海外FXはレバレッジより最大許容損失額が重要。最大許容損失額で比較する

海外FXなら500倍程度のハイレバレッジで取引可能です。中には1,000倍、3,000倍と破格のレバレッジがかけれる海外FX業者もあります。最大25倍が限界となる国内FXの感覚からいけば、ハイレバレッジの海外FXは大変魅力的に映るものです。

海外FXでも業者によって最大レバレッジが異なるため、できるだけ高いレバレッジで取引したいと探す投資家も多いでしょう。確かに、最大レバレッジが高いことが海外FXの大きなメリットになりますが、必ずしも高ければいいというわけではないのです。海外FXならレバレッジが低い場合でも200倍~400倍、どこを選んだとしても国内FXよりは遥かに高いレバレッジで取引可能です。そこで、レバレッジよりも重視したいのはロスカットとのバランスがどうなのかという最大許容損失額です。

teacher
今回は海外FXをするうえで注意したい最大許容損失額について詳しく解説していきます。ぜひ、海外FX口座選びの参考にして下さい。

海外FXのレバレッジはどれくらい?

海外FXのレバレッジはどれくらい?

すでにご存知の方も多いように、海外FXでは500倍程度のレバレッジがかけれます。

海外FX業者や口座の種類によって最大レバレッジが異なり、

  • 海外FXの最大レバレッジの平均水準は500倍
  • ECN口座など口座の種類によっては200倍もある
  • 1,000倍~3,000倍のレバレッジがかけれる海外FX口座もある
  • 取引制限つきで5,000倍かけれる場合もある

といった感じです。

国内FXはレバレッジ規制がありますので、個人口座の場合で一律で最大25倍のレバレッジとなります。

では、海外FXのハイレバレッジではどれくらいの証拠金でどれくらいの取引ができるのかを検証してみましょう。

レバレッジごとに必要な証拠金が異なる

最大レバレッジの高さによって必要な証拠金が異なります。

米ドル/円が100円だと仮定して、1,000通貨、1万通貨の取引で必要な証拠金を見ていきましょう。

1,000通貨の取引で必要な証拠金

100円(仮定) × 1,000通貨 =10万円

  • レバレッジ10倍 → 1万円
  • レバレッジ25倍 → 4,000円
  • レバレッジ50倍 → 2,000円
  • レバレッジ100倍 → 1,000円
  • レバレッジ500倍 → 500円
  • レバレッジ1,000倍 → 100円

ごくわずかな資金で1,000通貨の取引が可能です。

ただし、大抵の海外FX業者では最低入金額の規定がありますので、上記の金額のみ入金すればよいというわけではないので注意して下さい。規定以上の資金を入金した上で上記の金額が取引に必要だということです。
1万通貨の取引で必要な証拠金

100円(仮定)× 1万通貨 =100万円

  • レバレッジ10倍 → 10万円
  • レバレッジ25倍 → 4万円
  • レバレッジ50倍 → 2万円
  • レバレッジ100倍 → 1万円
  • レバレッジ200倍 → 5,000円
  • レバレッジ500倍 → 2,000円
  • レバレッジ1,000倍 → 1,000円

というようにレバレッジ1,000倍の場合、1,000円の資金で100万円の取引ができてしまうわけです。

取引の幅がぐっと広がる海外FXのハイレバレッジ。国内でもレバレッジ規制が実施される以前は400倍程度のレバレッジがかけれていたのです。当時、ハイレバレッジだったからこそ億り人と呼ばれる投資家が続出したのだといえるのです。

teacher
最大25倍では思うように利益が伸ばせない、と海外FXへと移行した投資家は多かったようです。

近年になって、クレジットカードや決済サービスの普及にて入出金方法が便利になってきたことや、オンラインサービスの一環として海外サイトでも抵抗を感じない世代が増えてきたことなどから、海外FXを始める投資家が増えているのですね。

ロスカット基準の平均水準は?

ロスカット基準の平均水準は?

