海外FX長期投資で稼ぐおすすめトレード手法

海外FXといえば、ハイレバレッジの短期トレードでサクっと効率よく稼ぐイメージがあります。100倍、200倍、500倍のハイレバレッジをかけた場合、長期で保有するにリスクが高すぎるため、デイトレードやスキャルピングを選ぶ投資家が多いようです。

しかしながら、海外FXでもやり方さえ慎重にすれば普通に長期投資で稼ぐことは可能です。長く保有すると金利がついたりポイントが貯まったりとプラスアルファのメリットもあります。ただし、海外FXの長期投資ではハイレバレッジの取引はおすすめできません。

海外FXの長期投資とは外貨預金のような感覚で、地道にコツコツ時間をかけて稼いでいく方法です。
teacher
今回は海外FXの長期投資で稼ぐおすすめのトレード手法を徹底的に解説していきます。成功のポイントを1からお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

海外FXの長期投資で稼ぐ!

海外FXの長期投資で稼ぐ!

ハイレバレッジがかけれる海外FXでは、デイトレードやスキャルピング、長くても数日程度のトレードが主流です。海外FX業者はスプレッドで収益を上げているため、短期トレードを推奨する業者や短期トレード向けのツール・サービスが充実している業者が多いのが特徴です。

ハイレバレッジは危険だといわれながらも、数100倍のレバレッジにて海外FXでトレードされているのは、その多くが短期トレードにてリスクコントロールをしているからなのです。
teacher
では、そもそも長期投資とはどのようなトレード手法になるのか、短期トレードと比較しながら見ていきましょう。

長期投資とは

長期投資とは、まさに投資です。

数か月後・数年後の大きな利益を期待して長期的視野で資金を投じます。ここには単なる利益だけでなく、資金を投じた通貨・国が成長拡大するのを事前に予測する、投資家としての醍醐味があります。

  • あんなに安かったのに
  • ここまで下がりきったのに
  • 誰も予想しなかったのに

といった金融商品に、長い時間をかけて取り組むのが長期投資です。1,2年以上はポジションを保有するのが一般的です。(投資家によっては数か月でも長期とみなす場合もあります。)

数年後に晴れて価格が上昇した時には、

  • 必ず上がると思った!
  • きっと成長すると思った!
  • 一時はかなり心配したけど、自分の読みは間違っていなかった

というように、時間をかけて取り組むだけに後で得られる喜びもひとしおに大きいといえるのです。

有名な長期投資家には、ウォーレン・バフェット氏がいますね。彼は今でこそ、AppleやMicrosoftなど世界的に有名な企業に投資をしていますが、当初は誰も見向きもしなかったような株・誰も買わなかったような株を最安値の時期に購入してコツコツと稼ぎ基盤を作っていったのです。

teacher
ちなみに、長期投資の極意を学びたい方はウォーレン・バフェットの本がAmazonから購入できます。
Amazonで本を購入したい方はこちらから

短期トレードとは

一方、短期トレードとは数分~数時間、数日程度で売買を行う手法のことをいいます。先述したように投資というよりはその時その時が勝負となるトレードに近いので、購入したものが旬のうちにサッサと手早く売却して利益を得ていきます。

デイトレードやスキャルピングがこれに該当します。

ファンダメンタルの要素も重要とはなるものの、短期的なテクニカルを読むことが欠かせない手法となります。大切なのは、この後数分後、数時間後にどう動くかであって、数日後や数年後の結果などは視野に入れません。正直いって、1週間後や数か月後にどうなるか、その通貨の長期的な将来性などは考慮はするものの、あまり深くは考えないものです。

長期トレードと短期トレードを比較

トレード手法 期間 値幅 特徴
長期投資 数か月、1年~数年 500pips~1000pips以上 長期的な視野で将来性を計る
短期トレード 数分~数時間、数日 10pips~50pips程度 数分後、数時間後の値動きを読む

長期投資の場合は、長い期間ポジションを保有していくので、あまり小さな値動きは気にしないことが特徴です。時間をかけて待つことで、500pips~1000pips以上と大きな値動きを狙っていきます。

短期トレードの場合は、短時間で小さな値動きにて確実に稼いでいくのが特徴です。10pips~20pips程度で利確するのが一般的で、スキャルピングでは5pips程度で利確することもあります。

長期投資のメリット・デメリット

メリット

長期的な視野で通貨の値上がりを期待する長期投資は、半ば放置状態でも稼げるのが大きなメリットです。まめにチャートがチェックできない忙しい方でも取り組むことができます。スワップポイントが得られることもメリットの1つです。

デメリット

しかし、エントリーのタイミングが肝心となり、そう度々トレード機会があるわけではありません。また、基本的にレバレッジは低めにする必要があるため、一定以上の資金がないとあまり稼げないことがデメリットです。

短期トレードのメリット・デメリット

メリット

短時間で売買する短期トレードでは、利益は小さくなりがちですが、その分損切りさえ徹底するなら損失も小さく抑えていけます。つねにトレード機会にあふれていて短時間の取引を繰り返して、毎日でも一定の利益が得られることがメリットです。

デメリット

短期トレードでは損切りルールを守るのが最大の難関だといえます。長期的なチャートの動きを視野に入れつつも、数分・数時間の相場動向にてエントリーするため、損切りしそびれた時にはトレンドが劇的に変わり大きな損失を出すリスクがあります。

