海外FXの「ゴトー日の仲値トレード」手法は有効か?

海外FXの「ゴトー日の仲値トレード」手法は有効か?

calendar128 128「ゴトー日の仲値トレード」は古くから言われているアノマリートレード手法のひとつですが、これは実際に有効に使えるのでしょうか?

「ゴトー日の仲値トレード」とは

仲値の円安とは

仲値というのは、銀行が外貨に両替するときの為替レートのことです。

銀行が外貨へ両替するときの為替レートというのは、FXとは違って、リアルタイムに変動するものではないのです。毎日その日の9時55分の為替レートを基準にして、その日1日の為替レートが決まるのです。

銀行はできるだけ安くドルを仕入れておいて、高い仲値の水準で1日の外貨両替をこなしたいという思惑があります。そのために9時55分までに大量に米ドルを仕入れておくことで、9時55分の為替レートを押し上げておくという動きを取るのです。

結果として、9時から9時55分の仲値が決まる時間帯までは米ドル/円は上昇傾向になりやすいということなのです。

ゴトー日とは

ゴトー日とは、5の倍数の日と月末のことを言います。

5日、10日、15日、20日、25日、月末

の6日です。

日本国内の輸出関連企業は、5の倍数の日に取引が集中し、決済日になっていることが多い為、米ドルで受け取った商品代金を日本円に両替する取引が急増するのです。

つまり、このゴトー日には、銀行も多く米ドルを仕入れて、両替対応をすることになるので「仲値の円安(ドル高)」傾向が強まることになるのです。

「ゴトー日の仲値トレード」とは

5日、10日、15日、20日、25日、月末の日の9時から9時55分にかけて、米ドル/円は上昇傾向に合わせてトレードをする手法のことを言います。

9時55分からは逆トレンドになることが多い為、ショートでポジションを持つことも、「ゴトー日の仲値トレード」の一種です。

「ゴトー日の仲値トレード」は通用しないという人も多い!

「ゴトー日の仲値トレード」で過去データで検証した人は多くいます。

  • 8時:ロング → 9時30分:決済 結果 9勝11敗2分 +24pips
  • 9:20~10:00 円高率 71%
  • 9:40~9:55 ドル高円安38回 円高ドル安51回
  • ・・・

といろいろな人が検証していますが・・・良いという声も、悪いという声も半々です。

しかし、「ゴトー日の仲値トレード」では、過去の一部の時間帯を抜き出して、円高傾向があるかどうか?のチェックでは正確ではないのです。

というのも

ゴトー日が土日休日の場合は、通用しない。 
→休日だと銀行によって米ドル買いが前日、休み明けに分散する

円高トレンドの場合は、「ゴトー日の仲値トレード」は通用しない。
→強い円高トレンドの場合には、銀行のドル買い圧力ではトレンドを押し返すだけの強さがない

というような「ゴトー日の仲値トレード」が通用しない除外すべき条件というのが多いからなのです。

これを無視して、過去のデータを収集したところで、円高、円安は五分の結果にしかならないのです。

今回は、上記の除外設定を意識したうえで「ゴトー日の仲値トレード」を1か月間検証してみました。

検証条件

  • 5日、10日、15日、20日、25日、月末の日
  • 米ドル/円
  • 円高トレンドの場合は見送り
  • 休日の場合は見送り
  • 上記以外のゴトー日
  • 9:00にロングでエントリー9:55に決済
  • 9:54にショートでエントリー10pips先で決済
  • 10:30までに約定しなければポジション解消
8月10日
graph 150812 5

成功○

9:00 124.387 ロング
9:55 124.470 決済

+11.3pips

成功○

9:54 124.478 ショート
10:30 124.427 決済

+5.1pips

8月5日
graph 150812 4

円高トレンド:見送り

7月31日
graph 150812 3

成功○

9:00 124.045 ロング
9:55 124.182 決済

+13.7pips

失敗×

9:54 124.182 ショート
10:30 124.282 決済

-10.0pips

7月25日

休日:見送り

7月20日

休日:見送り

7月15日
graph 150812 1

成功○

9:00 123.437 ロング
9:55 123.452 決済

+1.5pips

失敗×

9:54 123.478 ショート
10:30 123.493 決済

-1.5pips

結果

  • ロング:6戦 3勝3分0敗 +26.5pips
  • ショート:6戦 1勝3分2敗 -6.4pips

という結果でした。

9時に上昇トレンドでエントリーする方法は、見送るタイミングを間違えなければ、それほど大きいpips数ではありませんが、勝てる可能性がありそうです。

一方、9:54からの反転を狙ったショートによるエントリーは結果が上手く出ていません。

「ゴトー日の仲値トレード」で勝負するのであれば

  • 上昇トレンドのロングでエントリーすること
  • 見送るタイミングを間違えないこと

が重要なのです。

海外FXであれば、ECN口座の板情報、気配値がわかるので上記の精度を上げることが可能です。

ECN口座を駆使した海外FXでの「ゴトー日の仲値トレード」をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です