初心者は予算を決めて海外FXに入金する

初心者は予算を決めて海外FXに入金する

海外FXの取引は、ハイレバレッジが魅力のため、おのずとハイレバレッジで取引が可能です。だからこそ、予算を決めるということが海外FX取引には重要になってくるのです。

海外FXの予算はどうやって決める?

スキャルピングやデイトレードなど1日単位での短期取引が中心になる方が多いはずなので、月単位の予算設定にすると良いでしょう。

1か月で負けてもいい金額を設定するということです。

例えば、10万円を月間予算に設定した場合

一回の取引に50pips負けたとしても1万通貨取引であれば5,000円の損失です。20回取引が可能です。

つまり、1万通貨取引の場合、50pipsを20回負けても、予算の10万円がなくなるだけという計算になります。

そのために必要なのは、ボーナスがXEMarkets(TradingPoint)で30%であれば、8万円の予算でこれだけの投資ができることになります。

勝ったり、プラスマイナスゼロの場合は、この予算を引き継げばよいのです。

これが10万通貨取引をした場合は、2回の50pips負けで予算がなくなってしまいます。それでも、予算さえ決めておけばそれ以上の負けはないので、問題ないでしょう。

予算を超えてしまった場合は、その月はトレードをしないことをお勧めします。

この方法であれば、毎月の給料や貯金から使用できる範囲で海外FX取引ができるので、想定外の損をすることもないのです。

初心者の方は、必ず毎月の負けてもいい予算を決めるようにして海外FXを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です