海外FXで長期投資はどうなのか

実は、海外FXで長期投資を始める前に抑えておきたい注意点があります。海外FXは長期投資には不向きな条件がいくつかあります。

  • スワップポイントがマイナスとなるケースが多い
  • 長期トレードではハイレバレッジは危険
  • 選べる海外FX業者、通貨ペアが限られてくる

スワップポイントに注意

海外FXの長期投資で、一番注意すべきことがスワップポイントです。

国内FXでは、保有するだけでスワップポイントがつく通貨ペアが結構たくさんあります。スワップトレードで利益を得ている投資家もいるぐらいで、スワップポイントが充実しているのが国内FXの特徴です。

しかし、海外FXではほとんどの通貨ペアがマイナスのスワップポイントとなります。つまり、保有しているだけで毎日スワップポイントが残高から差し引かれてしまうわけです。

ごく限られた海外FX業者にて、一部の通貨ペアのみプラスのスワップポイントとなるので、選べる業者や通貨ペアが限られてしまうことに留意しておく必要があります。

ハイレバレッジは危険

短時間しかポジションを保有しない短期トレードでは、海外FXのハイレバレッジにて大きなロット数で有利なトレードができます。しかもゼロカットシステムが採用されているので、海外FXはハイレバレッジの短期トレードには抜擢なのです。

長期トレードの場合は、短くても数か月以上はポジションを保有していきますので、想定される値幅も広くなりハイレバレッジは危険です。知らないうちにロスカットされる恐れがあります。長期投資では海外FXのレバレッジは無意味といって過言ではなく、レバレッジは最小限に抑えておく必要があります。

海外FXで長期投資するメリットは十分にある!

以上のような注意点がいくつかありますが、海外FXでも長期投資するメリットは十分にあります。

  • 驚異的なスワップポイントがつく通貨ペアもある
  • ボーナスやポイントがつく海外FXもある
  • 長期的に大きな利益が狙っていける
teacher
詳しくはこれから解説していく「長期投資トレード手法」にて述べていきます。海外FXでも慎重にトレードするなら、全く問題なく長期投資に取り組めることだけ、まずは理解しておいて下さい。

海外FX 長期投資トレード手法!

海外FX 長期投資トレード手法!
teacher
それでは、「海外FXの長期投資トレード手法」を全くの1から徹底的に解説してきます。順番に見ていきましょう。

1.マイペースでじっくり時間をかけて取り組もう!

1.マイペースでじっくり時間をかけて取り組もう!

長期投資を始める方に最初にお伝えしておきたいのは、決して慌てて始めないことです。

早くポジションを持ちたくて、早く投資を始めたくて、エントリーを急ぐ方もいるかもしれません。長期投資は通貨ペアの選択やエントリーのタイミングをじっくりと時間をかけて検討することが成功のコツです。

多少のレートの違いはあまり関係ありませんので、急がなくても最適なエントリーのタイミングは必ずきます。それぞれのペースで長期投資の準備をしながら慎重に余裕を持って進めていきましょう。

チャートの見方、基本的なテクニカル分析、各国の経済情報、通貨ペア選びに海外FX業者選び、実際にトレードを始める前にはやっておくことがたくさんあります。

しっかりと準備をしておくことが、トレードに勝つ最上のテクニックです。長期投資は時間に余裕を持って取り組めることが他のトレード手法にはないメリットです。楽しみながら長期投資の計画を立てていけます。

長期投資に取り組む際の注意点

海外FXを始める方で全くの初心者はあまりいないと思いますが、最低でもFXや為替取引の仕組みは理解しておくようにしましょう。

2.海外FXのスワップポイントの仕組みを知ろう!

2.海外FXのスワップポイントの仕組みを知ろう!

海外FXで長期投資を始めるにあたって、まず抑えておきたいことは「海外FXのスワップポイントの仕組み」です。海外FXでは、国内FXのようにスワップがプラスでつくケースは少なくなります。国内FXの感覚でポジションを保有してしまうと、思いがけないマイナススワップの損失に慌ててしまうことがあります。

