MT4(メタトレーダー)売買注文の方法【新規注文】

MT4(メタトレーダー)売買注文の方法【新規注文】

MT4で口座開設とチャート作成が終わったら、トレードが可能になります。今回は売買注文の新規注文の方法を解説します。

1.新規注文の方法は主に2つ

上部メニューの「新規注文」ボタンをクリックする

mt4 neworder1

画面下部のターミナルウィンドウ上で右クリックして「新規注文」をクリック

mt4 neworder2

これはどちらでも構いません。やりやすい方法で行いましょう。使い慣れてくると画面下部のターミナルウィンドウに取引情報が表示されるため、右クリックの方が早いかもしれません。

2.新規注文ウィンドウの見方

上記の「新規注文」ボタンをクリックするとこのようなウィンドウが表示されます。

mt4 neworder3

ここで注文が可能になります。

●通貨ペア

通貨ペアが記載されています。

mt4 neworder4

USD/JPYと表示されていれば、これは「米ドル/日本円」の通貨ペアということになります。

画面上に「micro」と表示されているのは、XEMarketsのMT4口座画面なので、XEMarketsの口座の種類にある「マイクロ」口座であることを示しています。

●数量

これが一番間違えが多いので注意が必要です。

mt4 neworder5

日本国内のFX業者の場合、「1ロット(1枚)=1万通貨」取引になっていますが、海外FXの場合は桁が違います。

大抵の海外FX口座では「1ロット=10万通貨」取引なのです。

つまり、1万通貨取引のつもりで、「1」で注文すると10万通貨の注文をしたことになってしまいます。数値を押すと「0.01」という注文数の候補がでてきますが、これは1000通貨を意味するのです。

どうしても、1万通貨で取引したい場合は「0.05」を2回注文する必要があるのです。

また、「1ロット=1000通貨」のマイクロ口座や「1ロット=1万通貨」の海外FX口座もあるので、その場合は計算方法が違ってきます。この例では「1ロット=1000通貨」のXEMarketsのマイクロ口座なので、「1」の注文をしたら1000通貨、「0.01」の注文をしたら10通貨の取引になるのです。

●注文種別

デフォルトで表示されるのは「成行注文」の画面です。

mt4 neworder6

「指値注文」「逆指値注文」を行いたい場合は、選択をしましょう。

●「指値注文」「逆指値注文」時の指値の決定

注文種別で「指値注文」「逆指値注文」を選択した場合は表示される画面が変わってきます。

mt4 neworder7 mt4 neworder8
  • Buy Limit
  • Sell Limit
  • Buy Stop
  • Sell Stop

の4つが表示されます。「Buyは買い」「Sellは売り」「Limitは指値」「Stopは逆指値」を示しています。つまり、指値注文の買いと売り、逆指値注文の買いと売りを示しているのです。

3.注文を実行する

「成行注文」の場合

mt4 neworder9

日本語なので説明するまでもありませんが、入力した内容を十分確認したうえで

  • 成行買いなら青のボタン
  • 成行売りなら赤のボタン

をクリックします。

指値注文」「逆指値注文」の場合

mt4 neworder10
  • 青の「送信」ボタン

をクリックします。

4.注文が確定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です