海外FXデイトレードでおすすめの海外FX業者

デイトレードなら海外FXのハイレバレッジでもロスカットをリスクを抑え、マイナススワップの影響を受けないトレードが可能です。桁違いのレバレッジにて、少額でも短時間でも利益が出しやすいことが海外FXデイトレードのメリット。

ただし、デイトレードなどの短期トレードは約定力やスプレッドに左右されやすいデメリットもあります。

海外FXデイトレードでは、約定力が高く狭いスプレッドの海外FX業者を選ぶことが大切です。
teacher
今回は、海外FXデイトレードのメリットや注意点を最初に解説したうえで、デイトレードでおすすめの海外FX業者をご紹介していきます。なぜおすすめなのかも、詳しく解説していきますので、デイトレードの海外FX業者選びにお役立て下さい。

海外FXでデイトレードはおすすめ?

海外FXでデイトレードはおすすめ?

海外FXは、500倍~1000倍程度のハイレバレッジで取引できることが魅力です。ハイレバレッジでのトレードでは、デイトレードなどの短期トレードが人気があります。

どうしてデイトレードなのかというと、

  • ハイレバレッジのロスカットリスクが低減できる
  • マイナススワップの損失リスクが回避できる

からなのです。

デイトレードは、数10分~数時間程度で売買を行い、30pips~50pips程度の値動きを狙っていきます。基本的にその日のうちに決済するトレード手法です。
ポジションの保有時間が短く、次の日まで持ち越すことがないので、海外FXでデメリットとなるハイレバレッジやマイナススワップの影響を受けづらくなるのです。

他にも、海外FXでデイトレードをするメリットがいくつかあるので詳しく見ていきましょう。

海外FXデイトレードのメリット

海外FXデイトレードのメリットは、

  1. ハイレバレッジで短時間でも稼ぎやすい!
  2. 約定力・スプレッドに優れた業者が多い!
  3. ゼロカットシステムで安心!
  4. マイナススワップが回避できる!
  5. ロスカットリスクが低減できる!

など、大まかに5つあります。

1.ハイレバレッジで稼ぎやすい!

海外FXでは500倍~1000倍程度のレバレッジがかけれます。ECN口座では200倍程度に制限されることもありますが、業者・口座によっては1000倍~3000倍もかけれる場合があります。

最大でレバレッジをかけないとしても、国内FXとは桁違いのレバレッジで取引可能です。

仮に、100倍のレバレッジをかけたとして・・・

  • 1万円の資金 → 100万円分のトレード
  • 5万円の資金 → 500万円分のトレード
  • 10万円の資金 → 1000万円分のトレード
  • 100万円の資金 → 1億円分のトレード

となり、驚異的な金額でのトレードが実現できるのです。

国内FXは最大25倍ですので、1万円で25万円、10万円で25万円、100万円でも2,500万円が限界です。
teacher
ハイレバレッジがかけれることで、少ない資金でも大きなロットで取引ができます。デイトレードのように短時間の取引でも稼げるチャンスがあるのです。

2.約定力・スプレッドに優れた業者が多い!

海外FXで短期トレードが人気があるもう1つの理由は、海外FXではNDD方式が主流だからです。NDD方式では、約定力・スプレッドが充実している傾向にあります。

NDD方式だとなぜ約定力やスプレッドが期待できるのかというと・・・

NDD方式の場合、業者は取引に介入することができず、投資家は直接インターバンク市場にアクセスできる仕組みになっています。業者が取引に介入できない海外FXでは、故意のレート操作やスリッページ、約定拒否が生じないため、有利なレートで約定しやすい環境にあるのです。

約定力が高いということは、必然的に実質のスプレッドも狭くなります。高い約定力と狭いスプレッドにてコストを抑えられるので、デイトレードには有利なのです。

加えて、NDD方式の場合、投資家の利益と業者の利益が比例する関係にあることにも注目です。有利なトレードができるように、約定力などのトレード環境を完備する海外FX業者が多くなるわけなのです。

teacher
ちなみに、国内FX業者はDD方式で呑み取引と呼ばれる方式が主流です。投資家の利益と業者の利益は相反関係にあり、レートずらしストップ狩りなどの噂があるのが現状です。

どんなに狭いスプレッドであっても、約定時には結局はコストがかかってしまう傾向にあります。

NDD方式、DD方式(OTC方式)についてこちらの記事で詳しく解説しています。この機会に軽く読んでおいて下さい。
https://xn--fx-gh4am7z5bb8033f3i9avodhp6j.com/kiso-d38/kaigai-ndd/

3.ゼロカットシステムを採用している!