とくに長期投資の場合は長くポジションを保有していくので、海外FXのスワップポイントの仕組みをしっかり押さえておく必要があります。

ここで、海外FXのスワップポイントについて詳しく解説していきます。

海外FXではマイナススワップが当たり前

海外FXではほとんどの通貨ペアにてマイナススワップが設定されています。

一部の海外FX業者では限られた通貨ぺアでプラスとなる場合もありますが、主要通貨ペアの場合、プラスでスワップポイントがつくのはごく稀です。

メジャー通貨のスワップポイント
海外FX業者 ポジション USDJPY AUDJPY NZDJPY EURJPY GBPJPY EURUSD GBPUSD
XM ロング -1.99 -3.03 -2.61 -4.88 -3.12 -3.86 -4.05
ショート -4.05 -3.73 -3.71 -2.28 -5.22 -0.86 -3.55
AXIORY ロング -2.06 -1.21 -1.31 -3.91 -3.43 -4.99 -4.81
ショート -4.06 -2.01 -1.76 -1.16 -5.75 0.43 -3.48
TitanFX ロング -1.95 -1.31 -1.33 -0.74 -3.91 -3.82 -3.81
ショート -4.21 -1.95 -1.78 -4.37 -5.31 -0.77 -4.49
GemForex ロング 0.21 1.14 1.91 -1.21 -1.91 0.24 -1.91
ショート 0.28 -7.66 -7.91 -1.52 -4.51 0.25 -4.52
LAND-FX ロング -0.68 -0.68 -0.79 -0.98 -1.05 -0.72 -0.89
ショート -0.88 -0.63 -0.68 -0.78 -1.06 -0.97 -0.84
HotForex ロング -1.50 -2.50 -1.20 -4.70 -2.70 -5.00 -3.50
ショート -3.50 -3.00 -4.80 -1.80 -5.40 -0.70 -3.20
FBS ロング -2.31 -2.18 -1.68 -6.91 -3.41 -6.37 -4.35
ショート -4.34 -4.14 -4.81 -2.75 -5.56 -0.69 -3.87
Tradertrust ロング -1.90 -2.94 -2.11 -4.22 -3.11 -5.10 -4.32
ショート -3.40 -3.81 -3.62 -1.65 -4.92 -0.40 -3.21
BigBoss ロング 0.30 1.44 1.11 -2.51 -1.12 1.80 -10.40
ショート -10.6 -7.66 -7.19 -3.61 -9.60 -10.4 3.20
IS6FX ロング 0.53 1.77 3.12 -2.41 -1.23 -4.21 -3.73
ショート -3.46 -8.59 -10.11 -0.93 -4.94 -1.28 -2.65

※1ロット(10万通貨)あたりのスワップポイント

teacher
というように、海外FX業者・通貨ペアによってはプラスとなる場合があるものの、選択肢がかなり少ないことがわかります。

大抵の海外FX業者では公式サイトにて毎日のスワップポイントが公開されています。MT4の通貨ペアの詳細からも調べることができます。

◎MT4でスワップポイントを調べる方法

気配値一覧表の通貨ペアの上で右クリック、メニューから「仕様」を選択するとスワップポイントが表示されます。

◎MT4でスワップポイントを調べる方法
◎海外FXのスワップポイントの計算方法

スワップポイントを金額で計算する方法は、

円の通貨ペア

取引通貨数 × 0.0001 × スワップポイント = スワップの金額

円以外の通貨ペア

取引通貨数 × 0.00001 × スワップポイント = スワップの金額

teacher
続いて、マイナー通貨ペアのスワップポイントを見ておきましょう。
マイナー通貨のスワップポイント
海外FX業者 USDTRY USDZAR EURTRY EURZAR USDRUB USDMXN USDCNH
XM -669.2 -27.5 -820.2 -359.49 -212.18 -420.13 -11.9
200.50 6.05 255.9 104.61 8.82 119.87 1.9
AXIORY -468.2 -233.17 -572.15 -317.05 -1830.05 -357.73
409.28 96.83 493.19 163.75 1116.07 175.37
TitanFX -536.62 –253.71 -640.16 -261.02 -1277.81 -30.71 -48.76
321.35 118.32 395.11 154.34 654.59 14.67 -77.05
GemForex -145.90 -6.72 -465.48 -196.74 -6.11
30.80 1.14 107.51 33.29 0.00
LAND-FX -47.71 -53.63 -82.05 -50.89 -45.41 -74.81 -13.73
-21.71 -14.75 14.92 -21.39 -15.07 9.19 -8.83
HotForex -432.20 1.00 -381.00 -300.00 -310.00 -29.70
-14.10 -1.70 48.90 -64.300 -25.00 -6.30
FBS -38.16 -16.36 -43.11 -96.53 -17.32 -9.54
1.12 5.31 1.59 -118.12 10.88 -1.81
Tradertrust -794.11 -282.38 -836.42 -322.55 -1214.45 -360.44 -243.56
60.44 74.16 69.71 166.52 48.99 132.23 -50.70
BigBoss -410.44 6.01 -184.59
256.26 -27.29 5.41
IS6FX -110.11 -144.18 -411.08 -229.81 -6.65
49.06 33.11 186.47 54.29 -1.65

※1ロット(10万通貨)あたりのスワップポイント

teacher
となり、マイナー通貨の場合は逆に驚くほどスワップポイントがつくケースもあります。

例えば、AXIORYのUSDRUBのショートは、保有するだけで1116.07ポイントもつきます。金額にすると1日で1万1,160円もつくのです。

というように、

海外FXのスワップポイントはマイナススワップが当たり前で、長期投資には不利となるケースが多くなりますが、驚異的なスワップつくケースもあります。長期投資で海外FXを利用する場合は、業者選び・通貨ペア選びが最も重要なポイントとなってくるのです。
teacher
海外FXのスワップポイントについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

海外FXスワップポイントの注意点

スワップポイントは定期的に変更されますので、若干の違いは出てきます。必ずトレード前に確認するようにして下さい。とくに水曜日は3倍のスワップとなるので注意しましょう。

3.長期投資に適した海外FX業者を選ぶ!

3.長期投資に適した海外FX業者を選ぶ!

