海外FXのスプレッドと手数料は合計で比較

海外FXのスプレッドと手数料は合計で比較

海外FXは、業者ごとに、口座ごとに、スプレッドや取引手数料が違ってきます。どの海外FX業者が良いのか?どの口座がいいのか?を比較するためには、スプレッドと取引手数料を合算して比較する必要があるのです。

海外FXの取引手数料は、基本は無料

海外FXの取引手数料は、無料のものがほとんどとなっています。しかし、業者によって、口座によっては、スプレッドを低くする分、取引手数料が有料になっているケースがあるのです。

スプレッドと手数料比較の例

海外FX A社

  • 米ドル/円 取引手数料 0円 スプレッド 1.0pips

海外FX B社

  • 米ドル/円 取引手数料 1ロットあたり3ドル スプレッド 0.1pips

さて、どちらがお得でしょうか?

海外FX業者の場合、1ロットは10万通貨単位なのが一般的なので

  • 10万ドルに対して、スプレッドが1.0pipsだとしたら、スプレッドコストは1,000円です。
  • 10万ドルに対して、スプレッドが0.1pipsだとしたら、スプレッドコストは100円です。

つまり、1ロットであれば

  • 海外FX A社 スプレッドコスト 1,000円
  • 海外FX B社 スプレッドコスト 100円+3ドル(約300円)=約400円

と計算できるため、取引上お得なのは、取引手数料が必要な「海外FX B社」ということになります。

一般的に、取引手数料ありの方が、合計した場合のコストは安くなることが多いので、実際に計算してみて、合計コストが低い海外FX業者や口座を選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です