500倍や1,000倍のレバレッジにて少ない資金でも取引できることは嬉しいことですが、同時にレバレッジが高くなることでロスカットの危険性も高まります。ハイレバレッジ取引は自己資金よりも遥かに高い金額を取引することになります。資金以上の取引をすることによって、ロスカットを受ける確率も高くなることに注意する必要があります。

ハイレバレッジで取引する際には必ずロスカット基準を確認しておくことが欠かせません。

ロスカット基準は一般的に「証拠金維持率〇〇%」で設定されています。英語表記の場合は「Margin level」ですね。

ここで、証拠金維持率についておさらいしておきましょう。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、

有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100
で計算される証拠金残高の割合のことです。
保有ポジションの資産価値に対して、口座残高がどれくらい余裕があるのかを示した数値です。レバレッジをかけた取引では、含み損が拡大すると口座残高よりも損失額が大きくなることもあり得ますよね。そうなると、残高がマイナスになってしまうわけです。
FXでは、残高がマイナスになる前に自動的に「ロスカット」で決済される仕組みになっています。
損失の割合がどれくらいまで低下したらロスカットされるかを示したものが「ロスカット基準/Stop levels」です。「ロスカット基準/Stop levels」は「証拠金維持率/Margin levels」のパーセンテージにて設定されています。

ロスカットの平均水準は20%~50%

海外FXの平均的なロスカット基準は、

証拠金維持率20%~50%です。
  • 一部の海外FX業者では100%に設定してあるケースもあります。
  • ごく稀に0%まで取引可能な海外FX業者もあります。
海外FXでは、各自でレバレッジを事前に設定・選択することができます。必ずレバレッジの設定をするとともに、ロスカット基準を確認しておくようにしましょう。

レバレッジとロスカットの関係

レバレッジとロスカットの関係

先述したように、レバレッジが高くなるほど必要な証拠金は少なくて済む一方では、レバレッジが高くなるほど資金を遥かに超えた取引が可能となるため、ロスカットのリスクも高くなります。

値動きと損失額のシュミレーション

では、米ドル/円が100円だとして、レバレッジ1,000倍で1万通貨/100万円のポジションを保有した場合の値動きと損失額をシュミレーションしてみましょう。

米ドル/円で1pipsは0.01円、 10pips = 0.1円
  • 10pips × 1万通貨 = 1,000円

もし口座残高が1,000円ちょっとしかなかった時に、レバレッジ1,000倍でポジションを保有したとすれば、10pips動く前に即ロスカットになるということです。わずか10pips程度の値動きなどわずか数分、数秒で起き得ることです。約定力が低い海外FX業者なら、約定した時点でもうロスカットですよね。

  • 50pips  × 1万通貨 = 5,000円

50pips動くには数十分から数時間かかることもありますが、資金が1,2万円しかなかったとすれば、かなりリスクが高い取引となります。

  • 100pips × 1万通貨 = 1万円

100pipsということは1ドル100円だったドルが101円または99円に動いたということですね。1円程度動くには1日~数日かかることもありますが、何かインパクトが強い出来事があった時は数分~数十分程度でもあり得ます。2万円の資金だったとすれば、100pipsのロスには耐えられないということになります。

少額取引ができることが海外FXハイレバッレジのメリットではあるものの、少額取引になるほど、ハイレバレッジになるほど、取引通貨数が増えるほどに小さな値動きでもロスカットに合いやすくなってしまうのです。
teacher
従って、ハイレバレッジで取引するからには最大許容損失額が大きい海外FX業者を選ぶことが重要になってくるのです。

レバレッジより最大許容損失額が重要

レバレッジより最大許容損失額が重要

最大許容損失額とは、

FX取引において、どれくらいの損失まで最大で許容されるのか、ロスカットに合わずに持ちこたえられる最大損失額のことです。

最大許容損失額 = いくらまで最大負けられるのか

実は、海外FXではレバレッジよりも、この最大許容損失額の方が重要だといわれているのです。つまり、ロスカット基準はどれくらい低く設定されているのか、ということです。