そして、もう1つ注目しておきたいのが海外FXならではのゼロカットシステムです。

ゼロカットシステムとは、ロスカットが間に合わずに残高がマイナスになった場合でも、海外FX業者がマイナス分を補填してゼロとなるシステムのことです。
teacher
過去のスイスフランショック米大統領選の時には、国内FXではロスカットが間に合わずに負債を抱えた投資家が続出しました。

海外FXならどんなに急激な為替変動があったとしても、残高がマイナスとなり業者に負債をつくる心配がないのです。

4.マイナススワップが回避できる

また、海外FXで多いマイナススワップを心配する必要がないこともデイトレードのメリットです。

デイトレードは数十分から数時間程度しかポジションを保有しません。次の日までポジションを持ち越すことがないので、マイナススワップでも全く関係ないのです。

teacher
マイナススワップを気にする必要がないので、選べる海外FX業者・通貨ペアも幅広くなります。

5.ロスカットリスクが低減できる

そして、海外FXでデイトレードがおすすめとなる一番の理由は、ハイレバレッジによるロスカットリスクが低減できるからです。

短時間で売買するデイトレードでは、動く値幅もある程度限られてきます。ポジションを長く保有しないため、為替変動の影響を受けにくいことがメリットになっています。

teacher
海外FXデイトレードなら、リスクを低減しながらハイレバレッジが活かしていけるので、短時間でも稼ぎやすいトレード手法となるのです。

海外FXデイトレードの注意点

デイトレードが海外FXでおすすめでも、いくつか注意点があるので確認しておきましょう。

  • 急激な為替変動があれば、短時間でもロスカットされる可能性がある
  • 損切りしそびれた場合は、マイナススワップで損失を出すこともある
  • 約定力やスプレッドの条件が悪い海外FX業者もある
teacher
急激な為替変動があれば、わずかな時間でロスカットされる危険性は回避できません。万が一、損切しそびれるとマイナススワップにて損失が拡大する恐れがあるので注意が必要です。

また、約定力やスプレッドの条件は海外FX業者ごとに異なります。高い約定力・狭いスプレッドで定評がある海外FX業者を選ぶことが、デイトレードで成功するためのコツです。

海外FXのSTP口座とECN口座

海外FXのSTP口座とECN口座

海外FXデイトレードで短時間でもしっかり稼いでいくためには、先述したように約定力・スプレッドの条件がよい海外FX業者を選ぶ必要があります。

そこで、海外FXデイトレードを始める前に理解しておきたいのがSTP口座とECN口座の違いです。

  • STP口座 → 海外FXのスタンダード口座/スプレッド広め・手数料無料
  • ECN口座 → 海外FXの別口座/スプレッド狭め・手数料有料
man
以前から、海外FXには手数料有料の口座があるなって気になっていたんだ。
man
手数料はできるだけ無料の方がコストはかからないんでしょ?
teacher
などと疑問に思っていた方は多いのではないでしょうか。

STP口座とは

STP口座とは

STP方式を使った口座のことです。STPとは「Straight Through Processing」を略したもので、海外FX業者を介さずに直接インターバンク市場に注文できるシステムことをいいます。

市場に流れた注文は、海外FX業者が提携する金融機関の価格レートから一番有利なレートにて自動的に注文が確定する仕組みになっています。

STP口座の特徴

手数料は無料でも海外FX業者への手数料がスプレッドに上乗せされるため、スプレッドが広めの設定となるのが特徴です。

海外FXで手数料無料の口座といえば、口座の名称は色々異なりますが、一般的にSTP口座のことを指しています。

手数料が無料で、スプレッドが広めになる口座はSTP方式の口座と覚えておくとよいでしょう。

ECN口座とは

ECN口座とは

ECN方式を使った口座のことです。ECNとは「Electronic Communications Network」 を略したもので、インターバンク市場の電子取引所で売買できるシステムのことをいいます。

ECN口座では、株式取引のように市場参加者同士で直接売買できる仕組みになっています。

ECN口座の特徴

ECN口座は、手数料が別で課金されるためスプレッドが狭くなることがメリットとなっています。

とくに約定力に力を入れている業者では、LP/リクイデティプロバイダーの数も多く、性能が高いシステムを採用しているため、かなり有利な価格で約定しやすい傾向にあります。

ECN口座の手数料の相場
  • 片道3.5ドル/Lot ~ 片道5.0ドル/Lot
手数料が有料でスプレッドが狭くなる口座は、大抵はECN方式が使われていると判断できます。

