MT5(メタトレーダー5)とは。MT4との違いを解説

MT5(メタトレーダー5)とは。MT4との違いを解説

海外FXで主に利用されているのはメタクオーツ社のMT4(メタトレーダー4)ですが、実はこのメタクオーツ社は2011年とかなり前に上位バージョンのMT5(メタトレーダー5)をリリースしているのです。

しかし、今現在でも世界中で利用されているのはMT4(メタトレーダー4)という状況が今なお続いているのです。

mt5 fxpro

MT5(メタトレーダー5)が普及しない理由とは?

MT5(メタトレーダー5)が普及しないのは大きな理由があります。

MT4との互換性がないこと

MT4で使えたindicator(インジケーター)やEA(エキスパートアドバイザー)が使えないことがMT5が普及しない大きな理由と言っていいでしょう。

メタトレーダーは、indicator(インジケーター)やEA(エキスパートアドバイザー)をトレーダーが自由に開発できることが世界中で普及している大きな強みであり、だからこそ利用できるindicator(インジケーター)やEA(エキスパートアドバイザー)の数が膨大で、常に進化してきたプラットフォームです。

しかし、MT5(メタトレーダー5)にしてしまったら、今まで慣れ親しんできたindicator(インジケーター)やEA(エキスパートアドバイザー)が使えないのです。

開発したトレーダーがMT5ようにアップグレードしてくれれば良いのですが、それはトレーダー個人が開発したものが多いという事情があり、わざわざindicator(インジケーター)やEA(エキスパートアドバイザー)をアップグレードしてくれる開発者は少ないのです。

結果として、MT5(メタトレーダー5)にしたらいままでの機能がつかえないという大きなボトルネックが発生してしまっているのです。

MT5(メタトレーダー5)のデメリット

  • MT4で利用できたバックテストができない
  • MT4で利用できたindicator(インジケーター)やEA(エキスパートアドバイザー)が使えない
  • ポジションを複数取ると通貨ペア毎に合計される
  • ポジションを追加しても、そのポジションを個別に扱えない
  • MT4と比較してMT5ではメモリの消費量が増大して、動きが重い
  • 売値と買値を表示するBidとAskのような予約変数が使用できない
  • チャートで始値(Open[0]),高値(High[0]),低値(Low[0]),終値(Close[0])が使えない
  • MQ4ファイルからEX4ファイルへのコンパイル処理に時間がかかる
  • フィボナッチ・リトレースメントのライン表示の位置に変更が加わったので、慣れるまで多少使いにくい

MT5(メタトレーダー5)のメリット

時間足の追加

M1(1分足)、M5(5分足)、M15(15分足)、M30(30分足)、H1(1時間足)、H4(4時間足)、D1(1時間足)、W1(週足)、MN(月足)の9種類から、M2(2分足)と8H(8時間足)の2種類が追加

フォルダ機能の追加

ナビゲーターウィンドウにフォルダ追加が可能に。各種インジケーターをまとめて管理ができる

MT5(メタトレーダー5)のアップグレード

上記のような背景があり、MT5(メタトレーダー5)はまだまだ普及していないのですが、メタクオーツ社としては当然上位ソフトへの切り替えをしてほしいのです。

MT5(メタトレーダー5)のアップグレードによる機能追加も行われ、海外FX業者でもMT5口座を用意するところが増えてきているのです。

最近のMT5(メタトレーダー5)のアップグレードによる機能追加(ビルド965)

  • チャートからの取引の向上
  • 口座間の資金移動
  • ワンタイムパスワード
  • 簡易検索
  • マーケットデプス表示

チャートに表示されている保有ポジションの線をドラッグする事でストップやリミットを注文する事ができるようになり、発注までのプロセスがスピードアップできる仕様になっています、。さらに同一の取引サーバーの口座同士での資金移動が可能になっています。

このように徐々に機能追加が行われるにつれて、MT5(メタトレーダー5)の存在感というのも徐々に増えてきているのです。MT5(メタトレーダー5)を使ったことがない方でも、以前よりは使いやすさと機能が改善されているため、試してみても良いでしょう。

MT5(メタトレーダー5)口座が使えるおすすめの海外FX業者

FxPro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です