海外FXは20万円以下の利益なら確定申告不要!?

海外FXは20万円以下の利益なら確定申告不要!?

海外FXは、雑所得としての総合課税になります。そのため2013年現在の税制では給与所得をもらって源泉徴収で会社が税金を支払っている方の場合、利益が20万円を超えなければ確定申告をする必要はないのです。

海外FXは20万円以下の利益なら確定申告不要の理由

まずサラリーマンの方は、年末調整を行って、会社から所得税が源泉徴収で引かれて給与を受け取る形になっているはずです。

確定申告が必要になる要件というのが

「1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える」

というものですので、逆に言い換えれば、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超えない場合は確定申告が必要ないということなのです。

確定申告不要の注意点

  • 2社以上の会社から給料をもらっている場合には確定申告が必要
  • 海外FX以外の雑所得があった場合にはその金額も合算して20万円の利益があるかがポイントになる
  • 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人は雑所得0万円以下でも確定申告が必要
  • 会社員以外であれば確定申告は必要

ということになります。海外FXで収支がマイナスなのであれば、確定進行は必要ないということなのです。ただし、これはサラリーマンの方が海外FXを副業(趣味)でやった場合の特例であることに注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です