STP口座とECN口座の違い

STP口座とECN口座の大きな違いは手数料とスプレッドの関係です。

  • STP → 手数料無料でもスプレッドが広い → トータル的なコストがかかりやすい
  • ECN → 手数料有料でもスプレッドが狭い → トータル的にはコストが安くなりやすい

というように、手数料無料に慣れている多くの投資家にとって「手数料有料よりは無料の方がいいに決まっている」と思いがちなのですが、結果的には手数料を払うECN口座の方が低コストとなるケースが多いのです。

デイトレードではECN口座も選択肢に入れておきたい

デイトレードでは短時間で売買するため、低コストとなるECN口座の方がトレードには有利なのです。
teacher
海外FXのデイトレードに慣れてきたら、ぜひECN口座の利用も検討していきましょう。以下の記事ではECN口座について詳しく解説していますので参考にして下さい。

デイトレードに適した海外FX業者の選び方

デイトレードに適した海外FX業者の選び方

デイトレードで稼ぐためには、約定力が高く実質スプレッドが狭い海外FX業者を選ぶことが重要なポイントです。

とくに重視すべきなのは、スプレッドよりも約定力です。
なぜなら、どんなにスプレッドが狭くても約定力が劣ると実質のスプレッドは広がりやすいからです。約定力に優れた海外FX業者を選ぶことによって、結果的には注文確定時の実質スプレッドは狭くなることが期待できます。

約定力が高い = スプレッドが狭くなる = 低コスト

というように、約定力の高さから結果的にはデイトレードで稼ぎやすい条件が整うわけですね。

約定力が高い海外FX業者の特徴とは

約定力が高い海外FX業者の特徴は、

  • サーバーの質と数 → 大規模な大手インフラのサーバー・数が多い
  • 注文処理システムの質 → 最新ITシステムで高度な性能
  • LP/リクイデティプロバイダーの質と数 → 大手LP・数が多い
  • 約定力に関する情報 → 約定率・約定スピードなどの情報が多い

などを挙げることができます。

海外FX業者によって、ボーナス・キャンペーン、約定力、スプレッド、商品数など力を入れているサービスが異なります。約定力に力を入れている業者の場合は、約定力に関する情報が多いことが特徴です。
teacher
約定力の情報が乏しい・少ない場合はあまり期待できないと判断することができます。約定力の情報がどれだけ確認できるのかを1つの目安にするといいでしょう。

デイトレードでおすすめの海外FX業者

デイトレードでおすすめの海外FX業者

それではデイトレードでおすすめの海外FX業者をご紹介していきます。

AXIORY

AXIORY

口座の種類ナノスプレッド口座/MT4/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.30
最小スプレッド
米ドル/円
0.10
平均スプレッド
米ドル/円
0.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当

まず、初心者~上級者まで幅広い投資家層に迷いなくおすすめしたいのが、国内でも知名度が高いAXIORYです。AXIORYは、約定力とスプレッドの狭さではトップを争う海外FX業者の1つで、完全信託保全を採用するなど安全面でも高く評価されています。

最近は、入金ボーナスキャンペーンも時々開催、株式CFDや現物株式の取り扱いを始めたりとサービス内容が充実してきていることも魅力になっています。独自で提供する日本時間インジケーターや分析ツールも豊富。トレードを支援する体制が整っているのが嬉しいですね。

STP口座の「スタンダード口座」とECN口座の「ナノ口座/テラ口座」から選択可能です。トレードプラットフォームはMT4、MT5、cTraderが使えることもAXIORYの特徴です。

AXIORYの約定力 おすすめポイント

  • 約定率99.99%
  • 1/1000秒にこだわった約定スピード
  • 世界最大のITインフラ、EQUNIX社を採用
  • 世界各主要国、東京にもサーバーを設置
  • Tier1クラスのLPを採用

AXIOYは、約定力の高さをトレーディングの重要な要素と見なし、約定の正確性と迅速性の向上に力を入れています。

約定スピード、スリッページ率の実測データを、毎月公式サイトにて公開しています。約定スピードの平均は140ミリ秒~170ミリ秒、毎月のスリッページ率の平均は0.0pipsが60%以上を維持しています。

具体的な約定データが確認できることから、透明性が高く納得の約定力を期待することができます。
teacher
ENC口座は東京サーバーが使えます。海外FXで起こりがちな地理的遅延を防ぎ、より高度な約定力にて低コストのデイトレードが実現できるでしょう。

TitanFX

TitanFX

口座の種類Zeroスタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.33
最大レバレッジ500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピード
最低入金額2万円相当

