海外FX業者ごとに違うスプレッドの変動

海外FX業者ごとに違うスプレッドの変動

海外FXで取引をしていると「あれっなんか取引している時間によってスプレッド幅が違うような気がする。」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。そうなんです。時間帯によって、スプレッドというのは変動するのです。

固定スプレッドでない限り変動するスプレッド

固定スプレッドの海外FXを選んでいる場合は、常に一定のスプレッドが適用されますが、1.0pips~というような変動スプレッドを利用している場合は、取引額の大きさによって、取引の時間帯によって、取引の通貨ペアによって、微妙にスプレdっど幅が違うのです。

海外FX業者ごとに違う変動スプレッドの特徴

豪州系の海外FX業者

  • 豪ドル関連の通貨ペアのスプレッドが狭い

スイス系の海外FX業者

  • 入金額が多ければ多いほど、スプレッドの優遇幅が大きくなる

ヨーロッパ系の海外FX業者

  • ヨーロッパ時間、日本の夜から深夜にかけての時間帯のスプレッドが狭くなる

業者の所在地によって、上記のような特徴があるのです。海外FXの初心者の場合、これらの微妙なスプレッドの差を気にして、海外FX業者を選ぶ必要はありませんが、中級者、上級者の方は、海外FX業者のスプレッドが優遇されるポイントを考慮して海外FX業者を選ぶのも賢い方法のひとつなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です