XEMarkets口座の種類

XEMarkets口座の種類

XEMarketsの海外FX口座にはどのようなものがあるのでしょうか?ここではXEMarketsの海外FX口座を比較します。

XEMarkets海外FX口座の種類

※2013年11月時点

マイクロ口座

5ドル(約500円)の入金、1,000通貨の取引が可能。ワンコインから海外FXが楽しめる。MT4ではさらに0.01の通貨単位で取引ができるので最低10通貨での取引ができる。初心者でも気軽に楽しめる。

特徴
  • マイクロロット(0.01lot)=1000通貨からの取引が可能
  • 1.0pips~という業界トップクラスの低スプレッド
  • 最低入金額は5ドル(約500円)と最安で楽しめる
  • レバレッジは最大888倍
  • スリッページ無しの約定力
  • 追証ゼロサービス

スタンダード口座

5ドル(約500円)の入金はマイクロ口座と同じ。10万ロットの取引が可能。MT4ではさらに0.01の通貨単位で取引ができるので最低1000通貨での取引ができる。初心者でも十分にこの口座でも問題なく利用できる。

特徴
  • 1lot=100,000通貨からの取引が可能
  • 1.0pips~という業界トップクラスの低スプレッド
  • 最低入金額は5ドル(約500円)と最安で楽しめる
  • レバレッジは最大888倍
  • スリッページ無しの約定力
  • 追証ゼロサービス

エグゼクティブ口座

10万ドル(約1000万円)の入金から開設可能。10万ロットの取引が可能。MT4ではさらに0.01の通貨単位で取引ができるので最低1000通貨での取引ができる。入金額がいきなり跳ね上がっているため、上級者でないと利用できない口座と言えるだろう。

特徴
  • 1lot=100,000通貨からの取引が可能
  • 1.0pips~という業界トップクラスの低スプレッド
  • 最低入金額は10万ドル(約1000万円)
  • レバレッジは最大200倍
  • スリッページ無しの約定力
  • 追証ゼロサービス

XEMarkets海外FX口座全体の特徴

どの口座タイプでも同じスプレッドと執行の質を担保しているため、初心者や中級者であれば入金額が少なくても高レベルのサービスが利用できる。その一方、上級者の方はエグゼクティブ口座を作っても、大きなサービスの差がないため、多少物足りない印象を受ける。

XEMarkets口座開設はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です