海外FXではプラスでスワップポイントがつくケースが少ないことがわかりました。スワップポイントで見ると海外FX業者は3つのタイプに分かれます。

  1. プラスのスワップポイントは全く期待できない海外FX業者
  2. メジャー通貨ペアでプラスのスワップポイントがつきやすい海外FX業者
  3. マイナー通貨ペアでプラスのスワップポイントがつきやすい海外FX業者
海外FXで長期投資をするには、プラスのスワップポイントがつきやすい海外FX業者を選ぶことが大切です。
  • メジャー通貨で長期投資を行いたい方は、メジャー通貨でスワップポイントがつきやすい海外FX業者を選ぶようにします。
  • マイナー通貨で長期投資を行いたい方は、マイナー通貨でスワップポイントがつきやすい海外FX業者を選びます。

メジャー通貨とマイナー通貨とそれぞれ、長期投資をするにあたってスワップポイントでおすすめの海外FX業者をご紹介していきます。

メジャー通貨でおすすめの海外FX業者

GEMFOREX
GEMFOREX

GEMFOREXはメジャー通貨にて、比較的にプラスのスワップポイントが多い海外FX業者です。新規口座開設すると、入金不要で2万円のボーナスがもらえます。さらに100%入金ボーナスを定期的に開催しているので、タイミングをみて入金するとボーナスで資金が2倍に増えます。

  • USDJPY → ロング/0.21
  • AUDJPY → ロング/1.14
  • NZDJPY → ロング/1.91
  • EURUSD → ロング/0.24

マイナー通貨でも、他社に比べると低めですがプラスになる通貨ペアがいくつかあります。

BigBoss
BigBoss

BigBossは時期にもよりますが、メジャー通貨のスワップが充実している海外FX業者です。他にもプラスでつく通貨ペアがいくつかあります。長期投資にはあまり関係ないですが、約定力と狭スプレッドのECN口座で定評がありますので、BigBossの2つの口座を長期と短期で使い分ける方法もあります。

  • USDJPY → ロング/0.30
  • AUDJPY → ロング/1.44
  • NZDJPY → ロング/1.11
  • EURUSD → ロング/1.08

マイナー通貨でもUSDTRYのショートなら256.26と高いスワップがつきます。

IS6FX
IS6FX

IS6FXはUSDJPYのスワップが一番高めで、オセアニア系のスワップが高めなのが特徴です。新規口座開設ボーナス、入金ボーナスももらえます。サイトがシンプルでわかりやすく日本語サポートも充実していて初心者でも使いやすい海外FX業者です。

  • USDJPY → ロング/0.53
  • AUDJPY → ロング/1.77
  • NZDJPY → ロング/3.12

マイナー通貨では、EURZARで186.47、USDMXDが54.29のスワップです。

マイナー通貨でおすすめの海外FX業者

AXIORY
AXIORY

AXIORYは、マイナー通貨のスワップポイントがかなり高めに設定されている海外FX業者です。信託保全を提供する数少ない業者の1つでもあり、長期的な運用でも安心して取り組めるのが大きなメリットです。約定力やスプレッドでも定評があり、短期トレードとの併用もおすすめです。

  • USDTRY → ショート/409.28
  • EURTRY → ショート/493.19
  • EURZAR → ショート/163.75
  • USDRUB → ショート/1116.07

USDRUBのショートはとくに驚くほど高いスワップです。プラスのスワップがつく通貨ペア数が多いのが特徴です。

TitanFX
TitanFX

TitanFXもマイナー通貨のスワップが充実していておすすめです。世界最大級のEQUNIX社のサーバーを採用していて、高い約定力に最狭スプレッドと高度なトレード環境にて人気を集めています。長期投資にはSTP口座を使い、短期トレードでECN口座を使う方法もあります。

  • USDTRY → ショート/321.35
  • EURTRY → ショート/395.11
  • EURZAR → ショート/154.34
  • USDRUB → ショート/654.59

他にも、プラスでつくマイナー通貨ペアがいくつかあります。

XM Trading
XM Trading

XMもマイナー通貨ペアの長期投資で利用したい海外FX業者の1つです。XMは国内で一番人気・知名度が高い海外FXなので、長期投資でも安心して使うことができます。新規口座開設ボーナスや入金ボーナスも充実。XMではポジションの保有期間に応じてポイントが貯まるメリットがあります。

  • USDTRY → ショート/200.50
  • EURTRY → ショート/255.90
  • EURZAR → ショート/104.61
  • USDMXD → ショート/119.87

その他のマイナー通貨ペアのスワップは低めですが、プラスでつくものが多いです。

長期投資で海外FX業者を選ぶ注意点

上記でご紹介した海外FX業者は比較的に信頼性が高く、安心して使える海外FX業者です。しかしながら、海外の業者であることに変わりはないため多少のリスクがあることを考慮しておきましょう。

4.スワップフリー口座を使う方法もある!

4.スワップフリー口座を使う方法もある!

海外FXの長期投資では、通貨ペアの選択肢がかなり狭くなることがデメリットです。プラスのスワップがつく通貨ペアから長期で投資したいと思える通貨がない方もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、スワップフリー口座を使う方法です。

スワップフリー口座とは「イスラム口座」のことで、「イスラム口座」は宗教上の関係からあえてスワップがつかない口座なのです。すべての通貨ペアがスワップフリー(スワップなし)で取引可能です。

一部の海外FX業者では、イスラム教徒向けに「イスラム口座」を提供しています。日本人でも、名目上イスラム教徒だと称することで「イスラム口座」を開設することができます。

イスラム口座の特徴

イスラム教では、アルコールやギャンブルが厳しく禁止されていて、金融商品でも利子がつく商品の取引が禁じられています。そこで、イスラム教徒向け向けに、利子が発生しないイスラム口座が存在するのです。

利子とは、すなわちスワップポイントのことです。イスラム口座ではスワップ以外は通常のFX口座と全く同じ条件にて取引が可能で、どの通貨ペアでも、取引量にかかわらず一切スワップなしで取引できるようになります。

