海外FXのミニ口座とナノ口座

海外FXのミニ口座とナノ口座

海外FXには、ミニ口座とナノ口座というものがあります。

海外FXの通貨単位

海外FXの場合、一般的に1ロットと言えば「10万通貨単位」のことをいいます。海外FX業者によっては、1ロット「1万通貨」のところもあるのですが、一般的には「10万通貨単位」になります。

「10万通貨単位」では、運用資金が少ない場合は、すぐに軍資金がなくなってしまいます。

  • 米ドル/円 2万通貨 50pips負けた場合 -1万円
  • 米ドル/円 10万通貨 50pips負けた場合 -5万円

なので、スタンダードな1ロットでの取引だけだと、証拠金が5万円の場合、一度の取引で軍資金がなくなってしまう可能性があるのです。もちろん、勝てば軍資金が2倍になりますが、それでは、なかなか軍資金の少ない方は取引を楽しめません。・

そこで、各海外FX業者は、ミニ口座、ナノ口座というものを用意しているのです。

  • スタンダード口座 1ロット 100,000通貨
  • ミニ口座 1ロット 10,000通貨
  • マイクロ口座 1ロット 1,000通貨
  • ナノ口座 1ロット 100通貨

ナノ口座で1ロット100通貨単位だった場合

  • 米ドル/円 100通貨 50pips負けでも、-50円です。

ジュースも買えない金額しか負けないのです。

  • 米ドル/円 10万通貨 50pips負けた場合 -5万円

上記とは大きな違いがあります。

海外FX取引の中級者以上で、一回の取引で数万円単位でのトレードを希望している場合は、気にする必用はありませんし、スプレッドで海外FX業者を比較検討するべきですが、

軍資金が数万円程度の初心者、ライトユーザーの方は、この最小取引単位にも注目して海外FX業者を選びましょう。

海外FXを最低取引数量で比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です