はじめての海外FXの不安と疑問

はじめての海外FXの不安と疑問

Q.海外FXって英語ができなくても利用できるの?

海外FXは世界中にサービスを展開しているグローバル企業です。そのため、ある程度の規模のある海外FX業者であれば、現地の国のスタッフを雇用しているため、日本進出をしている海外FX業者の場合は複数名の日本人スタッフが在籍しています。

海外FX業者のウェブサイトも日本語、トレードシステムもMT4なので日本語対応、担当者も日本人ですから、ほぼ日本語だけで問題なく海外FXを利用することができます。ただし、ウェブサイトの一部のみ英語というケースがあります。例えば、入出金画面や注意事項などです。これらはgoogle翻訳などで対応すれば大きな問題はありません。

Q.海外FXって怪しい業者が多いんじゃないの?

100%すべての海外FX業者が優良業者というわけではありません。それは日本国内のFX業者でも同じです。日本にも無登録の違法FX業者は多くあります。

海外FX業者の信頼性の重要な判断基準は「海外の金融監督庁、日本で言えば金融庁に登録してライセンスを保有しているかどうか?」です。

金融監督庁の登録があれば、金融監督庁は管理・監督する義務があります。違反すればライセンスははく奪されてしまうのです。国によって金融監督庁の審査や管理の厳しさに違いはあるものの、金融ライセンスを持っていれば、安心できる海外FX業者と考えて良いでしょう。

Q.海外FXってちゃんと出金されるの?

前述した通りで、金融ライセンスを保有している海外FX業者の場合は出金拒否や出金停止があれば、すぐに金融ライセンスをはく奪されてしまいます。

金融ライセンスを保有している海外FX業者の場合は出金も問題なく、行われるのです。

しかし、一点注意しなければならないのは、日本国内のFX業者とは違って「信託保全が義務付けられていません。」信託保全か?分別管理か?を選ぶのは海外FX業者次第になります。仮に分別管理のみで資金管理をしている海外FX業者が倒産した場合には、投資家資金が戻ってこないリスクがあるのです。

この点が心配な方は、信託保全を採用している海外FX業者を選ぶと良いでしょう。

Q.海外FXの追証なしって本当?

本当です。大きなレバレッジで指標発表時などに相場が急変動して、口座残高がマイナスになった場合には、数日でマイナス残高分は海外FX業者の作業でリセットされ、ゼロにしてくれます。

損失分は海外FX業者が負ってくれるのです。日本国内のFX業者の場合は投資家の借金となります。海外FXはリスクが証拠金の範囲内に限定されるため、ハイレバレッジでもリスクが限定されるのです。

興味がある方は損をしても良い金額のみ入金して海外FXを試してみるのも一つの方法です。

Q.海外FXって違法ではないの?

海外FX業者は日本の金融庁には登録をしておらず、他の外国の金融監督庁に登録している業者がほとんどです。

日本の金融庁に登録していないため、日本国内で海外FX業者が広告宣伝活動を行うことはできません。海外FX業者のCMなんて見たことはないはずです。

しかし、投資家個人が自分の判断で海外のサービスを利用すること自体には違法性はありません。日本人が海外のネットショッピングをするのも、海外FXをするのも、変わりはないのです。

Q.海外FXのハイレバレッジトレードはリスクが大きいのでは?

海外FXレバレッジの大きさはリスクと直結はしません。なぜなら、海外FX業者の場合は追証がないからです。証拠以上に損をすることがなく、ハイレバレッジなので少ない証拠金でもトレードができる金額が大きいのです。

日本国内FX業者の場合

証拠金100円 → レバレッジ25倍 → 取引量2,500円

海外FX業者の場合

証拠金100円 → レバレッジ3000倍 → 取引量300,000円

極端なことを言えば、仮に海外FXで100円の証拠金で3000倍のハイレバレッジでトレードをして、相場の急変動で100円以上の損失が出たとしても、失うのは100円のみです。証拠金を超えた損失分は海外FX業者が被ってくれるのです。

ハイレバレッジであることはリスクではなく、少ない証拠金でもある程度の規模のトレードができるメリットなのです。とくに「追証なし」というサービスがあるため、損失が限定できる分、海外FXはリスクも少ないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です