イスラム口座を使うことで、通貨ペアの選択肢がぐっと広がるのです。

イスラム口座が開設できる海外FX業者

イスラム口座が日本人でも開設できる海外FX業者は、

があります。他にもイスラム口座はあるのですが、別途で手数料が課されるためスワップフリーを使う意味がありません。

上記3社なら、用意できる書類次第では開設可能で別途手数料は生じません。(※ただし、スプレッドは広めの設定になります)

FBSが最も簡単でハードルが低いといわれています。カスタマーサポートにメールで連絡するだけで開設できると評判です。

イスラム口座の開設に必要な書類

イスラム口座の開設にあたっては、Swap Free Agreement/スワップフリーアグリーメントにサインする必要があります。書式をダウンロードして、メール添付で送信します。

他にも、モスリン証明書(イスラム教であることが証明できる書類)の提出、イスラム圏の住所証明などが求められる場合があります。イスラム教は日本でも入信可能で、モスリン証明書を取得することができます。ただ、そこまでする必要があるかどうかは本人の判断によります。

スワップフリー口座の注意点

手数料なしのスワップフリー口座(イスラム口座)が簡単に開設できるのは、結局のところFBSしかないようです。その他の海外FX業者に関しては、申し込んでみないと開設できるかどうかは、海外FX業者の判断にもよるため微妙だといえます。

5.スワップポイントがつく通貨ペアを選ぶ!

5.スワップポイントがつく通貨ペアを選ぶ!

長期投資に最適な、スワップポイントがプラスでつきやすい海外FX業者を選んだら、次にすることは通貨ペア選びです。

海外FXでプラスのスワップポイントがつく通貨ペアをご紹介していきます。

プラスのスワップポイントがつくメジャー通貨ペア

通貨ペア/ポジション GemForex Bigboss IS6FX
USDJPY ロング 0.21 0.30 0.53
AUDJPY  ロング 1.14 1.44 1.77
NZDJPY ロング 1.91 1.11 3.12
EURUSD  ロング 0.24 1.80 マイナス

※スワップポイントは時期によって変動します。

長期で保有しても、海外FXのスワップでマイナスとならない通貨ペアは、

  • USDJPY ロング
  • AUDJPY ロング
  • NZDJPY ロング
  • EURUSD ロング

以上の4つの通貨ペアです。スワップポイントで見た時には安全圏にあるといえます。他にも時期によってはプラスとなる通貨ペアもあるでしょうが、長い目で見るとちょっと不安ですよね。

もちろん、為替差益で十分に稼げる自信がある方は、若干のマイナススワップポイントであれば選択する方法もありますが、極力リスクは避けておいた方が安心です。この辺は各自のトレードスキルやレベルに応じて判断するとよいでしょう。

プラスのスワップがつくマイナー通貨ペア

通貨ペア/ポジション AXIORY TitanFX XM
USDTRY ショート 409.28 321.35 200.50
USDZAR ショート 96.83 118.32 6.05
EURTRY ショート 4493.19 395.11 255.90
EURZAR ショート 163.75 154.35 104.61
USDRUB ショート 1116.07 654.59 8.82
USDMXN ショート 175.37 14.67 119.87

※スワップポイントは時期によって変動します。

マイナー通貨になるとちょっと選択肢が増えて、6通貨ペアから選ぶことができます。

  • USDTRY
  • USDZAR
  • EURTRY
  • EURZAR
  • USDRUB
  • USDMXN

しかも、これらの通貨ペアだとかなり大きめのスワップポイントがつきますので、為替差益にプラスアルファでの利益が期待できます。

メジャー通貨とマイナー通貨はどちらを選ぶべきか

メジャー通貨とマイナー通貨とどちらを選ぶべきか迷う方も多いでしょう。それぞれのメリット・デメリットを見ていきます。

メジャー通貨のメリット・デメリット

メジャー通貨の場合は、経済的に安定していることが大きなと特徴。長期での安値圏に来た時にロングでポジションを持っておけば、価格が元に戻りやすい傾向にあるので、安全性が高いことがメリットです。

ただし、値動きもある程度限られてくるので、そこまで大きな値上がりはあまり期待できないことがデメリットです。

マイナー通貨のメリット・デメリット

マイナー通貨の場合は、経済的に不安定となり値動きが激しくなる傾向にあります。成長過程にある国の通貨なので、将来的に財政・政治面に改善・安定が見られれば一気に価格が跳ね上がること期待できます。

ただし、対ユーロ、または対ドルで最安値圏にあったとしても、まだまだ下がる可能性があり、リスクが高いことがデメリットです。

選ぶポイントは、リスクを抑えて安全性を重視するならメジャー通貨、リスクをとって将来的に大きな値上がりを狙うならマイナー通貨、となるでしょう。

通貨ペアを選ぶ注意点

長期投資を行う際には、スワップポイントの高さで選ぶと失敗する恐れがあります。スワップポイントが高いということは、リスクが高いことの反映でもあります。スワップポイントの高さではなく、その国の将来性にて選ぶことが成功のコツです。
teacher
以上解説してきたように、海外FXの長期投資で稼ぐためには、まずはスワップポイントの仕組みを理解して、「スワップポイントで損しない/スワップポイントがプラスになる」海外FX業者・通貨ペアを選ぶことが最低限必要となってくるのです。

ある程度、長期投資にて選択可能な海外FX業者・通貨ペアの目安がついたら、次は一歩踏み込んで各国の経済情勢・チャートの動きなどを確認していきましょう。

6.FX長期投資のファンダメンタル分析を学ぶ!

