~500倍
個人25倍
法人200倍
スプレッド国内FXよりは広い狭い
取引方法NDD方式(ノン・ディーリング・デスク)
→STP方式・ECN方式
実際に売買を行い、その手数料を仲介者としてのFX業者が得る仕組み
DD方式(ディーリング・デスク)=店頭取引
→OTC方式
FX業者が胴元として、トレーダーの注文を呑む仕組み。注文通りに実際は通貨の売買が行われない。
FX業者とトレーダーの関係トレーダーの取引量が増えるとFX業者が儲かる
(≒トレーダーが儲かるとFX業者が儲かる)
パートナー関係
トレーダーが損失を被るとFX業者が儲かる
利益相反関係
約定力高い低い
約定拒否なしあり
スリッページECN口座はなし。STP口座はあるが約定力が高いため少ないあり
追加証拠金(追証)なしあり
トレードプラットフォームMT4+その他のプラットフォーム自社開発プラットフォーム
MT4ほぼすべての業者で利用可能一部業者であり
取引の透明性高い。取引に応じた報酬形態・世界標準のMT4利用・ECN取引など低い。自社プラットフォームはブラックボックス
最新のトレードテクノロジー最先端・世界基準海外に遅れて日本は投入。ただし、OTC取引がベースのため最新技術が取り入れられないケースも多い。
税金雑所得→総合課税(累進課税)申告分離課税
システムトレードMT4なのでEAはほぼすべての業者で利用可能一部業者であり
ソーシャルトレード一部業者でありなし
VPSサーバー無料利用一部業者でありなし
ECN口座(板情報・気配値表示)一部業者でありなし
最低入金額100円~1万円程度0円~1万円程度
最低取引量1000通貨が基本(MT4の標準が0.01ロット)
少ない業者では10通貨から
1万通貨が基本
少ない業者では1通貨から
口座開設のスピード10分ほど10分ほど
入金方法海外送金
国内送金(銀行振込)
クレジットカード
国際決済サービス
国内送金(銀行振込)
入金スピードクレジットカードなら即日反映銀行振込みで最短当日反映
入金手数料クレジットカードなら0円、国内送金なら数百円、海外送金なら3,000円程度無料 or 数百円
出金方法海外送金
国際決済サービス
海外FX業者発行のデビットカード(プリペイドカード)
国内送金(銀行振込)
出金スピード国際決済サービスで1日ほど、海外送金は3日~5日ほど銀行振込みで最短当日反映
出金手数料国際決済サービスから日本の銀行での出金であれば1,000円程度
海外送金で直接日本の銀行へ出金する場合3,000円程度
無料 or 数百円
キャンペーン・ボーナス入金額の30%~100%キャンペーンごとに0円~1万円程度
信託保全業者ごとに設定
分別管理・全額信託保全・一定額まで信託保全
義務化
問い合わせ対応日本語
24時間体制
日本語
24時間体制

まとめ

  • レバレッジや約定力、トレーダーとのパートナー関係、最先端の技術、透明性の高いトレードでは海外FXの方が有利
  • 信託保全の義務化、見た目のスプレッドの狭さ、税金の安さでは国内FXの方が有利

という結果と言えます。

レバレッジ規制の有無と同じぐらい大きいのが、FX業者とトレーダーとの関係性です。

  • トレーダーが損するとFX業者が儲かる = 国内FX業者
  • トレーダーが儲かるとFX業者が儲かる = 海外FX業者

という関係になってしまうので、必然的に国内FX業者はトレーダーが儲かるのをなんとか妨害しようとしますし、海外FX業者はトレーダーが儲かるように「アナリストの分析情報を提供したり」「ボーナスで証拠金を増やしたり」「VPSサーバーを無料にしたり」様々な顧客サポートを重視するのです。

小さな違いのように感じてしまいますが、このトレーダーとFX業者の関係がすべてのサービスに影響を及ぼしているのです。

海外FXと国内FXのメリットデメリットを把握したら、まずは両方実際に利用してみながら、どちらが使いやすいのか?自分に合っているのはどちらなのか?を見極めると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です