シストレ・自動売買なら海外FXがおすすめ

シストレ・自動売買なら海外FXがおすすめ

menber128 128FXのシステムトレード(シストレ・自動売買)というのは、自分で取引をするのではなく、一定の売買ルール・法則にしたがって自動的にトレードをする取引手法のことを言います。

FXのシストレのメリットは、FXのプロが作った売買ルール(ストラテジー・EA)を過去の運用成績を元に選ぶだけで、自動的に売買ができることで、常にパソコンの前に張り付いていられないサラリーマンの方などに人気が高い手法と言えます。FXの初心者でも、FXのプロと同等の取引ができるメリットもあるのです。

このシストレ(自動売買)でも、国内のFX業者より、海外のFX業者の方がおすすめなのです。その理由を解説していきます。

理由その1.海外FXのプラットフォーム「MT4」はシストレ仕様

国内のFX業者の場合、取引プラットフォームは独自開発をしているものがほとんどです。独自に開発しているため、システムトレードの機能を持っているFX業者は少なく、あったとしても、ストラテジーを開発するトレーダーが少ない為、選択肢が数百単位しかないのです。

つまり、国内のFX業者の場合、シストレで利益を出すための肝になる「ストラテジー」の選択肢が狭く、勝率が下がらざるを得ないのです。

しかし、海外FX業者の場合は、ほぼすべてのFX業者が「MT4」を取引プラットフォームとして用意しています。「MT4」は世界で一番普及している取引プラットフォームであると同時に、簡単に「EA(エキスパートアドバイザー)=MT4のストラテジー」を開発できるようになっているのです。

そのため、世界中のトレーダーがEA(エキスパートアドバイザー)を日々開発しているのです。無料のEAもあれば、優良のEAもありますが、世界中のEAが選択肢になるため、運用成績の高いEAを見つけられる可能性が国内FX業者よりも格段に高くなっているのです。

シストレで儲けるためには、優秀な「ストラテジー」を見つけて、時期に合わせて予算配分を変更したり、成績が落ちたら別の「ストラテジー」に乗り換えるなどの運用がすべてと言って過言ではありません。だからこそ、「ストラテジー(EA)」の選択肢が世界規模のMT4が使える海外FXがおすすめなのです。

理由その2.海外FX業者によっては「VPS」が無料で使える

VPSというのは、サーバーの種類のことで仮想専用サーバと呼ばれるものです。「別にホームページ作るわけじゃないんだけど・・・」と思う方もいるかと思いますが、シストレではVPSサーバーが不可欠なのです。

なぜなら、シストレで利用するストラテジーの多くは、24時間常時稼働していることを前提に売買ルールが構築されています。会社に行く前だけ、とか家にいるときだけ起動させるのであれば、想定通りの運用成績が残せないことになります。

しかし、家のパソコンを留守中も、寝ている間も24時間起動させておくというのは、現実的ではありません。

そもそも、24時間ずーっとパソコンを起動していたら、パソコン自体が壊れてしまう可能性もありますし、電気代もバカになりません。

そこで登場するのが「VPSサーバー」です。サーバー会社が持っているサーバー上で24時間常時「MT4」などのプラットフォームを起動し続けられるサービスなのです。家のパソコンを動かさずに、24時間ストラテジーを稼働し続けられて、携帯やタブレットで外出先からも簡単に現状の取引状況が確認できるのです。

日本国内では、このFX用のVPSサービスは、月額3000円ほどの費用でいくつかのサーバー会社が提供しています。

しかし、海外FX業者の中には、最低入金額という条件はあるものの無料でこのVPSサービスを利用できるのです。

海外FXならVPSサーバーも無料で使える

理由その3.最先端のソーシャルトレードが使えるFX業者もある

シストレの最新型がソーシャルトレードと呼ばれるものです。

そうです。facebookやtwitterのようにFXトレードをする世界的にも最先端のFXトレード方法と言えるでしょう。

特徴は、コピートレードと言って、運用成績の高い人のトレードをコピーすることができるのです。

コピーした人がエントリーするときに同じようにエントリーして、ポジションを解消するときには同じようにポジションを解消します。つまり、コピーしたトレーダーと同じトレードができるのです。証拠金が同じでなくても、同じ割合でトレードをしてくれます。

シストレの弱点は、「要人の発言」「世界的な突発的事故」で相場が変動した場合に対応できないことと、ストラテジーも古くなる(通用しなくなる)ために入れ替えが必要ということが挙げられます。

しかし、ソーシャルトレードは「人」に対して同じようにトレードをする仕組みなので、「要人の発言」「世界的な突発的事故」でもきちんと状況を把握して対応してくれます。コピートレードをする対象のトレーダーが優秀であれば、ストラテジーが古くなって運用成績が落ちるということもなく、よりノウハウが高くなって運用成績が上がることが想定できるのです。

ソーシャルトレードでコピーをする対象のトレーダーを探す時も、過去の運用成績を比較して探すことができるので優秀なトレーダーも見つけやすいと言えるでしょう。

ソーシャルトレードは日本国内のFX業者で扱っているところはほとんどなく、海外FX業者の方がすすんでいるのです。

海外FXのソーシャルトレード

まとめ

  1. 海外FXはシストレのストラテジーの選択肢が豊富な「MT4」が基本
  2. VPSサービスが条件付きで無料になる海外FX業者がある
  3. 最先端のソーシャルトレードができる

このような理由から、シストレ・自動売買をするシステムトレーダーの方にも、国内FX業者より海外FX業者の方がおすすめなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です