6.FX長期投資のファンダメンタル分析を学ぶ!

長期投資では、そこまでテクニカル分析にこだわる必要はありません。テクニカルは基礎的なことさえわかっていれば大丈夫です。どちらかというと、ファンダメンタル分析の方が重要となってきます。

まず、抑えておきたいのは米国・欧州などの主要国の政治・経済などのファンダメンタルズ。そして、それぞれで取引したい国の政治・経済などポイントを抑えておく必要があります。

ファンダメンタルズで最低でもチェックしておきたい項目は、

  • GDP
  • 金融政策
  • 政治動向
  • 宗教・思想
  • 雇用統計・失業率
  • 消費者物価指数
  • 主要株価指数

など。

ファンダメンタル分析で役に立つ情報サイト・メディアなどをご紹介しておきましょう。

長期投資でおすすめの情報サイト・メディア

など、大づかみに各国の経済状況や将来の展望を知りたい時に大いに役に立つサイトです。どの通貨の将来性が高いのかヒントを得ることができるでしょう。

加えて、日々の経済ニュース・マーケット情報などはお馴染みの経済ニュースメディアからゲットできます。

長期投資のファンダメンタル分析の注意点

長期投資では、一時的な細かい情報に左右されないことが大切です。あくまでも長期的な視野で将来的に成長が期待できるかどうかが重要なポイントとなります。それぞれの得意な分野に集中してアプローチしてみるといいでしょう。

7.各国のGDPをチェックしておこう!

7.各国のGDPをチェックしておこう!

では、ファンダメンタル分析の一例として、海外FXで選択可能な通貨のGDPをここで見ておきたいと思います。

メジャー通貨の2020年度の名目GDPは、

  • USD/米国 (1位:約21兆億ドル)
  • JPY/日本 (3位:約5兆48億ドル)
  • EUR/欧州 (ドイツ4位:約3兆8,000億ドル)
  • AUD/オーストラリア(13位:約1兆4,000億ドル)
  • NZD/ニュージーランド(50位:約2,000億ドル)

となります。

マイナー通貨では、

  • RUB/ロシア(11位:約1兆4,700億ドル)
  • MXN/メキシコ(15位:約1兆700億ドル)
  • TRY/トルコ共和国 (19位:約7,000億ドル)
  • ZAR/南アフリカ共和国(42位:約3,000億ドル)

となっています。

果たして、各国のGDPはどのように推移しているのでしょうか。名目GDPとGDP成長率をいくつか比較していきます。

名目GDPとは、国内で生産されたモノやサービスすべての価値を表したもので、国内総生産高のことです。その国の経済規模がわかります。
実質GDP成長率とは、前年・前期と比較した際のGDPの伸び率のことです。どれくらいのペースで経済が成長しているのかがわかります。

JPY/日本のGDPデータ

名目GDP
名目GDPでは日本は世界3位。2015年以降は安定期に突入し、横ばいで推移しています。
実質GDP成長率
実質GDP成長率では、日本は世界105位です。近年の成長率は極めて低く、2020年はコロナの影響から深い打撃を受けているもののリーマンショックほどではないことがわかります。

USD/米国のGDPデータ

名目GDP
名目GDPで世界首位は米国です。推移は緩やかではあるものの現在でも右肩上がりでGDPは上昇しています。
実質GDP成長率
実質GDP成長率では米国は世界84位。成長率は低下傾向にありコロナの打撃が大きかったものの、トータル的には一定以上の比率で成長していることがわかります。GDPデータからも米国経済の強さが実感できます。

TRY/トルコ共和国のGDPデータ

名目GDP
名目GDP

トルコは名目GDPでは世界19位です。2004年に急成長を遂げたものの2014年以降は減少し続けています。どこでプラスに反転するのかが気になるところです。

実質GDP成長率
実質GDP成長率

トルコは実質GDP成長率でも14位と上位にランクインします。成長率に波がありつつも、5.0%以上を近年でも記録しておりコロナ時にもプラスに保っている点が興味深いですね。

ZAR/南アフリカ共和国のGDPデータ

名目GDP
名目GDP

南アフリカは名目GDPでは世界42位です。2004年以来、急速に経済規模が拡大していることがわかります。上下の波が激しいことが特徴です。

実質GDP成長率
実質GDP成長率
GDP成長率では南アフリカは世界138位。2000年代前半に急成長を遂げたあと、成長率は低下しコロナでの落ち込みもひどいことがわかります。
各種GDPデータを、その国の経済状況を計る目安にすることができます。長期投資をするうえで、重要な判断材料の1つとなるでしょう。

GDPデータ活用の注意点

各種GDPのデータは、あくまでも過去のデータであって参考資料として使うことができます。将来のGDPがどうなるか、予測はできても誰にも正確にはわからないのです。その他の様々な情報から各自で判断することが大切です。

8.FX長期投資のテクニカル分析を学ぶ!

8.FX長期投資のテクニカル分析を学ぶ!

