海外FX業者の日本と違う追証ゼロサービス

海外FX業者の日本と違う追証ゼロサービス

FX取引をする場合、証拠金とレバレッジというものがあります。これはこのサイトをご覧になっていただいている時点で説明するまでもありませんが、証拠金の何倍まで取引できるのかがレバレッジであり、レバレッジが高ければ高いほど強制ロスカットというものが付いてまわります。

強制ロスカットとは

強制ロスカットとは、証拠金以上の損失がでないように証拠金の一定の割合を超えた場合に強制的に決済させて取引をFX業者側で終了させることを意味します。

海外FXの場合は、強制ロスカットはマージンコールと呼ばれます。

日本のFX業者は時代遅れの追証がある

追証とは、強制ロスカットに入る前に急激な為替変動が起きた場合、週末を挟んでの急激な河れードの変動が起きた場合に、強制ロスカットの決済が間に合わず損失が証拠金以上に拡大してしまった時に起こるものです。

本来10万円でレバレッジ20倍の取引をしていた場合に為替が5%下がったら証拠金分は損しているので強制ロスカットが行われます。しかし、急激に為替が動いた場合、5%で決済できないケースも出てくるのです。結果、約定できたのが7%のマイナスの時点であれば、14万円の損失なので、4万円足らないことになります。

つまり、証拠金が-4万円とマイナスになってしまうのです。この時日本のFX業者の場合、追証といって、「4万円マイナスになったので追加で入金してください。」ということになってしまうのです。

海外FXでは常識の追証ゼロサービス

海外FXの場合は、どんなに急激な為替変動があって、損失が拡大しても追加での証拠金を入金することはありません。というサービスのことを言います。

サブプライムが起きたって、リーマンショックがあったって、アベノミクスがさく裂したって、その時の証拠金以上に費用は必要ないのです。

今後は、徐々に日本のFX業者も世界基準になっていくとは思われますが、現時点では追証ゼロサービスがある海外FXの方が安心して取引が可能なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です