スプレッドコストを下げる方法

スプレッドコストを下げる方法

日本のFX業者に比べて、海外のFX業者のスプレッドの方が若干高めに設定されている感じがしないでしょうか?

もちろん、これには理由があり、日本のFX業者は意図的なスリッページやレートずらしなどで利益を出しているため、海外FX業者の方がスプレッドが高めに設定されているのはいたしかたないことなのですが、

スプレッドの狭い海外FX業者を選ぶこと以外で、スプレッドコストを下げる裏技をお教えします。

キャッシュバックサイトを使わない手はない

キャッシュバックサイトとは、そのサイトを通じて口座開設すると取引量によってキャッシュバックが受けられるサービスのことです。

イメージでいえば、ポイントサイトのようなものです。そのポイントサイトを経由して楽天市場やYahoo!ショッピングで買い物すると1%がポイントとしてキャッシュバックされますが、それと同じような仕組みが海外FXにも存在するのです。

例えば

海外FXのキャッシュバックサイト「ファイナルキャッシュバック」に登録してからXEMarketsに口座開設すると

通常

XEMarketsのスプレッド

  • 最小スプレッド 1.0pips
  • 平均スプレッド 2.0pips

とまあ標準的なスプレッド幅と言えるでしょう。

これがファイナルキャッシュバックに登録してからだと

ファイナルキャッシュバック経由で口座開設したXEMarketsのスプレッド

  • 最小スプレッド 0.4pips
  • 平均スプレッド 1.4pips

とかなり海外FXの中でもトップレベルのスプレッドの低さに変身するのです。

キャッシュバックサイトを使うことで、とくに必要になる手数料などはありませんので、手間が気にならない人にとっては利用しない手はないといってもいいでしょう。

海外FXトレードでのスプレッドコストを重視するのであれば、キャッシュバックサイトへの登録は必須なのです。

おすすめのキャッシュバックサイト

ファイナルキャッシュバック
おすすめのキャッシュバックサイト
CASHBACK-Victory
おすすめのキャッシュバックサイト
cashbackforex
おすすめのキャッシュバックサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です