STP業者とは

STP業者とは

STP業者とは、海外FXでは重要なキーワードになっているものです。メリットもデメリットも、大きいので把握しておく必要があります。

STP業者とは

STP業者とは、 Straight Through Processingの略です。日本語で無理やり訳せば「直接仲介」のような意味を持ちます。簡単に言えば、ECN業者が直接参加者を集めて売り買いをする方法だったのに対して、STPの場合は、注文した海外FX業者がその注文を直接別の銀行や他の海外FX業者へ流す方式のことをいいます。

つまり、注文を仲介して取引を行う方法と言えるでしょう。少額のFXトーレーダーが多い場合や、その海外FX業者の取引額が少ない場合は、直接参加者を集めることが難しいため、このような方法が取られるのです。その分、少額からの海外FX取引が可能というメリットもあります。

STP方法を採用している海外FX業者ではSmart Routing STPという方法を採用していることが多いです。この方法は、FXトレーダーの注文がある一定額を超えた場合に別の銀行や他の海外FX業者へ注文を流し、その一定額以内の場合は自社の投資家の売買で注文を相殺する方法をとっているのです。

STP業者のメリット

  • 提示されているレートで約定できる可能性が高い
  • 最低取引額が少額に設定されている
  • 最低取引ロットも低く設定されている

STP業者のデメリット

  • リクオートが発生しやすい
  • 投資額が多くなる場合は、他の投資家の動向も把握できるECNの方が良い

つまり、数百万毎月取引をするような海外FXの上級者であれば、直接取引ができるECN業者が望ましく、逆に少額の軍資金でハイレバレッジの海外FX取引をする場合には必然的にSTP業者になるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です