基本的なファンダメンタルズを抑えたら、次に長期投資に必要なテクニカル分析の基礎を抑えておきましょう。長期投資では、複雑で高度なテクニカル分析は必要ありません

数か月~数年という範囲でチャートを見ていきますので、簡単に安値・高値がチェックできるだけでも十分に勝つことは可能です。

長期投資で最低でも抑えておきたいテクニカル分析は、

  • ローソク足分析
  • レジスタンス・サポートライン
  • トレンド・チャネルライン

これだけでも、長期投資に取り組むことはできます。

基本的なテクニカル分析を改めて学んでおきたい方は、以下の書籍がAmazonから購入できます。
FXチャート分析の本をAmazonで探したい方はこちら

さらに、

  • 移動平均線
  • チャートパターン

などがわかれば、最適なエントリー・エグジットのタイミングが計りやすくなります。

時間をかけて取引できることが長期投資のメリットなので、時々チャートをチェックしながら徐々にテクニカル分析を学んでいけばよいのです。

長期投資のテクニカル分析の注意点

長期投資ではテクニカル分析はあまり重要ではないとはいえ、全くチャート分析の基礎がなくてもよいわけではありません。最低限の知識は抑えておきましょう。

9.レジスタンス・サポートラインで高値・安値を調べる!

9.レジスタンス・サポートラインで高値・安値を調べる!

長期投資では、日足・週足・月足チャートをメインで使っていきます。数か月~数年と長く保有するポジションでは、狙う値幅は500pips~1000pips以上と大きめになり、大まかにレートを見ていきます。30分足や1時間足などの細かいチャートを見ても、あまり意味がありません。

ただ、細かいエントリー・エグジットのタイミングを計りたい方は、1時間足や30分足チャートも併用することができます。

では、日足、週足、月足チャートにてレジスタンス・サポートラインを使って、高値・安値がどれくらいの価格なのか調べていきましょう。

月足で見る安値・高値

月足で見る安値・高値

まず、月足チャートにレジスタンス・サポートラインを引いて、大まかな高値・安値を調べてみます。ここでは、USDJPYのチャートを使って解説していきます。

上図のチャートは月足チャートで2000年~2021年までを表示したものです。

高値:124.00円

安値:76.00円

約20年間というスパンで見た時には、「76円あたりが安値=買い」「124円あたりが高値=売り」のタイミングだなと想定できます。現在の価格110円あたりは高値よりとなり、まだ買い時ではないと判断できます。

しかし、10年~20年といえばかなり長い期間です。今後76円あたりまで下がるのがいつになるか想像もつきません。もしかすると、2度とここまで下がることはないかもしれません。一応、月足での高値・安値の可能性を考慮したうえで週足で値幅を見ていきます。

週足で見る高値・安値

週足で見る高値・安値

週足チャートでは2016年~2021年まで約5年間の相場動向が表示されます。高値と安値の目立つ箇所にレジスタンス・サポートラインを引いて確認しておきます。

高値:114.40円

安値:100.10円

約5年間で見た場合でも、現在の110円台の価格は割高で買い時ではないことがわかります。もっと100円台前半に近づいた時が「安値=買い時」であると判断できます。

約5年間で見た場合が、より現実的な値幅だといえますが、月足での高値安値の可能性も決して忘れてはなりません。月足の高値まで上昇の可能性もあれば、月足の安値まで下降の可能性もあるということです。

日足で見る高値・安値

日足で見る高値・安値

日足チャートでは約1年間の価格が確認できます。

高値:110.80円

安値:102.60円

約1年間で見た時には、現在の110円はまさに高値圏に位置していて、今は買い時ではないことが明らかです。むしろ、この価格が利確時なのかなと今後の参考にすることができます。

高値圏・安値圏の値幅を想定

高値圏・安値圏の値幅を想定

そして、チャートを再び月足に戻すと、上記のように上昇・下降のポイントがチェックできます。日足、週足、月足と見た結果から、概ねの高値圏・安値圏の値幅が想定できます。

USDJPYの場合

高値圏 → 110円~124円あたり

安値圏 → 76円~102円あたり

以上の結果から長期投資の場合は、

  • 76円~102円あたり → 買い(100円以下まで下がる可能性は低そう)
  • 110円~124円あたり → 売り(できれば114円以上を狙いたい)

が理想的であることがわかります。

レジスタンス・サポートラインを引く注意点

レジスタンス・サポートラインをどこに引くべきか迷うことも多々ありますよね。ラインの箇所の判断に困った時は、直近で価格が集中している箇所を目安にすると現在の値動きの参考になることが多いです。微妙な時は複数引いておく方法もあります。

10.トレンドラインでエントリー・エグジットを計る!

10.トレンドラインでエントリー・エグジットを計る!

次に、トレンドラインを引いて、長期トレンドの流れを見極める方法を解説していきます。より正確なチャート分析ができるように先ほど引いたレジスタンス・サポートラインは残しておきます。

トレンドラインのブレイクでトレンドが転換

下降トレンドのブレイク
下降トレンドのブレイク

下降トレンドが継続して、安値圏のサポートラインに近づいてきました。どこで上昇に切り替わるのかトレンドラインを引いておけば、トレンド転換のポイントがわかります。

下降トレンドの上値ラインを相場が上にブレイクした時が上昇トレンドに切り替わるサインとなります。ここが安値の買いエントリーのポイントです。

  • ショートの場合は売りエグジットのポイントです。
下降トレンドを下にブレイク
下降トレンドを下にブレイク

トレンドラインの下値ラインを下に抜けた時には、一段下のサポートラインまで価格が下がる可能性があります。従って、下にブレイクした場合はまだしばらく様子を見る必要がでてきます。売買のタイミングではないということですね。