レバレッジに関しては平均的に500倍はかけれる海外FX業者が多いので、そこまでレバレッジにはこだわる必要はないといえます。それよりもロスカット基準がどうなのかをチェックする方がトレードには有益です。なぜなら、ロスカットされなければ一時的に相場が落ち込んだとしても資金を失わずに、相場が持ち直すのを待つことができるからです。

ロスカット基準は低い方が負けにくい

ロスカット基準ができるだけ低い海外FX業者を選ぶようにしましょう。ロスカット基準が低ければ低いほど最大許容損失額は大きくなります。

従って、海外FX業者を比較する時にはレバレッジだけでなく最大許容損失額を考慮して選ぶことが大切です。

為替レート、取引通貨数、と全く同じ条件でポジションを保有したとしても、レバレッジとロスカット基準による最大許容損失額がどうなのかによって、資金の大半を失う確率が低くなるのです。

最大許容損失額の計算方法

最大許容損失額の計算方法は以下のようになります。

必要証拠金 = 為替レート × 取引量 ÷ レバレッジ

最大許容損失額 = 口座残高(資金) - 証拠金維持率 × 必要証拠金

最大許容取引損失額の計算例

投資資金:10万円
通貨ペア:米ドル/円
為替レート:1ドル=100円

A.最大レバレッジ400倍/10万通貨取引/ロスカット基準20%の場合

  • 必要証拠金 = 100円 × 10万通貨 ÷ 400倍 = 2万5,000円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 20% × 2万5,000円 = 9万5,000円
  • 10万通貨取引の最大許容損失pips = 9万5,000円 ÷ 1,000 = 95.0pips

B.最大レバレッジ500倍/10万通貨取引/ロスカット基準30%の場合

  • 必要証拠金 = 100円 × 10万通貨 ÷ 500倍 = 2万円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 30% × 2万円 = 9万4,000円
  • 10万通貨取引の最大許容損失額pips = 9万4,000円 ÷ 1,000 = 94.0pips

となります。

例えば、上記2つのケースだと最大レバレッジだけで見た場合は、最大レバレッジ500倍のAの方がトレードには有利だと思いがちです。しかし、最大許容損失額は最大レバレッジ400倍のBの方がロスカット基準20%となり、より大きな損失に耐えうるのです。

海外FX 最大許容損失額比較

海外FX 最大許容損失額比較

それでは、最大許容損失額で海外FX業者を比較してみます。

投資資金:10万円
通貨ペア:米ドル/円
為替レート:1ドル=100円
取引通貨数:1万通貨

海外FX口座レバレッジロスカット1万通貨
XM マイクロ口座888倍20%99,775円
XM スタンダード口座888倍20%99,775円
XM ゼロ口座500倍20%99,600円
AXIORY スタンダード口座400倍20%99,500円
AXIORY ナノスプレッド口座400倍20%99,500円
TitanFX Zeroスタンダード口座500倍20%99,600円
TitanFX Zeroブレード口座500倍20%99,600円
LAND‐FX Live口座500倍30%99,400%
LAND-FX LPボーナス口座500倍30%99,400円
LAND-FX ECN口座200倍30%98,500円
FBS セント口座1000倍20%99,800円
FBS マイクロ口座3000倍20%99,933円
FBS スタンダード口座3000倍20%99,933円
FBS ゼロスプレッド口座3000倍20%99,933円
FBS ECN口座500倍20%99,600円
GemForex オールインワン口座1000倍20%99,800円
GemForex ノースプレッド口座1000倍20%99,800円
HotForex マイクロ口座1000倍20%99,900円
HotForex プレミア口座500倍20%99,600円
HotForex Zero口座500倍20%99,600円
IS6FX マイクロ口座1000倍50%99,500円
IS6FX スタンダード口座1000倍50%99,500円
BigBoss ECN口座555倍20%99,640円
iFOREX iFOREX口座400倍0%100,000円