そして、約定力・スプレッドと最高水準のトレード環境を求める方には、有無をいわさずTitanFXをおすすめします。Titan-FXはボーナスやキャンペーンなどは一切行わずトレード環境の質の高さのみで勝負している海外FX業者です。

スキャルピング、デイトレードと、短期トレードを極める中級者以上の投資家から熱く支持されている海外FX業者です。TitanFXを一度使うと、もう他の業者は使えないといわれいるほどの最速スピードの約定力と業界トップレベルのスプレッドの狭さを実現しています。

TitanFXではSTP口座の「ブレード口座」と、ECN口座の「ゼロブレード口座」から選択できます。

TitanFXの約定力 おすすめポイント

  • ミリ秒単位での約定スピード
  • 世界最大の大手ITインフラ、EQUINIX社を採用
  • 世界主要金融街にサーバーを設置
  • 最新ITテクノロジー・ゼロポイントを採用
  • 多数の大手LPと提携

TitanFXの強みは、業界最狭クラスのスプレッド、リクオートなしでスピーディなECN約定、高度な最新技術を駆使したトレード環境にあります。

TitanFXが採用するゼロ・ポイントシステムとは、1秒あたり数百万回の比率で全ての可能な価格レートを、一瞬で比較するシステムのことです。かぎりなくゼロに近いスプレッド、レイテンシー・ゼロが実現できることからゼロ・ポイントシステムと呼ばれています。

70種類以上の通貨ペア、株式指数、貴金属、仮想通貨などが高度な約定システムを介して有利に取引できます。
teacher
NYウォール街の世界最高クラスのエリアに主要サーバーを構えています。ミリ秒単位で、世界の大手LPとの距離感ゼロが実感できると好評です。

TitanFXの口座開設はこちらから

LAND-FX

LAND-FX

口座の種類スタンダード口座/MT4/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.10
平均スプレッド
米ドル/円
1.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202ms
最低入金額2万円相当

最後に、LAND-FXの存在ぬきに海外FXの約定力・スプレッドは語れないといっても過言ではありません。LAND-FXは群をぬく約定力の高さ・業界1、2位を争うスプレッドの狭さで手堅い人気を集めている海外FX業者です。

ロンドンの本社では、世界でも審査基準が厳しいことで有名な英国/FCAの金融ライセンスを取得しています。安全性・信頼性が高いため安心して使えることや、入金ボーナス、デモトレードコンテストとサービス面とのバランスが取れている点でもおすすめです。

LAND-FXでは、STPの「LPボーナス口座」「Live口座」と、ECNの「ECN口座」から選択可能です。

LAND-FXの約定力 おすすめポイント

  • 0.035秒の高速約定スピード
  • EQUINIX社など複数の大手ITインフラと提携
  • 圧倒的に多いサーバー数
  • 極めて狭いスプレッドを実現
  • 多数の大手LPと提携

LAND-FXは、EQUNIX社だけでなく、PrimeXM、Amazon、RousTechと世界有数のITインフラと提携していることが最強のメリットとなっています。

地理的要因によってレイテンシーが生じることは、トレード戦略や利益を大きく左右するとのこと。LAND-FXでは、レイテンシーを回避するために世界最高水準のネットワークの形成に努めています。

世界中どこから取引しても満足の約定力が提供できるように、アジア周辺だけでも東京を含め6か所にサーバーを完備しています。ECN口座では東京サーバーにて、快適なトレード環境が期待できます。

teacher
提携先のLPには、Bank of America、JPMorganChase、Deutsche Bankなど世界の大御所が揃っています。公式サイトにてLP情報を公開していることも信頼性を高める要素となっています。

LAND-FXの口座開設はこちらから

以下の記事では、海外FXデイトレードで稼ぐためのトレード手法をご紹介していいます。合わせて参考にして下さい。

まとめ

まとめ

今回は、海外FXデイトレードのメリットや業者の選び方を解説しながら、おすすめの海外FX業者をご紹介いたしました。

以上、3社の海外FX業者は約定力とスプレッドにおいては業界トップクラスのレベルにあります。国内でも知名度があり、評判がよい海外FX業者です。

比較的に小さな値動きで売買していくデイトレードでは、いかにコストを抑えるかが勝率を左右していきます。

teacher
ECN口座の方が間違えなくコスト低減が狙えますが、手数料有料に抵抗を感じる投資家も多いでしょう。今回ご紹介した海外FX業者であれば、スタンダードなSTP口座でも十分に満足できる約定力とスプレッドが期待できます。

少しでも低コストで有利なデイトレードが実現できるよう、今回の記事を参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します! これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。 職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。