海外FX業者が日本の金融庁登録を受けていない理由

海外FX業者が日本の金融庁の登録を受けていない理由

海外FX業者は、日本国内で販売金融商品取引法に基づく登録「第一種金融商品取引業」の登録が必要となります。しかし、海外FX業者はこの「第一種金融商品取引業」の登録をしている業者はいません。これはなぜでしょうか?

日本での金融ライセンスを取得してしまったら、レバレッジは25倍に

海外FX業者は、世界各国の金融ライセンスを保有しています。しかし、日本だけは例外でどこの海外FX業者もライセンスを取らないのです。「取れない」ではなく、「取らない」のです。

なぜなら、金融庁の「第一種金融商品取引業」の登録をしてしまえば、日本国内ではレバレッジは25倍までに規制されてしまい、本来の海外FXのメリットがなくなってしまうからです。

金融庁のHPには、無登録の海外FX業者についてこう書いてあります

「無登録の海外所在業者と取引を行う場合は、資金の持ち逃げや資金が返還されないなどのトラブルに容易に巻き込まれるおそれがあり、十分ご注意ください。」

無登録の海外所在業者というのは、海外で国際的なライセンスを保持している海外FX業者も含まれてしまいますが

簡単に言えば

「自己責任で投資をしてください。法律的に海外所在業者との取引は違法ではないですよ。ただし、十分な注意が必要です。」

ということが記載されているのです。

海外FXを楽しむのは違法なのではないかと不安な方、日本の金融ライセンスを保有していないことに不安を感じている方は、心配する必要はありませんが、国際的な金融ライセンスの有無を確認して海外FX業者を比較するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です