最大許容損失額で選ぶ海外FX口座

最大許容損失額が大きい海外FX口座は以下のとおりです。

iFOREX iFOREX口座

iFOREX iFOREX口座

ロスカット基準:証拠金維持率0%
最大レバレッジ:400倍
1万通貨の最大許容損失額:10万円(資金10万円)
10万通貨の最大許容損失額:10万円(資金10万円)

iFOREXは1996年設立、FXやCFDなど800種類以上の金融商品を取り扱い、120か国で展開している大手FX会社です。日本に最初に進出した海外FX業者として、海外FX歴が長い投資家によく知られている海外FXです。長い実績があり信頼性も高いことで国内でも一目おかれている存在です。

iFOREXではスタンダードなSTP口座のみ提供しています。最大レバレッジは400倍と平均よりもやや低めとはなるものの、ロスカット基準は0%で資金が完全になくなるまでポジションの保有が可能です。おそらく今のところロスカット0%の海外FX業者は他にはないと思われます。

FBS マイクロ・スタンダード・ゼロスプレッド口座

FBS マイクロ・スタンダード・ゼロスプレッド口座

ロスカット基準:証拠金維持率20%
最大レバレッジ:3000倍
1万通貨の最大許容損失額:99,933円(資金10万円)
10万通貨の最大許容損失額:99,933円(資金10万円)

次に最大許容損失額が大きいのはFBSです。FBSは世界190か国で展開し、1,500万人に使われている規模が大きい海外FX業者です。セミナーやイベント、キャンペーンなどが豊富、ボーナスとハイレバレッジで人気があります。

最大レバレッジは3,000倍と業界トップクラスのレベルです。かつ、ロスカットは20%まで持ちこたえられるので最大許容損失額も大きくなります。3,000倍のレバレッジをかけた場合に、わずか333円で1万通貨の取引が可能なことが魅力です。

HotForex マイクロ口座

HotForex マイクロ口座

ロスカット基準:証拠金維持率10%
最大レバレッジ:1000倍
1万通貨の最大許容損失額:99,900円(資金10万円)
10万通貨の最大許容損失額:99,000万円(資金10万円)

そしてHotForexのマイクロ口座も最大許容損失額では上位に入ります。HotForexは現在日本向けサービスは法人登録のみとなりますが、グループ全体では英国やキプロスなど複数の金融ライセンスを取得、規模も大きく実績・信頼ともに高い海外FX業者です。キャンペーン、ボーナスなどが手厚いのが特徴。

マイクロ口座では、最大レバレッジ1000倍でロスカットは10%となります。最大許容損失額は1万通貨で99,900円。10万通貨で99,000円とぎりぎりまで耐えられる海外FX口座です。ただし、HotForexのロスカットはボーナス分は加味されず、実際に入金している金額が対象となるため注意が必要です。

teacher
ちなみに以下の記事では、海外FXのレバレッジについて国内FXと比較しながら詳しく解説しています。合わせて参考にしてみて下さい。

まとめ

まとめ

海外FXの最大の魅力はレバレッジの高さにあります。海外FXの最大レバレッジは平均水準が500倍、1000倍、3000倍とかけれる海外FX業者もあります。

ハイレバッジで取引できることで、同じ投資資金であっても取引できる通貨数が増やせるため、大きな利益が狙いやすくなります。また、ロスカット基準が20%、30%となる海外FX業者も多いので、許容損失額も国内FXよりは大きめになることが魅力です。

今回ご紹介したように、レバレッジとロスカットとのバランスによって、最大許容損失額は異なってきます。レバレッジやロスカットは海外FX業者・口座ごとに異なるため、レバレッジだけにとらわれないことが大切です。レバレッジと合わせて、必ずロスカット基準も確認するようにして下さい。

teacher
また、投資家それぞれにとって、重視する項目も変わってきます。レバレッジ、最大許容損失額と合わせて、スプレッドや約定力、その他ボーナスなど各自にとって有利となる海外FX口座を探すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します! これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。 職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。