上昇トレンドのブレイク
上昇トレンドのブレイク

上昇トレンドが形成されたらトレンドラインを引いておけば、どのあたりまで上昇するのか目安にすることができます。高値に引いた上値ラインを価格がブレイクした時はさらに一段上のレジスタンスラインまで上昇する可能性があります。

上図のチャートではレジスタンスラインを2本上に抜けているのがわかります。この場合は価格が上昇しきるまで待つことにします。

上昇トレンドを下にブレイク
上昇トレンドを下にブレイク

上昇トレンドの下値ラインを価格が下に抜けた時には、上昇トレンドから下降トレンドに切り替わるサインです。ロングの場合は、このあたりが売りエグジットのポイントとなります。

  • ショートの場合はここで売りエントリーします。
トレンドラインを上に抜けるか下に抜けるかで、買いか売りか待つべきかの判断の目安にできるのです。

トレンドラインを使う時の注意点

トレンドラインを引く時には、安値のラインと高値のラインを大まかにつなぐことが上手に引くコツです。できるだけラインがタッチする場所に引くようにするとコツが掴めると思います。

11.資金を用意、レバレッジは低めに!

11.資金を用意、レバレッジは低めに!

海外FX業者、通貨ペアが決まって、概ねのエントリー・エグジットの価格が想定できたら、いつでも取引できるように資金を入金して用意しておきましょう。

長期投資にはいくらぐらい必要か

FX長期投資では、長くポジションを保有していくためハイレバレッジの取引は危険すぎます。あまり高いレバレッジはかけれないので、資金はできるだけ多い方がよいです。

長期投資に最適なレバレッジ

長期投資で安心できるレバレッジ設定は5倍以下が理想的です。エントリーの価格にもよりますが、とくにマイナー通貨などで損失リスクが高い場合は、3倍以下が安全です。

メジャー通貨でかなり安値でのエントリーができそうであれば最大で10倍ぐらいはいけるかもしれません。例えばUSDJPYなら90円以下でのエントリーであれば、値下がり幅も限られてくるので10倍程度でもロスカットの危険性は低くなるでしょう。

最低でも100万円分ぐらいの取引はしたい

レバレッジを考慮した上で100万円分ぐらいの取引ができると、ある程度まとまった利益が期待できます。せっかく長く時間をかけて投資をするのであれば、少額すぎるとちょっと勿体ないですよね。

例えば3倍のレバレッジだとすれば30万円ぐらいはあった方がいいということですね。

資金・レバレッジの注意点

長期投資の資金は確かに多い方がよいですが、各自で無理がない金額を使うようにしましょう。また、資金が少ないからと高めのレバレッジで無茶をしないように注意して下さい。

12.エントリーのタイミングは慎重に待つ!

12.エントリーのタイミングは慎重に待つ!

資金を入金して、いつでも売買できる準備が整ったら、慎重にエントリーのタイミングが来るのを待ちましょう。

長期投資は、長い時間をかけて大きな利益を狙う投資方法です。エントリーさえ慎重にするならば、後は上昇(下降)するまで半分放置しておいても勝手に利益が増えていきます。

エントリーを早まったばかりに、損失のみが増え続ける投資となってしまうことも多々あります。

エントリーのターゲットとなる価格に相場がくるまでは慎重に待つことが稼ぐためのポイントです。

エントリーの注意点

失敗しないためにも、いくらなら買い時(売り時)なのか、事前の高値・安値のリサーチが長期投資ではとても重要となります。

13.後は忘れているぐらいでちょうどよい!

13.後は忘れているぐらいでちょうどよい!

長期投資でポジションを持ったら、後は気長に利益が大きくなるのを待ちましょう。

植物でも芽が出てから大きく育つまでには年月を要します。投資も同じことです。小さな利益が大きく増幅するまでは一定以上の時間がかかります。忘れているぐらいでちょうどよいのです。

こまめにチャートをチェックしすぎると、一時的な価格変動に気持ちが動揺してしまい、ストレスがたまります。

数か月後、数年後に気が付いた時には利益が大きくなっていた!でよいのです。

長期ポジション保有の注意点

半分放置しておいて忘れるぐらいがちょうどよいとはいえ、時には思ったように利益につながらない可能性もあります。定期的に、この通貨ペア・エントリー価格でよかったのかどうか見直し・損切りが必要です。

多少の含み損が出たとしても、自信を持って保有していけるような通貨(通貨ペア)を選ぶことが長期投資では成功のカギとなるでしょう。

まとめ

まとめ

今回は海外FXの長期投資で稼ぐためのトレード手法を全くの1から順番に徹底的に解説していきました。

概要をまとめると、

  • スワップポイントがプラスになる通貨ペア・ポジション/海外FX業者を選ぶ
  • 将来性がある通貨を選ぶ
  • 日足・週足・月足チャートで長期での高値・安値を調べておく
  • 長期での安値圏(高値圏)にきたらエントリー
  • 長期での高値圏(安値圏)にきたらエグジット

となります。最適な売買タイミングを計るために、レジスタンス・サポートライン、トレンドラインなどを活用することができます。

長期投資で成功するためには、何よりも通貨選びが重要なポイントです。ファンダメンタル分析を徹底して、将来性がある通貨を選ぶようにしましょう。
teacher
海外FXの場合はスワップポイントの関係から選べる通貨ペアが限られてしまいますが、後悔しないように十分な時間をかけて通貨を選び、満足のいく長期投資を実現していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します! これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。 職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。