国内FX業者はトレーダーを負けさせるために自社プラットフォームを採用する

国内FX業者はトレーダーを負けさせるために自社プラットフォームを採用する

「国内のFX業者は、トレーダーを負けさせるために自社開発のトレードプラットフォームを開発して、自社独自のシステムでトレードをさせている」というのは本当なのでしょうか?

国内FXと海外FXでは、トレーダーとの関係性が異なる

まず、大前提として当サイトでは何度も解説していますが、国内FXと海外FXでは売買の仕方、注文の仕方に違いがあります。国内FXは相対取引(店頭取引)という取引方法であり、海外FXは電子取引所取引という取引方法を採用しています。

国内FX

国内FXの相対取引(店頭取引)は、実際には注文を行わず、注文を「ノム」、「ノミ」行為をする取引方法です。

トレーダーが外貨を発注しても、実際に外貨を買わないことを意味します。買ったという形で、実際にはそこで儲けが出ればFX業者が持ち出し、損失がでればFX業者の利益になる取引方法なのです。

FXトレーダーが負ければ負けるほど、FX業者が儲かる

のです。

海外FX

海外FXは、電子取引所取引を採用しています。電子取引所取引というのは、実際にトレーダーから注文があった外貨をインターネット上の取引所によって実際に売買するという取引方法です。トレーダーが勝っても、負けても、実際に外貨を購入しているのでFX業者は損をしません。海外FXの業者は、トレーダーの勝ち負けには関係なく、トレードに対する「スプレッド(手数料)」が収入減になります。

FXトレーダーが取引をすればするほど、FX業者が儲かる

のです。FXトレーダーに取引量を増やしてもらうためには、儲けてもらわないといけないということなのです。

国内FX業者は、FXトレーダーに負けてもらうための技をいっぱい投入している

上記のような取引方法の違いがあるため、国内FXの業者は、FXトレーダーにどんどん負けてほしいのです。

ここで一点疑問がありますが、「国内のFX業者はほとんどの業者で自社のトレードプラットフォームを採用しています。」日本でしかFXトレードをしていない人であれば、これが主流という風に思っているかもしれませんが、世界的には異質なトレード環境なのです。

「海外FX業者のほとんどは、コストの安いMT4を採用している」からです。MT4は無料のトレードプラットフォームであり、かつ世界中で多くのトレーダーが独自の指標、独自のEA(自動売買のストラテジー)を開発し、日夜進歩している最高レベルの高機能トレードプラットフォームなのです。

世界的に普及してしまっているMT4は、パソコンに置き換えれば、MAC OSやウィンドウズのようなものです。このOSをFX業者が自社で開発するなんて、海外FXではあまり考えにくいことなのです。1社で開発しても高機能なソフトになることは期待できませんし、開発コストが億円単位で必要になってくるからです。

「なぜ、国内のFX業者は高い開発費を投入して自社のプラットフォームを開発するのか?」

実証はできませんが、自社で開発していれば、自社の都合に合わせていろいろな操作が可能になるからです。もちろんこの操作というのは「トレーダーに負けてもらうための操作」です。

実際の取引市場のレートとは違うレートを表示する

「実際にはトレードしないのだから、違うレートを表示しても問題なし。」というばかりにレートをインターバンク市場のレートとは少しずらして表示する方法です。レートがずれているのだから、トレーダーのプラスにレートが動いたら、実際のレートで約定し、トレーダーが損したら丸儲けという状況ができるのです。これが良く言う「レートずらし」です。

国内FX業者の危ういウワサ「レートずらし」

ロスカット=ストップ注文は、約定させてしまえ

「ストップ注文」は、リスクを限定させるための注文方法で、初心者から上級者まで、どんなFXトレードの本を読んでも、「一回のトレードリスクを限定させるために必ず損切りラインを設定するストップ注文をしなさい。」と書いてあります。しかし、「トレードをしていて、いきなり極端にレートが動き、損切りラインを超えてしまって、数秒後には完全に元のレートに戻っている。レートに急な谷や山ができる現象に遭遇したことはないでしょうか?」。これが「ストップ狩り」です。ストップラインを意図的に崩してしまえば、多くのトレーダーが損切が行われ、損失が確定します。つまり、待トレーダーの負けが確定するのです。国内のFX業者は意図的にレートを操作し、ストップ狩りを行っているというのです。

国内FX業者の危ういウワサ「ストップ狩り」

スリッページを意図的に発生させれば、スプレッドは狭くても儲けは出る

FXというのは非常に特殊なもので、スプレッド(手数料)とは別に注文した価格と約定した価格の価格差「スリッページ」が発生すれば、その価格差もFX業者の利益になるのです。つまり、FX業者にとっては、スプレッドが0.2銭など狭くても、スリッページで1銭ずらすことができれば、それだけで1.2銭の儲けがでてくるのです。

国内FX業者の危ういウワサ「故意のスリッページ」

まとめ

もちろん、立証することはできませんが、そもそも国内のFX業者のビジネス構造が「FXトレーダーが負けることがFX業者の利益になる」ため、いろいろな疑惑がついて回るのです。「今年の売上は昨年対比の1.2倍にするぞ!」となったら、「トレーダーに1.2倍負けさせるぞっ!」と言っているのと同じことです。

健全なパートナー関係とは言えません。これらの不安やリスクを排除するために、業界を知っている大口トレーダーほど海外FXに乗り換えている現状があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です